Twitter

  • 私服ツイート

« マイブーム | トップページ | 桜舞い散ぃ~る今日の… »

2006年4月16日 (日)

奇跡体験

簿記の授業を7時間半受けました

そうです、まさかの7時間半、イスに座りっぱなしです…。

そしてまさかの7時間半、ペン握りっぱなしです…。

朝10時に授業開始して、終わったのが夜6時15分…。途中の45分間の昼休み引けばちょうど7時間半です…。

しかも本来は昼休みは1時間なんですが、今日の授業範囲が莫大な量ということで、授業を延長して昼休みカットというまさかの展開…。一応午前の部と午後の部に分かれているんですが、それぞれ30分以上延長…。そんな今日の授業分に該当する教科書の範囲は…

60ページ

!!( ̄ロ ̄lll)

おいおいおいおい、お~いっ!おかしいですよ~。簿記3級なら1日で教科書半分終わっちゃってますよ~。

このような恐ろしい環境のなかで私は様々な奇跡の体験をしました。

まず授業が4時間目くらいにさしかかったとき…

直線が書けなくなりました

簿記ではT字の図をよく書くのですが、それが書けなくなりました。もうこの時点で4時間くらいの間ずっと右手を動かし続けてますから、軽いマヒ症状なんでしょう。

誰かぁ!トキワシティーでマヒなおし買ってきてぇー!

と心で叫びました。

さらにそれから1時間くらい経ったとき…

先生の声が笛の音に聞こえ始めました

今日の先生が声が高くて早口だったというのも要因かもしれませんが、もうずっと「ピーピピー ピーピーピー」です…。どんなに熱弁をふるわれたって「ピーピピー ピーピーピー」とし聞こえません…。

誰かぁ!あのピーピー鳴いてる笛の音を消してぇー!

と心で叫びました。

そしてそれからさらに1時間くらいして急に…

字がうまくなりました

もう、なんて言えばいいんでしょう…。無我の境地?

もう完璧に右手には力が入らないんで無意識のうちに全身を使って板書を取っていたんでしょう。そうです、書道の基本です。手と筆先には無駄な力を入れずに全身を使って無心で書く…。      この極意を簿記の授業中、会得しました。

あぁ~小学校の書初め大会、簿記7時間半やってから挑めばよかったなぁー。

人間が集中していられる限界は1時間ということを聞いたことがあります。

1時間!?( ̄□ ̄;)

« マイブーム | トップページ | 桜舞い散ぃ~る今日の… »

コメント

  大変でしたねえ。それって大原の計画ですか?だとすれば相当ムチャクチャなスケジュールだと思いますが・・・  ゆとり教育の時代だというのに!!w

  ところでトキワシティにマヒ治しありましたっけ?トキワていったらマサラの次ですよね?その過程でマヒになった記憶があまり無いのですが・・・(どうでもい~w)

  あと「モーレス」ではなくて「モールス」かと。さらに「ピーピー」ではなくて「ツー・トン・トン」ではなかったかな?

  ダメ出しばっかり!!僕ウザイ!!  別に気にしないでw

残念ながら専門学校にゆとり教育は通用しないみたいですね…。あと、いろいろご指摘ありがとうございました笑
ちゃんと直しときます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奇跡体験:

« マイブーム | トップページ | 桜舞い散ぃ~る今日の… »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ