Twitter

  • 私服ツイート

« とぉーくとどぉーくしょーどぉー | トップページ | 勇気ある日本人たち »

2006年3月14日 (火)

怒り、落胆、呆れ

はっきりいって気分が悪い。

あれがアメリカのやり方か。汚すぎる。

もうわかると思いますが、当然昨日のWBCの日本 VS アメリカ 戦の話です。

日本の選手たちははっきり言って素晴らしかった。技術の足らないプレーもあったがファインプレーも次々に飛び出した。何より選手たちの必死さがひしひしと伝わってきた。あのアメリカにも引けを取らない、いや途中までは完璧に日本が勢いで勝っていた。あの事件が起こるまでは。

8回表の1アウト満塁のチャンス。岩村の犠牲フライで三塁ランナー西岡がホームインした。しかし西岡の離塁のタイミングが早いというアメリカの抗議。その抗議で簡単に判定が裏返り、日本が正々堂々とアメリカから奪った勝ち越し点は消えた。

はっきり言ってありえない。何度見ても西岡は外野手が捕球した後にスタートをきっている。

日本のマスコミは「誤審」という言葉を使って事件を報道している。もちろん「誤審」なしょーがない。審判も人間、見間違えることもあるだろう。しかし、この試合のこのジャッジは「誤審」なんかじゃない。明らかに故意に行った「不正ジャッジ」だ。

野球が好きな人ならわかると思うが、野球というスポーツではなかなか一度審判が下した判断というのは覆らない。日本でもメジャーでも。特にアメリカ、メジャーでは審判に抗議をしたものがいるものならすぐに退場を宣告されることも少なくない。

しかし、あれはなんだろう。アメリカの監督が出てきてアメリカ人の審判に何かしゃべった瞬間、簡単に判定が覆った。特に審判団で集まってしっかり審議をすることもなしに。こんなのインチキの他なんでもない。そもそもアメリカの試合で審判をアメリカ人がしていること自体おかしいんですが。

アメリカとしては日本に負けることは許されなかったのでしょう。メジャーのすごい選手ばかりを集めたチームで日本なんかに負けたら野球大国としての威厳もクソもありませんからね。

でもね、アメリカさん。

デキレースでもって 勝敗がついたって
拍手を送るべき ウィナーは存在しない   
(Mr.Children「光の射す方へ」)

んですよ。

ネット上には「あの1点が入ってても次の後の回でそれ以上打たれてるんだから関係ないじゃん」みたいなことを言ってる方がいるみたいです。これは野球を含めスポーツをよくわかってない奴がする発言。スポーツというのは技術もさることながらメンタル面も大きくプレーに影響を及ぼします。時には技術よりも顕著に。

"1点を勝ち越して迎えるその後の回"と"明らかな不正ジャッジによって入ったはずの得点がかき消され安定しない心理状態で同点のまま迎えるその後の回"では話にならないほど差があります。投入するピッチャーも変わってきますし、守る選手の心理状態も大きく変わってきます。

それにしても日本の野球のレベルはホントに上がった。あのアメリカがイカサマをしないと勝てないくらい強いんですよ。今日本にできることは残りの試合を全部勝って再びこのアメリカと戦うこと。ただし

今度は三塁にアメリカ人以外の審判を7、8人置いて

« とぉーくとどぉーくしょーどぉー | トップページ | 勇気ある日本人たち »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 怒り、落胆、呆れ:

» WBC 日本vsアメリカ結果。 [大阪、おおさか、OSAKA]
WBC2次リーグ1組、日本は、第1戦でアメリカと対戦しました。 1回表、イチロー [続きを読む]

« とぉーくとどぉーくしょーどぉー | トップページ | 勇気ある日本人たち »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ