Twitter

  • 私服ツイート

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月の記事

2006年9月28日 (木)

ウィークリー1位は沢尻の手に!

さぁ10/2付けオリコンシングルチャートが発表されました~。今週は私イチオシのYUIが注目の新曲をリリースということで1つ前の記事でもだらだら書かせていただいてました。

ただリリース自体は少なめ。ビックネームのリリースは一切なし。そんな今週のランキングですが早速見てみましょう!では早速1位からっ!

第1位 タイヨウのうた/Kaoru Amane

2週ぶりに1位に返り咲き。今週の売り上げは4.7万枚。ということで予想していた通り、スキマが「ガラナ」で1位を獲った週以来の極度の低レベル週となりました。

そして累積売り上げはついに38.7万枚に到達!これによって大変なことになりました。この沢尻エリカ「タイヨウのうた」が…

06年現時点での女性アーティスト、シングル売り上げ1位

になってしまいました。って、つーか…

アーティストじゃねぇだろって!

先週までは06年現時点での女性アーテストの売り上げ1位は倖田來未の『4 hot wave』の38.1万枚でした。それを今週追い抜いたってことですね。

それにしてもおそらく現在が絶頂期であろう倖田さんを余裕で追い抜くとは…。「エロかっこいい」とかなんやかんや騒がれても、やっぱり沢尻が相手じゃ容姿の面で敵わなかったってところでしょうか。そりゃ相手は女優ですからね。

ということで06年現時点、日本で一番CDが売れてる女性は…

歌手じゃない

というなんか微妙な状態になりましたとさ。年末は沢尻ガバガバ稼ぐんだろうなぁ…。さぁでは続いて第2位!

第2位 I remember you/YUI

キターーーーーーーー\(≧∇≦)/

ここにきて一気に自身の最高位、最高初動売り上げを更新っ!!おめでとう、YUI!

初動売り上げは4万枚!なんと映画主題歌だった前作『Good-bye days』を上回る初動を記録です!

そして前回の記事でも書いたようにこのYUIの『I remember you』はノンタイアップ! ノンタイアップの作品がTOP3に入るのも相当久しぶりのような気が。確信は無いですが、8/21付け第3位のELLEGARDEN『Salamander』以来かな?

映画・ドラマ主題歌で大ヒット⇒タイアップなしで大暴落 の経路をたどった人は数知れず。例を挙げれば、伊藤由奈さん、絢香さん…あぁもう数え切れない…

伊藤由奈さんは映画「NANA」主題歌『ENDLESS STORY』(初動6.7万枚)を経て、ドラマ「アンフェア」主題歌『Faith/Pureyes』(初動2.3万枚)、「映画「海猿」主題歌「Presious」(初動3.9万枚)と3作連続のヒット。

し か し、映画タイアップなしで先日リリースされた「stuck on you」は初動1万枚と大幅ダウンしました。

そう考えると映画「タイヨウのうた」主題歌『Good-bye days』(初動3.7万枚)から今作『I remember you』がノンタイアップになって初動が4万枚に上昇↑ってのいうのはすごい。

ちゃんとYUI自身の人気が上がっている証拠でしょうね。

そしてそしてそして!そんなYUIから早くも新曲がっ!曲名は『Rolling star』!!アニメ「BREACH」タイアップだそうです。

YUIは歌はまだ不安定ですが作曲も作詞もできる才能をもってます。歌は練習すればいくらでもうまくなれる。かつて山口百恵や本田美奈子が始めは歌下手でもどんどん上手くなっていったように。

でもYUIの生まれ持ったそのキレイな声質は練習して出せるものじゃない!その作詞作曲の才能も練習して身につくものじゃない!もう何書いてるか自分でもさっぱりわからない!でも言いたいことはただ1つ!

YUI、これからも良い曲をいっぱい聴かせてくれ~っ!ヾ(@^▽^@)ノ

2006年9月25日 (月)

ウィークリー1位は誰の手に!?

今週はデイリーシングルチャートの順位がえらくころころ変わってますね。

今週の集計初日である9/19付けのデイリーチャートでは我らがYUIの「I remember you」が初登場で1位に躍り出ました。続く9/20付けでもYUIが1位をゲット。

しかし、9/21付けでは9/19付けの6位、9/20付けの5位と徐々に順位を上げていたゴリエが一気に1位に浮上。YUIは沢尻さんにも抜かれ3位に後退。

しかしそのゴリエの天下も長くは続かず、次の日9/22付けでは沢尻さんが一気に1位を獲得。ゴリエは2位に、YUIは5位まで後退。

しかししかしその沢尻さんも次の日の9/23付けには1位から転落。変わって1位となったのはTOKIO「宙船」!いやぁ~TOKIO今作はどうしたんでしょうか。ちなみにYUIは6位まで下降…。

YUIどんどん落ちていくじゃん!って思うでしょうが、これはしょうがないんですね。YUIはそもそも1位を取るタイプのアーティストじゃないんですね。前作「Good-bye days」こそ大ヒットしましたが、それ以前はTOP10入りもそんなにはしてないですからね。

それゆえ店での入荷数が少ないんですね。そうです、どれだけ買いたいと思ってる人がいてもCDがないんです。それでは買えません。売り上げが上がるはずもありませんね。

私が購入したのは某大型電気店ですが、予約したときの店員の会話では限定盤の入荷は「20」とのこと。たった「20」ですよ?案の定、この間携帯を機種変しにいったときにはYUIは限定盤も通常盤も一枚もありませんでした。

簿記の原価計算的に言えば、入荷枚数が「ボトルネック」になっているんですね。いわゆる制約条件です。

つまりどれだけYUIの楽曲が素晴らしくても、ほしいと思う人がいっぱいいても、需要が供給を超えて超過需要になってしまえば売れるCDがないので売り上げ枚数には繋がらないんですね。

逆にゴリエや沢尻さん、TOKIOのCDは有り余るほど入荷しているでしょう。ゴリエは過去に年間TOP10入りもしているのでヒットは堅いと大量入荷するでしょうし、沢尻さんも発売1週目こそどこも売り切れ状態でしたが今はどこも大量入荷しているみたい。TOKIOも同様。

そう考えると「売り上げランキング」というのはもともと平等な条件のなかで計算された数字じゃないってことですね。

YUIは前作「Good-bye days」が初動3.7万枚。前々作「TOKYO」が初動1万枚。今作「I remember you」は前作と違い、前々作と同じノンタイアップ。そう考えるとYUIの1位はありえないかな?

逆にYUIが1位を獲るようなら、スキマが1位になった週以来の低レベル週になるかも。まぁ最近のオリコンランキングはデイリーとウィークリーが全く繋がらないこともよくあるのでよくわからないんですがね。

あ、それはジャニーズのときだけか。

2006年9月24日 (日)

旅行+機種変=

金欠

いやぁ~ここ2、3日間でかなりのお金が飛んでいきましたよ。しかもCD以外で。CDとかDVDとか音楽関係以外でここまで出費したのは今年初めてじゃないかなぁ。

とりあえず大出費となったのがゼミ合宿。交通費、飲食代含めてざっと12,000円なり。普段旅行なんてほとんどしないのでこれが安いのか高いのかはさっぱりわからないんですが。

家族旅行なんてのも小学校低学年くらいのときにディズニーランドに連れて行ってもらったくらいだし。しかも、私と弟の2人はミッキーを怖がってミッキーから逃げ回る始末、ディズニーランドで。

あれでうちの親は相当がっかりしたらしく、それから家族旅行はなくなりましたね。そりゃそうです。喜ぶだろうと連れて行ったら、我が子がミッキーから逃げ回るんですからね。さぞやびっくりしたでしょう。

いや冷静にミッキー怖いでしょ。今思うと子供心で想像してた以上にミッキーが大きかったんでしょうね。TVで見てたらミッキーが大人の身長だなんてわからないし。

そして次の出費が携帯の機種変。これが大誤算。ゴチなら即刻クビになるくらい。

W43Hなんですが25,000円ですよっ!私的に多く見積もって20,000円持っていったんですが、足りないって話ですよ。

auのポイントとそのお店のポイントで一気に18,000円にまで下げてなんとかなりましたが。財布に一万円札が入ってることが年に数回しかない私にとっては大打撃。

いやちゃんと確認してからカウンターに行こうと思ったんですよ。でも私を困らせるためなのか、数日前に発売になったばかりの機種だから準備が整っていないからなのか知りませんが、値札が立ってないんですよ、W43Hのサンプルの前にだけ。

まぁ25,000円というのは簿記でいう「取得原価」でして、副費としてACアダプタの1,000円が含まれてるんですがね。なんか最近の機種は充電のアダプタが入ってないとか。せこいなぁ~。

まぁ今まで使ってた機種のでもカッターで差込口を削ればauの場合イケるんですが、今までの機種もラジオ聴いたりアラームにしたりして活用しよう思ってたので同時に充電できないと不便だなぁなんて思って購入しました。

ただこのW43Hくん…

すげえよ、おまえ!

いやぁ~TVが映る映るっ!前の機種もW32SAでテレビ携帯だったんですが、なかなか映らなかったんですよ。映っても本物ののテレビまではクリアには映らなかった。

しかしこのW43Hの魅力といえばやっぱりワンセグ!番組名までちゃんと出ますよっ!でもやっぱり家の中だったら窓際じゃないときつい。

W32SAは映りにくい場所ではザーっと砂嵐になったんですが、このワンセグは一味違います!

なにも映りません

うん、潔い。データ放送なのでデータ取得に失敗すると砂嵐さえ映りません。放送波を受信できる場所へ移動しろとメッセージが出ます。

他にもLISMOとかオサイフ機能だとかいろいろあるみたいなんですが使いこなせません。サイドキーもやたらいっぱいありすぎ。今トシに『おっさんかっ!』ってつっこまれたら

はい

と答えられそうです。

個人的に気に入ったのはEZニュースフラッシュとかいう機能。最新のニュースとか天気予報が待ち受け画面に流れます。いちいちezwebに入ってYahooとか開かなくてもいいんですね。

これってパケ代どうなってんだろう…。定額だから気にする必要ないけどちょっと気になる。

あと予想外だったのは最初から「クラムボン」というバンドの「バイタルサイン」という曲の着うたが入ってたこと。クラムボンって前、山田優が出てたボーダフォンのCMソング歌ってたような…。ボーダファンから乗り換えたのか。

まぁとりあえずこれからいろいろ設定しないとなぁ~。ついさっきまで携帯開いたときに効果音流れてたくらいなんで。

2006年9月21日 (木)

粘るぞ、TOKIOと沢尻エリカ

さっき前の記事をUPしたばかりなんですが、今日から一泊で旅行なのでその間更新できない分、日付も変わったことですしもう更新していこうと思います。

さぁ9/25付けオリコンシングルチャートが発表されました~。今週は特にビッグネームのリリースはありませんが主なリリース曲はこちら

では早速1位からみていきます!今週第1位は…

第1位  夏音/変な夢~THOUSAND DREAMS~ /GLAY 

復活シングル「G4」に続くGLAYのNEWシングル「夏音/変な夢~THOUSAND DREAMS~」が1位を獲得しましたぁ~。

初動売り上げは10.1万枚。前作「G4」の13.2万枚からダウン↓ まぁただ「G4」はタイトルどおり4曲入りで4A面みたいな扱いだったのでダウンするのは想定の範囲内ってやつですね。

活動を休止する前の『GLAY』としてリリースした最後のシングルが「ホワイトロード」。その初動が10.7万枚だったので、あんなに長く活動していなかったのにファンはそんなに減っていないよう。

GLAYファンは根強いなぁ~。どうでもいいけど「変な夢」っていうタイトルはなんか違和感があるのは私だけかな。なんかメンバーに英語とかにしないポリシーがあったのかな。

さぁ第2位以降!

第2位 タイヨウのうた /Kaoru Amane

3週目売り上げは7.9万枚。うん、すごい粘りだ。累積売り上げは早くも34万枚!!これは年間TOP10も濃厚か。

第3位 宙船/do! do! do! /TOKIO

売り上げは3.5万枚。先週に続き3位をキープ。売り上げのほうもかなり粘っている。TOKIOにとってはもう大・大・大ヒットと言っても過言ではない数字になってきた。

累積売り上げは26万枚に到達。今週も特に目立ったリリースはないので上位をキープしてくるかもしれないな。

第4位 たらこ・たらこ・たらこ /キグルミ

意外とあっさり落ちてきたって感じかな。メディアに取り上げられ、こういう流れになると大抵大ヒットへとつながるんだけど、さすがにこの曲ではストラップ以外に購入意欲をそそられるものはないらしく、ストラップがほしい人が買った後は誰も買わないのかもしれないね…。

それでも4位はすごいんだけどね。ちなみに例のごとく、これ以降の5位以下の作品は「たらこ」に負けたということに…。食品に…。

第5位 Thanks! /GAM

ついにハロプロも「たらこ」に負けるまで落ちぶってきた。初動2.5万枚。よくわからないんだけど松浦亜弥と藤本美貴って人気あるほうじゃなかったっけ? そうだとしたらこの数字はもうかなり危険な数字に感じる。

このユニットはいじれる要素がユニット名しかないので特に書くことが見つからないや…。

そして今週私がびっくりしたのは…

第18位 風になって /森山直太朗

初動0.6万枚

どうしたのだろう。ついに1万枚にも満たない数字になっちゃった。今週は第10位ですでに売り上げが1万枚を切るというかなりの低レベル週だったので、順位的には18位となっている。

しかし普通の週にリリースされてたらあと10位は下になっていただろう。やっぱり「第30回鳥人間コンテスト」イメージテーマソングというタイアップがダメだったのか…。

歌番組にも結構出演してたのにねぇ…まさか今年の4月リリースのSEAMOの「マタアイマショウ」にさえ負けるとは…

私たちは直太朗さんにマタアエルのかな

2006年9月20日 (水)

YUIデイリー首位!!

大変だぁ~!!YUIが…YUIが…YUIのNEWシングル「I remember you」がオリコンデイリーチャート…

1位だぁーーっ!!ヾ(≧□≦)ノ

YUIおめでとぉ~!!

いやぁすごいすごいすごいすごいすごい!!!o(~∇~*o)(o*~∇~)o

よしちょっと落ち着いて…フー <(; ̄ ・ ̄)=3

前作「Good-bye days」は3週連続でTOP3入りするなど、YUIにとっての最高のヒット曲となりましたが、それに続くYUIの6枚目のシングル「I remember you」が9/19付けのオリコンデイリーチャートで1位を獲得しました!

今週はシングルは特に目立ったリリースがないので、もう1人の雨音薫―沢尻エリカの猛追がなければ…もしかすると…週間でも…

ひゃー!!

いや~そうなったらホントにすごいことですよっ!!え、何がすごいって?だってこの「I remember you」は…

ノンタイアップなんですよ!!

CDが売れないこのご時勢、ほとんどのアーティストが売れるためにいやになるくらいタイアップを付けます。論より証拠、ここ最近のシングル1位曲をざっと見てみましょうか?

9/25付け1位 GLAY「夏音」…「恋するハニカミ」テーマソング

9/18付け1位 Kaoru Amane「タイヨウのうた」…ドラマ「タイヨウのうた」劇中歌

9/11付け1位 GYM「フィーバーとフーチャー」…フジテレビ系「女子バレーボール ワールドグランプリ 2006」のイメージソング

まだまだっ!

9/4付け1位 TOKIO「宙船(そらふね)」…ドラマ「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」主題歌

8/28付け1位 スキマスイッチ「ガラナ」…映画「ラフ」主題歌

8/21付け1位 サザンオールスターズ「DIRTY OLD MAN~さらば夏よ~」…「フジテレビお台場冒険王2006」のテーマ・ソング

8/14付け1位 嵐「アオゾラペダル」…映画「ハチミツとクローバー」エンディングテーマ

いい加減何のこと書いてるわからなくなるので区切ります。

つまりYUIすげえってこと。もし週間でも1位を取るようなことがあれば、オリコンもきっと取り上げないかなりコアな記録です。

最近はめっぽう付かなくなった『アーティスト人気』。これが付かないから最近「一発屋」と呼ばれる人たちが増殖しているわけです。

『楽曲人気』はしっかり付くんです。タイアップのおかげでしつこいくらいにTVのCMなどでも流れるから。しかしなかなか『アーティスト人気』は付かないのが現状。

そのなかでYUIは『アーティスト人気』、『楽曲人気』共に得ることができたということでしょう。

YUIにはこのまま純粋に歌だけでも勝負できる歌手になってほしいなぁ~。がんばれYUIっ!

2006年9月19日 (火)

夕焼けに消えた I remember you

だぁーーっ!!良すぎだYUI!

予約してたYUIのNEWシングル「I remember you」をフラゲしてきましたぁ~!

んん!今作もいつもながらイイ出来っ!一通り聴き終わった後に思わずうなってしまいました。あ、いっくんの「ウナる」じゃないですよ。

今作はYUI初の初回限定盤発売ということで、DVD付きです。DVDのPVもよかったです。ああいうところに住みたいなぁ。のほほんとしててすぐ昼寝できそう。

そして!購入先着特典の「ひまわりの種」もしっかりゲットできましたぁ~。やったー。「ひまわりの種」がCDケースに縛り付けられてるCDは初めて見ました。

いやぁー「ひまわりの種」ホント手に入ってよかった…ああよかったぁ「ひまわりの種」…よかっ…ひまわ…

これどうしよう

これから種を蒔くっていったってもう秋ですし…。とりあえず今のところは、パッケージにYUIのサインが印刷されてるから記念にCDのとなりに並べておこう。

060919_185801

2006年9月18日 (月)

今日は祝日 牛丼の日!

間違えた。敬老の日でした。

いやぁ~食べてきましたよ~、吉野家の牛丼っ!久しぶりに食べたらすげえおいしく感じた。

今日は朝から簿記学校で補修授業。なので国民の祝日にまさかの早朝7時起き。

この夏休み中ずっと朝4時過ぎに寝て、タモさんまたは小堺さんの弾けるトークで目覚めるという毎日を送っていたので朝7時起きはホントきつかった…。

まぁでも何とか学校に着き、授業を半分夢の中で受け、補習は無事(?)終了。さぁ!帰って何して遊ぼう、と思ってたら友達が「吉野家行こうよ」とおっしゃる。

まぁ吉野家が今日大変なことになってるであろうことは容易に予想できましたが、自分も多少行きたいなとも思っていたので友達の勢いを借りて戦場と化しているはずの吉野家へと突撃することに。

ええ、あれは戦場でした

まず異変①

家の近くにある店舗は小さな店舗なのに警備員のおじいさんが立っていました。今日は敬老の日だってのに、みんな牛ばっか敬いやがって。

あからさまに店内に無数の人影が見えたので、警備員のおじいさんの前で入るか入らないか悩んでると、その警備員さんが「これでもさっきよりはだいぶ空いたんだよ」と助言をくれました。それが引き金となっていざ戦場に入ることに。

異変②

入り口に店員さんが立っていてそこで「持ち帰り」か「食べていくか」の選択を迫られる。こんな急な選択を迫られるなんてRPGでもそうそうない。

「どっちが早そうですか?」と店員さんに尋ねてみると「同じくらいですね。」と全く後ろを確認することもなく適当な返事。エスパー??とりあえず食べていくことに。

異変③

午後2時半に席が満席。持ち帰りカウンターも長蛇の列。"もうお昼時過ぎてるから大丈夫だよな!"なんていう私たちの思惑は粉砕。この田舎の店舗でこの状態なら都心部の店舗はいったい…。

何分か待ってやっと席に座り、「並、ひとつ」というシンプルで無駄のない言葉を久々に発し、出てきた牛丼を口へ運ぶ…

うっめぇ~!!

まぁ腹が減っていたというのも大きな要因でしょうが。ここで新事実。吉野家、吉野家と張り切っていた友達は吉野家の牛丼は初めてとのこと。

えーっ!?うそだろぉ!このご時世で珍しい。♪ヨシギュードン ヴァージン 乙女っ♪ですよ(ジャンヌファンしかわからんか)

食べ終えて会計を済ますと店員から思いがけない記念品の贈与が。なにやら吉野家特製ハンカチだとか。それがこれ。

060918_182701

.

.

.

.

まぁ内装からちょっと異様な感じはしましたが、これで私も晴れてハンカチ王子の仲間入りかと思ったのですが…。袋あけてびっくり!

060918_175701 .

.

.

.

こんなの使えるかぁーっ!!

驚くほどの実用性の無さ。たとえ斎藤くんでもこのハンカチじゃ王子にはなれませんよね…。

2006年9月17日 (日)

夏服にさようなら

最近急に涼しくなりましたね~。なんとなく秋のにおいがします。夕方以降はTシャツ1枚だと肌寒さも感じる今日この頃です。

ということでこのもうすぐ去りゆく夏に捧げる1枚を。久しぶりに"一期一枚"いきますっ!いやぁ~ホント久々だ。今日紹介する一枚はこの作品っ!

夏服(SACDハイブリット盤)

aiko「夏服」  ※オレンジ色はシングル収録曲

  1. 飛行機
  2. be master of life
  3. ロージー
  4. 密かなさよならの仕方
  5. 終わらない日々
  6. 心日和
  7. September
  8. 雨踏むオーバーオール
  9. アスパラ
  10. ボーイフレンド
  11. 初恋

オリコンの好きなアーティストランキングで堂々の2年連続の1位を獲得したaikoさんの3rdアルバムです。

#1 飛行機 からいきなり切ないラブソングでこのアルバムはスタートします。私は「あたしの歩いた道には花が宿っていたのに 声も愛も注がず枯らしたのはあたし」ってところがすごい印象に残ってます。

そんな切ないスタートから一転っ!#2 be master of life はこのアルバムの中で一番のアップテンポな楽曲。言わばaikoロックとも言える曲です。グリコのCMとしてよく流れていたので聴いたことがある人は結構多いかも。

aikoの曲の中では珍しく、♪be master of me be master of life / be master of love be master of music♪という英語の歌詞があります。ライブのための曲って感じで聴いてて楽しくなる曲ですね。

先日「僕らの音楽」でaikoとかっつみ~こと高橋克実さんが対談してましたが、かっつみ~はこの曲が好きらしいです。この曲の冒頭のaikoの『あーいっ』という掛け声が好きなのだとか。

#3 ロージー はaiko節炸裂のシングル曲。aikoファンの中でも人気が高い曲みたいです。サビの「○○ればきりがなぁあああ~い」のメロディと最後の「いなぁいわぁあああ~」はすごく印象的です。

#4 密かなさよならの仕方 はタイトルどおり失恋の曲。「ボーイフレンド」のカップリング曲ですね。どうすれば相手を傷つかずにさよならできるか一人で考えているという切ない曲。

#5 終わらない日々はダメ男を想う曲。ちょっと変わった視点で、それと同時に曲自体もちょっと独特。aikoだから作れた曲という感じ。

その次は急に朝の情報番組の冒頭で流れそうなイントロが。#6 心日和 です。すごい独特なリズムの曲です。歌い始めの「そうやっていつもとぉ~つぜん」の"ぜん"のところの歌い方がなんかかわいいです。ちょっと"じぇん"って聴こえます。

#7 September は前曲の穏やかなリズムと打って変わって、aiko流大人のバラード。数多くあるaikoっぽいと言われるバラードとはちょっと違う雰囲気がある1曲です。この曲を一言で言い表せば「未練」かな。

ポップジャムにaikoがゲストで登場した際、当時の司会だった優香がこの「September」をaikoにリクエスト。aikoがアカペラでこの曲を披露したところ優香が号泣してしまったというエピソードは結構有名。

#8 雨踏むオーバーオール はSeptemberの曲のイメージを引き継いだような憂い・はがゆさ・心の痛みを歌った曲ですね。バラードではないんですが何かそういう感情が痛いほど伝わってきます。

#7,8の暗aikoから一気にテンポアップ。#9 アスパラでは片思いの女の子の気持ちをいかにも彼女らしく表現。こういう曲を歌えるから彼女は同姓からの人気が高いんでしょうね。

#10 ボーイフレンド は言わずと知れたaikoの代表曲。この曲の大ヒットで「テトラポットの人」というイメージがついてしまったよう。それだけこの曲のサビの「あぁ~テトラポットのぼおってえぇ~」のフレーズは印象的で衝撃的だったということでしょう。

現時点でのaikoの最大のヒット曲です。aikoといったらこの曲が思い浮かぶ人は多いでしょうね。

ちなみにaikoはこの曲でテトラポッと歌っていますが、実は本当の商標上の名前はテトラポッ なんだとか。ただこの小さな間違いのおかげで紅白歌合戦に出場したときに歌詞を変えずに歌うことができたんですよね。

それにしても濁点の有無で『まったく別のもの』としてそのまま歌うことを許可するとはNHKもなかなかやりますなぁ。

そしてこのアルバム最後を飾るのはaikoらしさ溢れるバラード#11 初恋 。#7のようなバラードとは全く違うど真ん中ストレートなバラード。この曲なんかを聴くとホントaikoの曲は難しいなぁと思ってしまいますね。

実はこのアルバムには隠しトラックが収録されてまして、それがまたいい曲なんだなぁ~。おそらく曲名は「夏服」だったと思います。

シンプルなピアノの弾き語りの曲なんですが聴いてるとすごく心が落ち着く曲です。これまた切ない曲なんですがね。

全体的に切ない曲が多い一枚ですが、夏から秋に移り変わるちょうどこの時期にぜひ聴いてほしい一枚です!

2006年9月15日 (金)

「たらこ」に負けた方々…

昨日は2位の「たらこ」の紹介までで終わっていたので、今日はその続きを見ていこうと思いますっ!

つまり、今日紹介する人たちは売り上げ枚数では「たらこ」に負けた人たちです…。

では、9/18付けオリコンウィークリーシングルチャート、今日は第3位から見ていきましょう!

第3位 宙船/do! do! do!  /TOKIO

なんとTOKIOが先週4位からワンランクアップで第3位!同じジャニーズで先週発売の山Pとゆかいな仲間たちを抜き去りました!TOP3に返り咲きです。

累積売り上げは22.4万枚!キンキなどの他のジャニなら1週間で出す数字ではありますが、TOKIOにとってはほぼ奇跡といっていいくらいの数字。ドラマの高視聴率がもろ数字に出たって感じですね。最終的には30万枚も超えるかもしれない。

第4位 フィーバーとフューチャー /GYM

圧巻の急降下。先週の初動22.6万枚から今週3.8万枚…。割合的にはKAT-TUNに匹敵するくらいの落ち方。

このユニットが存在したという真実を来年の今頃覚えている人がどれだけいるだろうか。

第5位 ブギウギ66 /w-inds.

初動売り上げは3.6万枚。前作とそんなに変わらない。どんどん売り上げが下がっていたがここにきてなんとかストップ。ということは現在の彼らの固定ファンは大体このくらいの数だということでしょう。

ジャニーズ以外の男性アイドルは裏の圧力で消されるという厳しい現実があるなかではかなりがんばっているほうだと思う。最近のジャニーズ事務所の圧力は圧倒的らしく、この三人のTV出演もかなり少なくなった。

第6位 TREE CLIMBERS  /木村カエラ

初動売り上げは3.6万枚。四捨五入しているので5位のウインズと同じ数字だが一の位までしっかり書くと…

w-inds. : 35873

カエラ :  35514

359枚の僅差で6位。順位だけ見ると前作7位から1つしかUPしていないが、数字を見ると前作2.2万枚から3.6万枚にジャンプアップ!

以前の記事で紹介したが、「モード学園」のCMソング。

「モード学園」のCMというタイアップが売り上げを1.5倍までのし上げるほどの効力を発揮するとは思えないので、単純に楽曲が多くの人に受け入れられたのかもしれない。確かにあの『ばぁ~れる、ばぁ~れる』のメロディは耳に残る。

それにしてもこの人にはしっかり固定ファンがついている。もうベテラン並みの安定度。最近は1、2曲売れていつのまにかいなくなってるような人が多い中で、実はすごいのかもしれない。

第7位 TONIGHT, TONIGHT, TONIGHT  /BEAT CRUSADERS

あぁ…エルレに続いてビークルも完璧に売れ始めた…。初動売り上げは3.3万枚。前作1.9万枚から3.3万枚。カエラ同様、1.5倍以上に跳ね上がっている。アニメ「BREACH」のタイアップ効果は依然絶大みたい。

ちなみにこのビークルの曲のPVにはカエラが、そしてカエラの曲のPVにはビークルがお互いに友情出演している。

あのお面ほっしいなぁ~。まぁあのお面つけて街歩いてたら完璧に不審者。てことは室内で着用?

やっぱいらないや

2006年9月14日 (木)

沢尻とたらこが大暴走!

9/18付けオリコンウィークリーチャートが発表されましたぁ~!えっ、今週の見どころですか?

タイトルのとおりです

ってことでさっそく1位から見ていきましょう!

第1位 タイヨウのうた /Kaoru Amane

先週、衝撃のデビューを飾った沢尻エリカのデビューシングルが先週2位からランクアップして第1位ゲットとなりましたぁ~!!

そして今週、発売2週目の売り上げがなんと…11.1万枚!!

すげぇーっ!

先週15万枚からほとんど数字を落としていません!この粘りはすごいの一言。どっかのアイドルが1週目75.4万枚→2週目8.7万枚という奇跡の急降下を見せてくれたことを考えれば、この沢尻さんの粘りはめちゃくちゃすごいということがわかるはず。

ミスチルの「箒星」も1週目25.4万枚→2週目6.2万枚ですからね。いやほんと、1週目15万枚→2週目11.1万枚はすごいなぁ。典型的な大ヒットする曲のチャートアクションです。

累計売り上げはたった2週間で26.1万枚を突破!!年間TOP10も狙える勢いになっています。こういった"ノリ"になってくるとミーハー購入層が一気に飛びつくので売り上げはまだ伸びるでしょうね~。

沢尻さんは先週のCDTVのゲストライブに出てました。

思わず笑ってしまいました。

CDTVのゲストライブで笑ったのは生まれて初めてでしたよ…。

まずあのまるでシンデレラのような派手な衣装…

紅白かっ!

「雨音薫」ってあんな派手な"いかにも金かけてます"的なドレスを着るようなキャラなんだっけ?病を目の前にしてもけなげに歌い続けた少女なんじゃなかったのでしょうか。

そして登場は階段を下りながら。画面は階段を降りる足元のアップ…

紅白かっ!

しかもその階段はドライアイス(?)の煙でモクモクしてました。ステージもそのモクモクで幻想的に。

さらにステージ背景はオーロラをイメージしたかのような幻想的なライトアップ。さらに後ろにオーケストラがスタンバイし、曲の終盤には紙ふぶき

紅白かっ!

TBSとしてはプッシュしたい気持ちもわかりますが、豪華にすればいいってもんじゃないと思いました。

ドラマ版は見てないのでよくわからないですが、ドラマ版の雨音薫はこういうイメージなのか…。ドラマ版見なくてよかった…。あやうくイメージ壊されるところでしたよ…。

人の好き好きですが、私はYUIの素朴な雨音薫がいいです。

CDTVではゲストライブをオンエアする前にアーティストによる曲紹介があるんですが、なんか沢尻さん…

女王様みたいでした

では続いて第2位!

第2位 たらこ・たらこ・たらこ /キグルミ

初動売り上げは5.1万枚!3週間前なら1位になっていました。つまり売り上げはスキマスイッチよりも上。

歌ってる「キグルミ」は小学生の女の子、レナとハルカの2人組みユニットらしい。

どうやら初回限定盤には「たらこキユーピー でか☆かわ携帯ストラップ」がついてくるみたいなので、そのレアグッズを手に入れるためにCD購入に至った人がほとんどか。

だって…これを歌を聴くために買ったとしたら…しかもそれが男性なら…そりゃ完璧に…

極度のロリコン

じゃんか。

2006年9月12日 (火)

「G○M」が流行ってんの?

特に書くこともないんで、今週は特にリリースラッシュというわけではありませんが、今週リリースされる新譜をPick Up!

  • 復活シングル『G4』、氷室京介とのコラボ『Answer』に続いてリリースされるのは彼ららしいバラード。GLAY『夏音/変な夢~THOUSAND DREAMS~』
  • 松浦亜弥と藤本美貴からなるユニットGAMのデビューシングル。GAM『Thanks!』
  • 約半年ぶりのシングルは「第30回鳥人間コンテスト」イメージテーマソングという謎のタイアップ。森山直太朗『風になって』
  • デビュー曲のタイトルが『ピリオド』というある意味衝撃のデビューに続く2作目は作詞一青窈、作曲小林武史。綾瀬はるか『交差点days』
  • 最近リリースラッシュを続けるGARNET CROWがまたドラマ主題歌をリリース。GARNET CROW『まぼろし』

などなど…。

まぁTOP10入りしそうなのはGLAYとハロプロだけでしょうかね。ただ相当レベルが低くなると思われるので直太朗あたりはTOP10狙えるか。

TOP3はまずGLAY。あとは今週なんかオマケ効果で売れに売れまくっている「たらこ」と沢尻の三つ巴ってとこかな。「たらこ」については明日以降に今週のウィークリーをチェックするときに…。

そしてまた謎のユニットが登場…。その名も…

GAM

思わずまた今週も山下くんとタイ人兄弟が新曲出すのかと思いましたよ…。そうそのジャニーズのユニット名は…

GYM

てっきりジャニーズのことだから、今度は山下に代えて彼と同じくらい人気のある(よくわかりませんが)KAT-TUN赤西を投入して、赤西とタイ人兄弟でまた一儲けするのかなと思いました。

そしたらなんと…

松浦亜弥と藤本美貴のAMだそうで…。じゃあ…

AMでいいじゃん

"午前が好きでAMラジオしか聴かず口癖が「~です」の女の子二人組み"みたいなキャラでいけばバラエティには結構呼ばれたかもしれないのに。

なにやらGは「グレイト」の意味らしい。何このプロレスラーみたいなネーミング

しかも読み方は「ギャム」らしい。素直に「ガム」にしてれば"粘り強くGAMばる女の子二人組み"みたいなノリでいけたじゃん。…いけないか。

このネーミングの真実は、GAMには俗語で魅力的な脚と言う意味があるので、「綺麗な素敵な脚」と歌で魅了させるユニットを目指すとのこと。

もう完璧にそっち路線。モー娘らも落ちたものだ。歌はオマケってことかよっ!

じゃあCDでリリースなんかしないでDVDだけにすればいいのでは?と思った。だってCDじゃ脚見えねぇぞ。

もういっそ、GOLF(タイ人)+亜弥(ハロプロ)+松中(ソフトバンク)ぐらいぶっとんだユニットにしてしまえ。

2006年9月10日 (日)

ばぁ~れる、ばぁ~れる、おっもぉいっ!

よしまた1週間乗り切った!

8月の中盤から始まった簿記一級の答練もあと2週間!結果はさっぱりだけど。乗り切ったって言わないな、これ。

とことん自分に甘い私は、昼から夜まで専門学校に監禁される土曜日が終わるとすぐに帰宅途中に近くのレンタルショップで自分にご褒美です( ̄ー+ ̄)キラーン

今日のご褒美リストは女性アーティスト3連発!

① aiko「彼女」 ② BONNIE PINK「Every Single Day」 ③ 木村カエラ「TREE CLIMBERS」

ビークルも借りようと思ってたんですが全部借りられてました…。ビークルも知名度上がっちゃったからな~。

それはそうとカエラいいっすね~♪「TREE CLIMBERS」はモード学園のCMソング。TVを人並みに見る人なら確実に聴いたことがあることと思います。このモード学園のCM、やけに流れてると思いません?

♪ばぁ~れる、ばぁ~れる、おっもぉいっ♪ってやつです。ちなみにCDジャケットの女の子は五歳くらいの頃のカエラ本人とのこと。

TREE CLIMBERS TREE CLIMBERS

アーティスト:木村カエラ
販売元:コロムビアミュージックエンタテインメント
発売日:2006/09/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ついでに「カエラ」っていうのはヘブライ語で「最愛」という意味らしいです。カエラトリビア。

そして今こうして記事を書きながら聴いてるのはaiko「彼女」でございます。レンタル解禁が今日だったのでもう全部借りられちゃってないかなぁ~なんて半分諦めムードだったんですが、ありましたよ、1枚だけ!あぁ神様は私を見放していなかった!

いややっぱいいです、aiko。彼女のファンじゃない人の中には『aikoの曲はみんな同じに聴こえる~』なんて言うやついますが…

ファンでも聴こえます、たまに。

いやでもそれは最初だけ。聴いてるうちに1曲1曲全く違う味が出てくる。彼女の曲が「するめそんぐ」と呼ばれる所以ですね。

今回もちゃんとスペシャルサンクスに「Porno Graffitti」とか「もっちー」って書いてありますね。

いつか「いっくん」もノミネートしますように!

彼女 彼女

アーティスト:aiko
販売元:ポニーキャニオン
発売日:2006/08/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2006年9月 8日 (金)

いっくん語録「ウナる」

昨日の「とんねるずのみなさんのおかげでした」の"食わず嫌い"マジで爆笑したっ!ヾ(≧▽≦)ノ 最近はあまりこの番組見てなかったんですが、昨日はゲストがELTということで久々に見ました。

ELT VS かっつみー …

いやぁ~、いっくんまじ最高だよぉ~。おもしろすぎるヾ(>▽<)o

何?『ウナる』って!?

うな重を食べることを『ウナる』なんて言わないっしょ!?あのおもしろさはアーティストにしとくのはもったいないっ!

憲さんが「今日はおもしろい人が2人いる」って言ったのがツボでした。そうですよね、いつもは貴さん側のゲストはアイドルだったり女優さんだったり"おもしろ"担当な人ではないですからね。

しかし、いっくんのギターテクニックはかなりのものなんですよ。バラエティに出て、いじられてるおもしろいいっくんしか見たことがない人は覚えておいてください。

彼は一流のギタリストです

最近はもっちーの歌い方の変化でエレキを弾くことはかなり減りアコギ中心になりましたが、最新作の「Crispy Park」のインスト曲などではエレキの実力もしっかり発揮していますね。

もっちーも昨日の放送ではかなり笑ってましたね。一時期のもっちーはかなり鬱っぽくなっててELT解散も近いのかなぁなんて思わされたりしたんですが、もう大丈夫みたいですね、よかったよかった。

あぁ~オレ最近ウナってないなぁ~。やっぱり高いですもん、うなぎなんて…。学生にゃ手が出ませんよ。

あぁ…ウナりてぇ~

2006年9月 6日 (水)

ORANGE RANGEの神通力もここまでか

昨日の記事では第2位まで紹介したところで終わっていました。あまりにも2位の沢尻さんの数字が刺激的だったものでそこで語数を要してしまいました…。では本日はその続き、第3位から見ていきますっ!(o^∇^o)ノ

9/11付けオリコンシングルチャート…

第3位 UN ROCK STAR /ORANGE RANGE

初動売り上げはまさかの6.2万枚。1、2年前じゃ信じられない数字。人気絶頂のときには軽くこの4倍もの数字を叩き出していた。

前作「チャンピオーネ」の初動12.2万枚からまたもや半減。"またもや"と書いたのは前作「チャンピオーネ」も前々作「キズナ」から約半減していたからです。つまり…

12th「キズナ」初動21.9万枚⇒13th「チャンピオーネ」初動12.2万枚⇒14th「UN ROCK STAR」初動6.2万枚

これほどの勢いでファンに見放されるってのもある意味すごい。ファンじゃないので全くわからないのだが、ここ数年で彼らの音楽が何か変わったのだろうか?私には今年リリースされた曲も絶頂期のころの曲も大差ないように感じるのだが…。ファンには何か感じるところがあるのだろうか。

今作は10万枚限定生産シングルとのことだが、総生産量の半分ちょいしか売れてないのではまるで言い訳にならない

10万枚限定生産でも1週間できっかり10万枚の売り上げになることはほぼないらしいのだが、これは売れ残りすぎ。最悪の場合たった10万枚を売り切れないってことも…。

以前の記事で書きましたが、今作と同じ10万枚限定生産という条件で絶頂期にリリースされたシングル「チェスト」は初動で8.6万枚を売り上げ、ほぼ1週間で完売状態になっていたことも考えるとオレンジレンジの現状がよくわかるはず。

そんなオレンジレンジは早くもニューシングルのリリースを発表。10/25発売でタイトルは「SAYONARA」とのこと…えっと…

自覚?

Photo_2 今週のもうひとつの目玉はL'Arc~en~Cielの15枚の再発&初発シングルがどこまでチャートを占めてくるかでした。デイリーでは左の画像のような状態になっていましたが、ウィークリーではどうなったのでしょう。

ってことでざっと結果を見てみましょう。

5位「the Fourth Avenue Cafe」 12位「Blurry Eyes」 13位「虹」 14位「flower」 15位「夏の憂鬱[time to say goodbye] 17位「Lies and Truth」  18位「Vivid Colors」 19位「風にきえないで」 20位「HONEY」 21位「winter fall」 22位「snow drop」 23位「DIVE TO BLUE」 24位「花葬」 25位「forbidden lover」  27位「侵食~lose control~」

となりました。ああ疲れた。TOP30に15作同時にランクインするのは歴代1位記録らしい。今まではサザンの12作が1位だったんですね。

ただ個人的にこの『過去のシングル再発』で印象に残っているのは何と言ってもB'zですよ…。あれは忘れられない…。

ランクインした枚数は今回のラルクよりも少ない10作だったものの、再発シングルの1枚1枚が6.5万枚以上だったんですよ…。

6.5万枚って先々週のチャートだったら週間1位ですよ。そう考えてみるとB'zファンはホント恐るべし。

ラルクファンのみなさんはまだそこまで異常じゃないのか売り上げ枚数は、再発の14作は平均1万枚くらい。十分すごいけど。

ELTがちゃっかりラルクのなかに紛れ込んでるのはなかなかよかった(^w^)

2006年9月 5日 (火)

沢尻エリカ 女優史上最高のデビュー

さぁさぁさぁ久々にチャート要注目の週ということで珍しくデイリーチャートからその動きを見てきた今週…。ついにっ!ウィークリーチャートが発表されたぞぉーっ!!

大変なことになってるぞぉーっ!!(ノ`□´)ノ

とりあえず落ち着きを取り戻さなければ、ヽ`アセ(;~▼~;)アセ、ヽ`

ってことでいつもどおり始めたいと思います。

9/11付けオリコンシングルチャートが発表されましたっ。しつこいですが今週の注目曲はこちら。では早速第1位から見ていきましょう!

第1位 フィーバーとフューチャー /GYM

ジャニーズ初の国際ユニットだというGYMのきっと最初で最後であろうシングルが当たり前に1位をゲット。初動売り上げは22.6万枚調子が悪いときのKinKi Kidsくらいの数字。ねぇジャニーさん…

タイ人兄弟いらなかったんじゃねぇ?

山下ソロシングル「抱いてセニョリータ」は初動40.3万枚という脅威の数字を叩き出し、今現在の2006年シングル売上第2位にまでなっています。それを考えるとなんか微妙な数字。いやすごい数字なんですけどね…初動22.6万枚ってのは…。

まぁこれでわかったことは…

山下に他のメンバーは要らない

ってこと。続いて第2位っ!!

第2位 タイヨウのうた /Kaoru Amane

女優沢尻エリカがKaoru Amane名義でリリースしたデビューシングルが初登場第2位を獲得っ!!まぁ第2位をゲットするところまでは想定の範囲内でしたよね。デイリーチャート前半では2位をずっとキープしていましたし、後半にはジャニーズを抜き1位をキープしていました。そしてその初動売り上げはなんと…

15万枚!!

完璧に想定の範囲外。すごすぎる…。もうそれしか言えない…。ではこの初動15万枚という数字がどれだけすごいのかを軽くチェック!

先日発売されたサザンオールスターズの新曲「DIRTY OLD MAN~さらば夏よ~」。サザンオールスターズといえば日本を代表するベテランアーティスト。デビューからもうすぐ30年目を迎えます。いやぁ~すごいなぁ~サザン…

沢尻(初動15万枚)>サザン(初動13.3万枚)

30年の歴史が…

エロかっこいいの愛称で最近破竹の勢いを見せる倖田來未。そんな倖田さんも今年ドラマ主題歌を歌いましたね~。そう、"ブス恋"主題歌だった「恋のつぼみ」ですね。「恋のつぼみ」は当時の倖田さんの自身最高初動売り上げを更新したのでした。

この次にリリースされた「4 hot wave」ははっきりいって反則シングルなので倖田さん自身の本来のCD売り上げ力はこの「恋のつぼみ」で判断するのが正しいでしょうね。いやぁ~すごい勢いだなぁ~倖田來未…

沢尻(初動15万枚)>倖田(初動14万枚)

現在日本一の歌姫を粉砕。

偶然にもホントちょうど一年前にも企画モノのCDが大ヒットを記録しました。そうです、中島美嘉さん主演で話題になった映画「NANA」の主題歌、「GLAMOURS SKY」ですねっ!いやぁ~もうあれから一年たったのかぁ~…。

中島さんが"NANA starring MIKA NAKASHIMA"名義でリリースしたこの「GLAMOURS SKY」は中島さん自身初のシングル1位を獲得した記念すべきシングルになりました。この曲のヒットで昨年の年末にかけては脅威のNANAブームが訪れたのでした。

この「GLAMOURS SKY」は年間シングルランキングでも第10位にランクインするなど記録にも記憶にも残る大ヒットとなりました!いやぁ~中島さんにとって1枚だけの1位獲得シングルですからね~偉大な1枚でございます…

沢尻(初動15万枚)>NANA(初動12万枚)

近年最強の企画シングルさえも圧倒。

まぁこれで初動15万枚がどれだけ凄いのかが伝わったかと思います。そしてこの脅威の数字がいろいろな記録を樹立しました。

女優の歌手デビュー作としては広末涼子「MajiでKoiする5秒前」以来のTOP3らしいです。なつかしいな。

そして女性のデビュー作の初動売り上げ記録も大幅更新っ!1994年の内田有紀の「TENCAを取ろう!―内田の野望―」の初動13.1万枚を抜き去り、「タイヨウのうた」が初動15万枚で歴代1位に君臨することになりました。

内田有紀のシングル名と同じくらい気になったのはオリコンの記事名。

沢尻エリカ、女性アーティスト史上最高のデビュー! 広末以来、10年ぶりの快挙も!

っていう記事名なんですが…ちょっと疑問が…

歌を歌えば誰でもアーティストなの??

沢尻さんは作詞も作曲も何もしてないんですよ。歌声をその楽曲に注ぐことで楽曲に命を注ぐことができるような歌い手なら作詞や作曲をしていなくてもアーティストと呼べるかもしれませんが…

キツいことを言えば今回の沢尻さんは素人がカラオケを歌ったのとそう大差はありません。彼女は女優としては立派なアーティストですが歌手としては素人同然なのですから。

掲示板などを見てると、CDを聴いて「沢尻さん歌うまい」という感想をもっている方がたくさんいるみたいで…。でもこのご時勢、CDでは歌唱力なんて判断できませんよっ!

CDで聴いてうまく聴こえても生で歌ったら音程さえ合わないって人が歌手でもたくさんいます。CDで聴けばあのSMAPでさえ一切音程をはずさない素晴らしい歌い手です。そう中居くんでさえ…

ただ逆に言ってしまえば、歌手を本業にしててもそういう状態の人もいるのなら、歌手以外の人が歌った曲が売れても文句は言えないのかもしれませんね。

と、また今日もかなりの長文になってしまったのでこの他のトピックについてはまた後日…

2006年9月 3日 (日)

チャートにラルク旋風!

やっと9月最初の更新です。いやぁ~今日も大変だった、簿記答練。ブログの更新をすっぽかして、木・金と2日連続で簿記をみっちりお勉強していました。

その成果が出たか、はたまたただ問題が簡単だっただけなのかはわかりませんが、今日の答連は商業簿記・会計学も工業簿記・原価計算も両方とも正答率7割達成しましたぁ~!!                          パンパカパーンo(▽^v)v(゚▽^)v(v^▽)o∠※==☆~。☆°

ってことでさっそくブログ更新で勉強すっぽかします。

前回の記事では今週のチャートの注目点を…

①山P&タイ人兄弟のユニット「GYM」 VS 「ORANGE RANGE」はどうなるのか!?

②ドラマ「タイヨウのうた」で主演の沢尻エリカが"Kaoru Amane"名義でCDリリース。チャートでどこまで上位にランクインするのか!?

③L'Arc~en~Cielの初期シングル15作品を12cmシングルで発売!チャートをどこまで占めるのか!?

と3つ挙げてぐだぐだ書いていたんですが、かなりの長文になりそうだったので③は保留にしていました。なので今日は③のラルクのシングル15枚再発について書いていこうと思います。

よくサイトを回っていると"L'Arc~en~Ciel、初期のシングル15枚を再発!"なんて書いてあったりしますが正確に言うとこれは間違いなんですね。再発は14枚で1枚(『the Fourth Avenue Cafe』)は初の発売です。

"初の発売"なんてまどろっこしい言い方したのには理由があります。このシングルはもともとはシングルで発売される予定だったのですが、当時のラルクのドラムであったsakuraが覚せい剤で逮捕され、ラルクが活動休止になってしまい発売が中止になってしまったのです。

なのでファンの中では「伝説のシングル」として有名だったのであります!この『the Fourth Avenue Cafe』は当時人気だったアニメ「るろうに剣心」のエンディングテーマでもありました。

そしてこの『the Fourth Avenue Cafe』とラルクの14枚の再発シングルが今チャートを占領中っ!!初日のデイリーチャートでは…

Photo 21位~9位まで全てラルクの再発シングルがゲット。この間にはいっさい他のアーティストは入ってません。まさに占領。それらの再発シングルより上位に先ほど紹介した『the Fourth Avenue Cafe』。5位をゲット。

やっぱりファンが待ち望んでいたシングルだけに1つ飛びぬけてきましたね。まぁこの『the Fourth Avenue Cafe』という楽曲自体はアルバムにしっかり収録されていますので、この売り上げの要因はカップリングのようですね。

そのカップリングというのがラルクのメンバーのパートチェンジバンド、その名も"D'Arc~en~Ciel"の曲が4曲収録されているのです。ラルクは最近のシングルのカップリングで"P'UNK~EN~CIEL"として同じようにパートチェンジバンドを疲労していますが、まぁ言ってみればその原型ですかね。

その"D'Arc~en~Ciel"としての楽曲が「伝説のシングル」になってしまったときのままということもファンにとってはとても嬉しいことでしょう。

しかぁーしっ!!(゚Д゚)ノ

このような固定ファンの多いアーティストの大量再発シングルの影響で迷惑を被っているアーティストも少なくないのです。

今週のなかではELTはその中の1組。

今週発売したアルバムからのリカットシングル『スイミー』でしたが、初日デイリーではラルクの占領でTOP20にも入れない始末…。次の日のチャートではTOP20圏外から一気に7位まで上昇!しかしその次の日にはまた一気に圏外…。それ以降は姿が見えません。

なにやらこのラルクの14枚の再発シングル+「伝説のシングル」は全種類購入すると特典があるらしく、かなりのファンが15曲全てをまとめて買っているとか。そのためこのシングル15名様は…

団体行動してきます

なのでこのラルク団体様ご一行を抜ければTOP10、この団体様ご一行に負けると一気にTOP20圏外ということ。

ELTはブレイクしてるアーティストなので、このシングル1枚の順位不振でどうなるってこともないでしょうが、中にはまだブレークしてない人たちも普通に今週CDリリースしてます。中ノ森BANDとかね。

その方たちのCDはラルクのせいで一気に20位近くランキングは下になってしまっているわけですね。20個順位が違うとやっぱりメディアの対応も変わってくるわけで…(;^_^A

ファンにとってはチャートの大部分をお気に入りのアーティストが占領するのは嬉しいかもしれない。けれど裏では少なからず影響を受けてしまっている人たちがいることを忘れてはいけませんね。

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ