Twitter

  • 私服ツイート

« TOP3、オリジナルアルバムはゼロ! | トップページ | オリコンデイリー、3位指数892に…。 »

2007年9月 8日 (土)

ラルクvsヒッキーvsEXILE 結果はこうなったぁーっ!

ラルクvsヒッキーvsEXILE の結果発表~!の前に1つ残念なニュースが。

はい、

Def Tech解散

です…。

昨年末から不仲説が囁かれ、活動を休止していたDef Techですが正式に「解散」ということになったようです。

昨年、メンバーのShenが結婚した際、パーティでMicroが解散はしないという発言をしたことでファンの間では活動再開が心待ちにされていたみたいなんですが。

今後はお互いソロ活動をしていくとのこと。Microにおいては一足先にソロ活動をスタートし、シングルとアルバムをリリースしている。

~★~☆~★~

さてさてさて、ついにやってまいりました!(o^∇^o)ノ

注目週「ラルクvsヒッキーvsEXILE」です!

チャートファンの中では、三者とも1位を獲得する力を持ち合わせているということで、どうなるか話題になっていた週でございます。というかやっと最新週に追いついた…長かった…。

ではでは、早速!

9/10付けオリコンウィークリーシングルチャート…結果はこうなったぁ~っ!!(」°ロ°)」

第1位 MY HEART DRAWS A DREAM  /L'Arc~en~Ciel

この大注目の激戦…1位を勝ち取ったのは…ラルクの記念すべき30枚目のシングルでした!おめでと~(^▽^)/

初動売上げは11.3万枚!前作『SEVENTH HEAVEN』の初動11.2万枚からほぼ変化無し。

相変わらず固定ファンでがっちりって感じ。

今作はカズが出演しているSUBARUレガシィのCMソングとなっているが、そこまで大きな効果はなかったようだ。

デイリー初日の指数は前作を上回るものだったため、初動売上げが前作を大きく上回ることも想定されたのだが、始めに多く売れただけで終わってみればいつもどおりだった。

しかしながら、この安定感はすごいの一言。

tetsu曰く、一つ前が実験的な曲だったのでここでしっかり「らしい」曲を意図的にもってきたとのこと。

メンバーのこういう姿勢もファンを離さない要因になっているのかもしれない。

ラルクはすでに来月10月にNEWシングル『DAYBREAK'S BELL』、さらに11月にはシングル『Hurry Xmas』、そしておよそ2年半ぶりのNEWアルバム「KISS」のリリースが決定している。

まだまだラルク旋風は止まりそうにない。

第2位 時の描片~トキノカケラ~/24karats-type EX-  /EXILE

「ラルクvsヒッキーvsEXILE」、第2位を勝ち取ったのはEXILE!

初動売上げは9.5万枚!前作『SUMMER TIME LOVE』の初動9.0万枚から上昇↑

目ぼしいタイアップのなかった前作と違い、今作はドラマ「山おんな壁おんな」主題歌というタイアップがついているのだがそこまで効果があったようには見えない。

さらに今作は両A面シングルとのことなのだが、その効果も数字を見る限りほとんどなかったように見える。

まぁ、ドラマの視聴率は12%程度ということでそこまでヒットしていないし、両A面表記だけれど『24karats』のほうは純粋にEXILEの楽曲といった感じではないので、こんなもんなのかな。

第二章になったからは上のラルク同様かなり安定して高い初動を出せるようになったが、ファンはより固まった感がある。

こうなるとなかなかロングヒットを飛ばせなくなる傾向があるが今度どうなるだろうか。

ちなみに今作には初回盤限定で第一章の大ヒット曲『Together』の第二章verが収録されている。

ルー大柴が再ブレークしているための選曲ではないと思われる。

第3位 Beautiful World/Kiss & Cry  /宇多田ヒカル

ラルクvsヒッキーvsEXILE、第3位となったのはヒッキーだった。

初動売上げは9.4万枚!前作『Flavor Of Life』の初動27.1万枚から大幅ダウン↓

やはり前作が異常だったようでおよそ3分の1にまでなる大暴落となってしまった。

しかし、何度も言うが「花男」効果が凄まじかった前作は異常であり、今作の9.4万枚という数字はここ数年の彼女の初動売上げ水準からすればかなり高いほうである。

ヒッキーの場合、デイリー初日に↑の二者に大きく指数を離されたのが最後まで響くかたちとなった。

しかし、週の中盤からは、固定がっちりで指数を急落させた二者に比べ粘り続け、8/31付けデイリーからは4日連続で1位をキープしていた。

つまり、この激戦だった1週間においてデイリーチャート1位を獲得した数だとヒッキーが一番多いということになる。

最終的には3位となってしまったが、映画公開効果とMステ出演効果で凄まじい追い上げを見せ2位と0.1万枚差というところまできたのは見事。

言うまでもないが、あと1日集計日数が多ければ2位と3位は入れ替わっていた。

ん~やっぱ、こういう激戦はチャートをみてておもしろいですね~!

もうみんな1位ばっか狙わないで、みんなリリース日をぶつけ合えばおもしろいのに。

いつも穴場週を狙ってリリースするキンキとかB'zとかあゆとかね。意外とファンの○○を勝たせる!っていう感情による相乗効果で売上げ伸びたりして。

まぁ実現しないだろうけど。

~今日のふといいなぁ~
♪永遠 by EXILE

« TOP3、オリジナルアルバムはゼロ! | トップページ | オリコンデイリー、3位指数892に…。 »

コメント

ラルクの売り上げが思った以上に伸びず残念でした。
タイアップもMステ効果もあまりなかったですね。
次のシングルはガンダムのタイアップということで、どこまで売り上げを伸ばしてくるか楽しみです。

たくやさん、コメントどうもありがとうございます!
私もMステ効果が全くといっていいほど出なかったのには驚きました!ラルクレベルまで固定ファンが固まるとこんなことになるんですね~。
そんなラルクに「アニメタイアップ」はどれほど効果が発揮されるのか、次回作楽しみですね♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« TOP3、オリジナルアルバムはゼロ! | トップページ | オリコンデイリー、3位指数892に…。 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ