Twitter

  • 私服ツイート

« 低レベル週に逆戻り | トップページ | 検定までカウントダウン! »

2006年11月11日 (土)

エルレ、大ブレイクへ!

あああブレイクラッシュだぁーっ!!

エルレにラッドに、チャットモンチーまで。

中でもインディーズシーンを引っ張ってきたELLEGARDENことエルレが大ブレイク中です。今週発売された彼らの最新アルバム『ELEVEN FIVE CRACKERS』がオリコンアルバムチャートで三日連続で首位を獲得しています。

オリコンの記事からしてかなり2位に差をつけての1位のよう。エルレは前作『RIOT ON THE GRILL』が初動5.7万枚で初登場3位にランクイン。その後もこのアルバムは超ロングヒットをしていました。

これによって一気にファンは増えたようで。その後にリリースされたシングル『Space Sonic』はインディーズ&ノンタイアップにもかかわらず初動4.1万枚で初登場5位を記録し、こちらも超ロングヒット。

そして今年の夏にリリースされた『Salamander』は初動を7万枚と一気に上昇させ、インディーズシングル初動売り上げ記録を更新。初登場3位を記録しました。

こうして順調に大ブレイク寸前となっている中で今週リリースされた最新アルバムです。そりゃ売れますね。

なにやら売切れになる店舗も続出だとか。私の大学のCDショップではなぜか今日入荷したみたいだったのですが、私が入店したときに既に一枚しかなく、店の中を特に用もなくうろうろしてたとき(注:簿記検定約一週間前)それも買われていってしまいました。

これは初動20万枚越えも夢じゃないか。

ただやはりこう"○○現象"ってくらい一気に売れ出すと、決まって起こるのが、「自称・昔からのファン」の反乱

売れて変わってしまったとか、昔のほうがよかっただとか、よく言われてますね。その気持ちはわかります。私も反乱したい気持ちは多少あります。

でもね、リスナーってのはホントに身勝手だなぁとも思うんですよ。あるアーティストが新しい音を出せば、「昔の方がよかった」「変わってしまった」と言う。そうかと思えば、ずっと同じ音出していれば、「いつも同じで飽きる」「成長してない」と言う。

じゃあアーティストたちはどうすればいいの?"なんか昔からおんなじような音だけど一部分新しいところがある"ってのを求めてるの?

私は逆にそんな中途半端なほうがいやだ。きっとどんなアーティストも自分たちの音をたくさんの人に聴いてもらうことを望んでるはず!

きっとホントにそのアーティストのファンならば、どんな変化も受け入れられるはず。たとえそれが自分にとって気にくわない変化でも。

ELEVEN FIRE CRACKERS ELEVEN FIRE CRACKERS

アーティスト:ELLEGARDEN
販売元:インディペンデントレーベル
発売日:2006/11/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 低レベル週に逆戻り | トップページ | 検定までカウントダウン! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エルレ、大ブレイクへ!:

« 低レベル週に逆戻り | トップページ | 検定までカウントダウン! »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

-天気予報コム-
無料ブログはココログ