Twitter

  • 私服ツイート

« TOP10中8曲新曲なんだから。 | トップページ | ラルクvsヒッキーvsEXILE 結果はこうなったぁーっ! »

2007年9月 6日 (木)

TOP3、オリジナルアルバムはゼロ!

さっきオリコンのサイトで絢香のコメント動画みたいのがあったので、何の気なしに開いてみたんですが…。

だ、誰?

間違いなく太りましたよね…?

パッと見たとき、あの最近出てきたショップ店員のマネをする女芸人の方かと思いましたよ。

ああ、柳原可奈子さんというんですね。

絢香くらいの年代の子は体重とか変わりやすいみたいなんでどーしょーもないのかな。YUIとかも一時期顔まん丸だったときあったし。

まぁアイドルじゃないんだし、逆に太って声に力が付くのならそれもいいけれど。

ただ、今回の絢香に限ってはちょっと…

気になっちゃう感じ?

~★~☆~★~

さて、チャートチェックに移ります。

本日は9/3付けアルバムチャートです。前回シングルのほうをナントカ強引に終わらせたので。

ではでは、さっそく…

9/3付けオリコンウィークリーアルバムチャート、第1位はこの作品!

第1位 VOCALIST 3  /徳永英明

徳永英明のカバーアルバムが2週連続1位!

2週目の売上げは8.1万枚!

先週の初動売上げが11.6万枚だったので、かなり粘っていることになる。まぁ1位としては高い数字ではないけれど。

さらにこの徳永のカバーシリーズに火がついているということは、このシリーズの第一弾、第二弾である「VOCALIST」、「VOCALIST 2」が今週それぞれ13位、16位にランクインしていることからもうかがえる。

朝の情報番組「とくダネ」などに出演し、普段音楽番組を見ない人たちにもアピールできたというのが効いているのかもしれない。

この2週の推移を見る限り、勢いはまだまだ続きそうである。

第2位 グレイテスト・ヒッツ  /スキマスイッチ

先週から2ランクアップ↑これで3度目のTOP3入りとなる。

今週の売上げは5.2万枚

先週はこのブログでピックアップしなかったのだが、8.6万枚で4位だった。

売上げは下がったが、今週は新譜のリリースが極端に少なかったため上に昇ってきたという感じ。

ここまでの推移は、初動24.6万枚⇒14.5万枚⇒8.6万枚⇒5.2万枚。やはりベストということで粘り強く売れている。

この週までの累計売上げは52.8万枚!軽くハーフミリオンを超えてきた。

第3位 R‐35 Sweet J-Ballads  /オムニバス

今年4月リリースのコンピレーションアルバムが3位にランクイン。

週間売上げは2.0万枚。アルバムチャートで2.0万枚で3位というのは信じられないレベルの低さだが、3位は3位。

いわゆるバブル世代と呼ばれる人たちに向けた名バラード集とのこと。

コンピレーションアルバムということで、このブログではこれまでピックアップしてこなかったが、ここまでロングヒットしているとなると一度くらい触れてもいいかと。

こういうタイプのコンピは死ぬほどリリースされているのだが、リリースされるたびにロングヒットする。

今でもJ-POP黄金期と呼ばれることの多い90年代の音楽を求める声は強いようだ。

そして1つ言えるのは、いい曲はいつ聴いてもいい、それだけだろう。

この作品に並んでいる曲たちは、一時の流行だけで売れた中身のないもの、まるで人気投票のようなランキングで上位になったものでは決してない。多くの人の思い出が詰まっているのだ。

ちなみに今週1位の徳永英明の楽曲も含まれている。

~今日のふといいなぁ~
♪恋に落ちて-Fall in Love- by 徳永英明

« TOP10中8曲新曲なんだから。 | トップページ | ラルクvsヒッキーvsEXILE 結果はこうなったぁーっ! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« TOP10中8曲新曲なんだから。 | トップページ | ラルクvsヒッキーvsEXILE 結果はこうなったぁーっ! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ