Twitter

  • 私服ツイート

« 復活! | トップページ | くっつくところもありゃあ、はなれるところもあるさ »

2007年12月28日 (金)

小田切由宇さん誕生!

オダギリジョーさんと香椎由宇さんが結婚だそうですっ!!

(*^◇^)/°・:*おめでとう*:・°\(^◇^*)

いやぁ~1年の締めくくりにビッグカップルが生まれましたねぇ~!

てか、香椎さんってまだ二十歳なの!?何なのあの落ち着きは…。まさか年下だとは…。

年の差11歳かぁー。オダジョーは「年の差を感じたことがない」とか言ってますねぇ。すげえすげえ。いや、すげえ鈍感?

こんなこと言われたら、コナンなんて元の年齢に戻らなくても全然OKのように感じますね…。

コナンは小学1年生、つまり6歳。コナンの元の姿、新一は高校2年生だったんだから17歳

黒の組織と戦って元の姿に戻らなくても、14年後には…

コナン(新一)20歳。
蘭31歳。

オダジョー&香椎とまったく同じ。

何の問題もないじゃないか、青山剛昌!

 
 
なんか以前にも同じ様な事書いた気がする…。

 

ん!?麻生さんも結婚!?

え゛!?松たか子も結婚!?

いじりきれんわ!!

~☆~★~

さて、チャートチェックに移ります。

長きに渡る更新停滞でかなり前の週のチャートをチェックしていくこととなっていますが、びっくりするほど急ぐ気はありませんのでよろしく。

本日は12/3付けチャートに突入です!まずはいつもどおりシングルからね。

ではでは、さっそく…

12/3付けオリコンウィークリーシングルチャート、第1位はこの曲!

第1位 Keep the faith  /KAT-TUN

KAT-TUNの5枚目のシングルが初登場で1位を獲得!おめでと~(^▽^)/

そしてなんと…

初動売上げは35.1万枚!

この週以前での今年最高初動売上げであった前作『喜びの歌』の初動30.0万枚から上昇。

よって、今年の最高初動売上げを自ら更新したことになる。ここだけ数字の次元が違う。

これでデビュー以来5作連続の初動30万枚越え。これはキンキがおよそ8年前に記録した以来の快挙。

ちなみに今作がKAT-TUNにとって初の上昇ということになる。

デビュー曲からの初動売上げ推移は、

『Real Face』初動75.4万枚⇒『SIGNAL』初動45.1万枚⇒『僕らの街で』初動41.0万枚⇒『喜びの歌』初動30.0万枚

であった。よって、今作で初めて初動上昇というものを経験したことになる。

リリース形態は前作から一種増えて、【初回限定盤】、【通常盤初回プレス】、【通常盤】の3パターンリリース。

とりあえず、【通常盤初回プレス】ってなんやねん!通常なのか!?初回なのか!?とつっこんでおく。

まぁ、DVD付き(初回限定盤)とDVDなしの1曲プラス(通常盤初回プレス)という形態が存在する時点で複数購入促進プロジェクトが内で蠢いているのは明らか。ファンの大半は2枚以上購入しているはずだ。

ただ、【通常盤】に関してはDVD無し、1曲プラスも無しということで他の2種類を購入していれば必要は特にないというかたちになっている。

ただし、通常盤もジャケットが違うというジャニファンを釣るためには効果的な仕様が施されている。ジャケットでさえも餌になってしまうというのがジャニアイドルの強みである。

タイアップとしてはメンバーの赤西・田口が出演しているドラマ「有閑倶楽部」主題歌というものだが、平均視聴率は12.6%ということでそこまで高くない。

今作に関してはドラマタイアップの効果以上に、楽曲があの氷室京介から提供されたものだという話題性が大きかったようだ。

さすがと言わざるを得ないサビのインパクト。そして加えてすごいのは、氷室京介自身が作詞にも参加しているということ。

氷室はソロになってからは作詞はほとんど松井五郎や森雪乃丞にまかせており、自身ではほとんどしていない。こんなことから、氷室ファンにも多少のインパクトは与えたはずだ。

ちなみに、同時リリースされたライブDVDも初動17.5万枚という通常のアーティストでは到底出せない狂った数字で1位を獲得している。ジャニアイドル内No.1の座は揺るがない。

第2位 聖なる夜に/冬物語 /ケツメイシ

ケツメイシの19枚目のシングルが初登場で2位にランクイン!

初動売上げは11.6万枚!前作『また君に会える』の初動7.8万枚から大きく上昇↑

初動売上げについては前作も前々作『トレイン』の初動6.1万枚から上昇させていたのだが、ここにきて再び上昇で2作連続上昇。さらに今回はその上昇の幅もかなり大きくなっている。

要因としては、今作がケツメイシにとって初の両A面シングルであることが1つ挙げられるだろう。

あとは『夏の思い出』や『太陽』などなんとなく夏のイメージがある彼らによる初のウインターソングということも新鮮でよかったのかもしれない。

ただ最も大きな上昇要因は、来年のライブチケットの先行予約ができる権利が付与されている、というところだろう。

しかも21日リリースで締め切りが27日ということでライブに参戦したいファンはかなり早めの購入を促されたはずだ。

しかしそれにしても、ノンタイアップにもかかわらず一気に10万枚越えをしてしまうあたりは流石である。

ライブで釣る作戦が前作のCMタイアップ以上の効果を発揮しているということは、相当彼らのライブは魅力的なのだろう。行きたいなぁ…。

~今日のふといいなぁ~
♪Beautiful by EXILE

« 復活! | トップページ | くっつくところもありゃあ、はなれるところもあるさ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 復活! | トップページ | くっつくところもありゃあ、はなれるところもあるさ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ