Twitter

  • 私服ツイート

« BOØWY人気衰えを知らず | トップページ | B'z殿堂入り&NEWアルバム詳細決定!! »

2007年9月20日 (木)

タイアップはカップリングにつけろブーム?

カープ佐々岡投手が今季限りで引退だそうです。

カープの一時代を築いた大投手ももう40歳だったんですね。

だって、私が野球に興味をもって初めて買ったファミスタ2には佐々岡すでにいましたもん。大ベテランです。

親に、この選手名前なんて読むの?って聞いた覚えがあります。あの頃の私には「々」は難易度高かったんですね。あと、北別府も読めなかったなぁ…。

やはり佐々岡投手は、先発で100勝している上にセーブも100あげているというのがすごい。

あの伝家の宝刀の落ちるカーブを見れなくなると思うと寂しいですが、多くの人の記憶に残る選手ですね。

長い現役生活お疲れ様でした。

~☆~★~☆~

さて、チャートチェックにいきます。

本日は9/24付けチャートをみていきますよ。こうやって最新週を発表されてすぐにチェックできる日々もあと僅かかな…。学校始まっちゃいますからね~。

ではではさっそく…

9/24付けオリコンウィークリーシングルチャート、第1位はこの曲っ!

第1位 永遠に /KinKi Kids

KinKi Kidsの通算26枚目のシングルが初登場で1位を獲得!おめでと~(^▽^)/

初動売上げは19.0万枚!前作『BRAND NEW SONG』の初動18.1万枚よりは上昇↑

前作は久しぶりにタイアップがついたにもかかわらずデビュー以来初の初動売上げ20万枚を切るという事態に陥っていた。(その模様はこちらの記事で)

今作はそれよりは多少持ち直してはいるが、たった0.9万枚の回復に終わっている。

今作を取り巻く状況をふまえると、このわずか0.9万枚だけの回復というのはかなり微妙だと言うことがわかる。

それは話題性、タイアップともに十分なものだったからである。

今作はなんと2003年の剛の主演ドラマ「元カレ」の主題歌だった『薄荷キャンディー』以来のドラマ主題歌タイアップで、光一の主演ドラマ「スシ王子!」主題歌となっている。

ただここで問題なのは、そのドラマ主題歌となっているのはタイトル曲の『永遠に』ではなく、カップリングの『涙、ひとひら』だということだろう。

はっきり言って、なんでこんなことしたのか全く意図がわからない。ちなみに当然カップリングがドラマ主題歌になったのは自身初。

しかも、テレビの歌番組で披露するのも『永遠に』ばかりで、『涙、ひとひら』はMステで一度だけしか披露されていない。

なんなんだろう、この宝の持ち腐れならぬ、タイアップの持ち腐れは。

そのタイトル曲『永遠に』は、今まさに「VOCALIST」シリーズが大ヒットしており時の人状態の徳永英明提供のバラード。

かなりの話題性を秘めている割には、テレビ出演時などにそこまで「徳永英明」の名前で押していた覚えはない。

一応私は『永遠に』も『涙、ひとひら』も聴いたけど、『涙、ひとひら』のほうがどう考えてもタイトル曲向きの楽曲だと感じた。

『永遠に』も全くもって悪い曲ではないのだが、どちらかというとインパクトは薄めでスルメ曲といった感じ。

インパクト勝負のジャニアイドルとしてはやはり『涙、ひとひら』をタイトル曲にもってくるべきだったのではないかと思う。

カップリングなんかにしちゃ徳永英明に失礼だということなのか。(ジャニーズの力があれば、たとえ徳永サイドが何か言ってきたって徳永一人くらい軽く消せると思うけどな…。

それとも、今作は10周年記念楽曲ということもあるらしいので、バラードのほうがふさわしいということになったのか。

というか無難に、

両A面シングル『涙、ひとひら/永遠に』

がベストだったのではないかと考えるのは素人なのかな。

多少、話題性・タイアップの無駄遣いがあったが、やはり[時の人提供楽曲+ドラマ主題歌]でこの初動は寂しいところだ。

第2位 愛のうた /倖田來未

倖田來未の37枚目のシングルが初登場2位に登場。(てか、もう37枚!?)

初動売上げは6.5万枚。前作『FREAKY』の初動10.8万枚から大幅ダウン↓

ただ、前作と今作では条件が違い、前作は4A面という表記にはなっていなかったものの、4曲タイアップ付きのシングルだった。

今作は普通の2曲入りマキシ。ただ、なぜか上のキンキ同様、しっかりとしたタイアップがついているのはカップリング。流行?

2曲入りマキシとしては、『BUT/愛証』以来で(ただしこちらは両A面)、その初動は6.4万枚だった。

まぁ固定ファンはだいたい6万ちょいは残ったというところだろうか。

それにしても、一時期はエイベックスの歌姫として浜崎あゆみを上回っていたのに、たった1年とちょっとで浜崎あゆみより遥か下の位置まで来てしまった。

この初動売上げではせいぜい大塚愛との歌姫二番手勝負という形になるだろう。

~今日のふといいなぁ~
♪Shine & Eternity by 吉井和哉

« BOØWY人気衰えを知らず | トップページ | B'z殿堂入り&NEWアルバム詳細決定!! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« BOØWY人気衰えを知らず | トップページ | B'z殿堂入り&NEWアルバム詳細決定!! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ