Twitter

  • 私服ツイート

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月の記事

2008年1月27日 (日)

のどが…のどがぁぁぁ~!!

体調崩しました…。

のどが焼けるように痛いよぉ…おえ…。さっきゆずレモンみたいな飲み物に殺されかけました。

あぁ…今試験期間の真っ只中だっていうのに!

とくにこれから5日間は地獄の忙しさ。

火曜:法律系試験&論文2つ提出
水曜:試験&エントリーシート2社
木曜:極難科目試験
金曜:教職ゼミグループ論文提出
土曜:会社説明会&一次試験

まぁ要するに、おまえなんか死んじまえってことなのかい!どうなんだい!
 

ちなみに上のどれ1つ、手つけれてません。だって、1日が24時間しかないんだもん。もう優先順位つけてやってくしかないね。
 

あ~くそぉ~いつもはこういう忙しい真っ只中にはなかなか体調崩さないんだけどなぁ…。全て日程終了してから倒れたことはあるけど。

ん~何が原因だろ。やっぱ年末年始から続く多忙のせいかな…。

それとも今日こんなやること山積みのなかで、

金閣寺観光に行ったせいかな。

いや、のどは朝から炎上してたから違うかな。

何やってんだよ!と言われても、火曜提出の論文が京都で写真を撮ってきてそれをふまえて3000字なんだから行くしかなかったんです…。

もっと早く行きたかったんだけど、ずっと何かしらやることあったんでなかなか行けんかったのです…。

きっと、試験2日前に金閣見に行ったのはおれと一緒にいったHくんだけじゃないかな。

でも、人生初金閣はちょっぴりテンション上がりました!あんなに金なんですね。バカ丸出しの感想ですいません。

ただ、ハーゲンダッツとかカップヌードルの自販機があって軽くへこみました。

 
火曜からの5日間を無事に終えて、おれは無事生きているんだろうか…。

あ~風邪薬もないしなぁ。

仙豆もないしなぁ。

一人暮らしのカゼは惨いよ。

~今日のふといいなぁ~
♪休みの日 by Bank Band
♪そばにいるね feat.SoulJa by 青山テルマ

2008年1月23日 (水)

さあ、チャートを駆け上がれ!RADWIMPS!

今週リリースの新譜が初登場する1/22付けデイリーが発表されました!

倖田來未、ケツメイシ、ジャニーズとチャート上位常連組のリリースが相次ぐ中、なんと初日1位を獲得したのは…

RADWIMPS!!

いやぁ~、ついに来たかといった感じですね!!

ビックネームしか主に聴かないチャートファンの中では「何者だ!?」扱いのようです。してやったりじゃ。

しかも初日指数は、13174!

これに毎度おなじみの「デイリー⇒ウィークリー」の変換数値1.75を乗ずると…

23054.5(枚)!!

なんと、

初日1日の売上げで前作『セツナレンサ』の初動2.2万枚を超えた。

楽曲のリリースがなかったこの1年2ヶ月の間にラッドの音楽は音楽ファンの心に確実に浸透していってたのでしょう。

ただ、ここまで一気に爆発するとは…。

明日以降もこの勢いが続くと、自己最高位の更新どころか自身初の1位獲得となる。

ただ、ラッドの人気は倖田來未やケツメイシのそれとは多少異なると思われる。

年齢の低い熱狂的ファンはがっちりとついていても、年齢があがるとラッドを知っている人間は極端に減るはずだ。

そうなると、週後半(土日)での指数上昇は狙えない。逆に過去の実績がある倖田やケツメイシはその点強い。

さらに、先ほど就活ついでに梅田ヨドバシを偵察してきたところ、倖田、ケツメのCDは山積みであったがラッドは見当たらなかった。

すでに売り切れ、品薄になっている店舗が続出しているなら指数は上がりようがない。1位獲得に関してはかなり苦戦を強いられるかもしれない。

 
個人的には、記事タイトルではああ書いたものの、今作は1位を獲るべきタイプの楽曲じゃないと思うんだよなぁ…。メロディは単調でどちらかといえば歌詞押しだし。まあメロディが単調だから詩がスッと入ってくるんだけど。

ランキング番組とかでサビの部分だけをちょろっと聴いて批判する奴らが出てきそう。

まぁでもラッドを埋もれさせておくのを時代が許さなかったということか。

ちなみに今作のリリース形態はCDのみ一種類!エイベやジャニアイドルによく見られる「初回限定盤DVD付き」などといった裏面工作は一切なし!

さぁ、力を見せ付けろ!実力派!

~今日のふといいなぁ~
♪オーダーメイド by RADWIMPS

2008年1月17日 (木)

今週のチャートは記録ラッシュ…

いやぁ~、先週のチャートで大記録が誕生しましたね。

13日の記事でシングルチャートがやべえって話をしていたんですが、そのなかで…

ひょっとしたら、
「今週1万枚以上売れた曲は2曲でしたぁーっ!」

という恐怖の結末が待っているかもしれない。お楽しみに。

なんて書いたんですが…

現実のものとなってしまいました。

 
繰り返しになっちゃいますが、1/21付けシングルチャートで1万枚以上を売上げた曲はたった2曲!

さらに記録はそれだけじゃありません!

歴代1位獲得曲の最低売上げ枚数も更新なのです…。

この週以前の1位獲得曲の最低売上げ枚数はハロプロ系ユニット「DEF.DEVA」の記録した2.6万枚だったんですが、今週1位となったAAAは初動2.5万枚…。

しかもこの2.5万枚という数字もイベントなどを急遽行って水増しを行った数字らしくかなり反響を呼んでいるみたい。

まぁこれについてはいつかチャートチェックで詳しく触れるとして、記録のほうはまだまだあります。

この1位の歴代最低売上げと同じ要領で、TOP10の2位以外が全曲、歴代最低売上げ枚数なのです…。ひどい…。

歴史に残る今週のチャート。ぜひオリコンのサイトで見てみては?

~☆~★~

では、チャートチェックです。本日は前回の続きで12/17付けチャートを見ていきます。本日は3位以降をいくつかピックアップです。

ではさっそく、

12/17付けオリコンウィークリーシングルチャート、第3位はこの曲!

第3位 KISSして /KOH+

なんと12/10付けチャートでの第10位から一気に上昇↑

リリース3週目の売上げは2.0万枚。なんと2週目の1.9万枚から上昇↑

先週から売上げ上昇という状況がほとんど見られなくなった最近なので、これはかなり珍しい。

この上昇の裏には「FNS歌謡祭」の効果があると思われる。この番組で初めてKOH+こと福山雅治と柴咲コウがそろってパフォーマンスを見せたからだ。

もう音楽番組出演効果なんてMステ以外では見られないと思っていたので多少驚きだった。ちなみに他のFNS出演者も売上げ好調になっている。

第4位 涙の温度 /シド

シドの8枚目のシングルが初登場で第4位にランクイン。

初動売上げは1.9万枚。前作『蜜指~ミツユビ~』の初動1.7万枚から上昇↑

これで2作連続の上昇となる。周りのレベルが低かったこともあって自己最高位を更新。

リリース形態は、DVD付が2種類に通常盤が1種類で計3パターン。前作と変わりない。

少しずつファンを獲得していっているのか。売上げは上がっているはずなのに、不思議とあまりそういう印象を受けない…。

やはりファンが固定しきっていて、ファン以外は買わないという状態が強すぎる…。

来月にはアルバムのリリースがあるので、それを見ると多少は固定じゃないファンの増え具合がわかるかも。

以下ピックアップ。

第10位 Royal Chocolate Flush  /MISIA

MISIAの20枚目のシングルが初登場で10位。

初動売上げは1.2万枚。前作『ANY LOVE』の初動1.4万枚からダウン↓

前作も今作も何とかTOP10にはランクインしているんだけど、このままだと次回作あたりでTOP10陥落しそう…。

MISIAは今年でデビュー10周年。あの『つつみ込むように』からもう10年経ったということになる。

エイベックス系のレコード会社から再び離れるということで、今年は何とかシングルで巻き返しをしたいところだ。

そもそもシングル売上げが減少した要因にエイベックス恒例のベスト乱発があるのだろうから。

~今日のふといいなぁ~
♪ポケット by 大塚愛

2008年1月16日 (水)

サボるならストってくれ

大学の労働法の講義で「サボる」の正しい使用法を習いました。

若者をはじめ多くの人が「サボる」を「無断で行かない」という意味で使っているけどそれは間違いだ!と言い張る教授。

「サボる」は妨害をするといったことを意味するフランス語「サボタージュ」から生まれた言葉。

なので、教授曰く、「無断で講義に出ない」のはサボタージュというより、ストライキなのだそうです。「ストる」なのだそうです。

教授は、今てめえらがしている私語のほうが講義の妨害になるから「サボる」なんだよ!ということを言いたかったのかな。

後ろの奴らがうるさくてごめんね、女子アナ大好き先生。

まぁ別に「ストる」でもいいけどさ…ちょっと体重気にしている人はドキっとするじゃん?
最近、なんかストった?とか言われたら。

ど~でもいいですよ。

~★~☆~

ではチャートチェックにうつります!

本日は12/17付けシングルチャートに突入です。まだまだ2007年です!

ではではさっそく、

12/17付けオリコンウィークリーシングルチャート、第1位はこの曲!

第1位 ダーリン /桑田佳祐

桑田佳祐の07年3作目のシングルが初登場で1位を獲得!おめでと~(^o^)/

初動売上げは9.4万枚!前作『風の詩を聴かせて』の初動9.3万枚からほぼ変化なし。

07年ソロ活動一発目の『明日晴れるかな』は月9タイアップの効果もあって初動16.8万枚、累計で35.9万枚を売り上げた。

しかし、前作で大きく失速。ソロシングルで初めて初動10万枚を下回ることとなった。

今作の初動もどちらかと言うと、前作に近い数字。ドラマ効果などを除いたときのファンの数はだいたいこんな感じなのかもしれない。

リリース形態は前作と同じで初回と通常の2パターン。ただし、今作は初回に「バッジ」がついてくる(いつもはだいたいステッカー)。

夏に多くのリリースが固まるサザン、そして桑田佳祐。なんと今作が彼の長い音楽活動で初のシングル12月リリースとのこと。過去に冬の名曲も多く放出しているのでこれは意外。

第2位 BLADE CHORD  /abingdon boys school

a.b.s.の4枚目のシングルが初登場で2位を獲得!

初動売上げは2.7万枚。前作『Nephilim』の初動2.7万枚と変化なし。

デビューからシングルをリリースするたびに初動を落としていたのだが、ここで一旦下げ止まり。

タイアップは、WiiとPS2のゲームソフト『戦国BASARA2 英雄外伝』主題歌。初回盤にはステッカーが封入。

やはりアニメじゃないとタイアップ効果はそこまで大きく出ないみたい。

ただ、周囲の低レベルも手伝ってシングル自己最高の2位をマーク。

このシングルの前にはデビューアルバムをリリースしているのだが、それによるファン離れはなかったようだ。

~今日のふといいなぁ~
♪夏日憂歌 by SMAP

2008年1月14日 (月)

追加更新連絡

10日記事の12/10付けシングルチャートの7位と8位を追加更新しておきました。

この週はリリースが多くて、一気に書き切ることができていなかったので…。

本日はこれだけです!やること山積みだからです!

明日は…

論文提出日です!

徹夜です!

明日は7時起きです!

~今日のといいなぁ~
♪Goodbye To You  by Michelle Branch

2008年1月13日 (日)

シングルチャートが危険信号!

論文やらエントリーシートやら試験やら…あいかわらず忙しいっす。

ただ、月曜日の講義の試験は一足先に終わっているので、3連休はちゃんと時間を使えそう!さっそく今日はいっぱい寝ました。

で、さっきふとオリコンのチャートを見てみると…

なんじゃこりゃ~っ!?

ですよ。

毎年この時期は新譜がほとんど出ないためにチャートはかなり冷え込むんですが、今年は例年の比じゃないです…。例年が北海道なら、今年は北極。

昨年途中からTOP3のみですが発表されるようになった指数。ここから今週の売上げラインを見てみます。

今週シングルをリリースした数少ないTOP10入り経験ありアーティストがAAA。

このAAAのシングル『MIRAGE』はデイリー4日間を消化して指数合計が…わずか9655…

どいひ~。

これに毎度おなじみ『デイリー⇒ウィークリー』の変換数値1.75を乗じると売上げは…

1689625(枚)

低っ…。これ、現時点で1位の曲の売上げですよ…。

AAA以外にデイリー4日間ずっとTOP3入りをしていて指数がわかっているのは、昨年末からジワジワと売上げを伸ばし、紅白出場を果たして「第二の千の風」とか言われている、すぎもとまさとの『吾亦紅』。

この曲のデイリー5日間(新譜じゃないので月曜から集計)の指数合計は8423…。

これに1.75をかけると、1474025(枚)。

どっちにしろ、救い無し!

このままいけば間違いなく、長いオリコンの歴史で最低週になりますな!

1位争いしている2曲がこの異常なまでの低水準なのだから、3位以降はもうどうなるか想定もつきませんね。

ひょっとしたら、
「今週1万枚以上売れた曲は2曲でしたぁーっ!」

という恐怖の結末が待っているかもしれない。お楽しみに。

~☆~★~

ではでは、最新チャートの話から少し時間軸を戻します。

チャートチェックです!

本日も昨年のチャートです…。12/10付けアルバムチャートを見ていきます。

ではでは、さっそく…

12/10付けオリコンウィークリーアルバムチャート、第1位はこの作品!

第1位 自己ベスト2 /小田和正

小田和正の2005年6月の『そうかな』以来のアルバムが初登場1位を獲得!おめでと~(^○^)/

初動売上げは17.6万枚!前作『そうかな』の初動17.1万枚から微上昇↑

上昇したといっても『そうかな』はオリジナルアルバムで、今作は名前のとおりベストアルバム。

たった0.5万枚の上昇に終わったのは少し寂しい印象を受けずにはいられない。

というのは、初代『自己ベスト』は累計200万枚を超える大・大・大ヒットを記録しているからだ。

ただ、この結果は順当なもの。

初代には『ラブ・ストーリーは突然に』、『さよなら』、『言葉にできない』、『愛を止めないで』など誰もが一度は聴いたことがあろう名曲が多数収録されていた。

それに比べ、『~2』にはそういう楽曲が少ない。月9主題歌としてヒットした『こころ』とカバーされている『生まれ来る子供たちのために』くらいか…。

シングル曲も多く収録されているものの、それらの多くは前作『そうかな』に収録されていたもの。他のシングルはリリースがかなり昔で、売上げもさほど高くない。

それにしても、ソロになってから今作ですでに4作目のベストアルバムである。「一人エイベックス」みたいになってしまっている。

それでもある程度の売上げを記録するのはすごい。4つのベスト内で重複してる曲がわんさかあるのに。

今作の1位獲得で、「オリコンアルバムチャート週間1位獲得 最年長記録」を更新。

その年齢、60歳3ヵ月である。でも小田さん、フェスでは走り回ります。まさに生ける伝説。

アーティストに定年退職がなくてホントによかった。
 

第2位 FUNFAIR  /RIP SLYME

RIPの6枚目のオリジナルアルバムが初登場2位にランクイン!

初動売上げは6.9万枚。前作『EPOCH』の初動7.8万枚からダウン↓

前作の際は前々作から半減以下という衝撃的なダウンであったが、今回はそこまで大きなダウンにはなっていない。しかし、下げ止まりもしていない。

シングル曲はオリジナルアルバム中最少の2曲。そして、どちらも(とくに『SPEED KING』は)売上げが振るわなかった。それがダウンの原因の1つか。

ただ、タイアップ付きの楽曲はシングル2曲+配信先行曲2曲+初収録曲の計5作ある。でもやはりシングルのヒットがないときびしい。

TOP3入りはベストアルバム『グッジョブ』以来となる。順位的には多少存在感を見せられたかな。

第3位 KISS /L'Arc~en~Ciel

先週1位から2ランクダウン。

2週目の売上げは4.7万枚。先週の初動22.1万枚からやはり急激ダウン。固定ファン型らしい2週目である。

1週目からの下落割合は前作よりちょっと高い。でもやはり安定している。

~今日のふといいなぁ~
♪言葉にできない by 小田和正

2008年1月10日 (木)

YUI、NEWシングル『Namidairo』リリース!

YUI、NEWシングルリリースけって~い!

イエ~イ!(*^▽^*)/

どうした?今更、って言わないで…。

カップリングはまだ未発表ですが、とりあえず現時点での詳細をHP情報と私の勘を合わせて!

~・~・~・~

11th SINGLE
2007.2.27 release!
『Namidairo』


01. Namidairo
02.
カップリング
03. LOVE & TRUTH~YUI Acoustic Version~
04. Namidairo~Instrumental~


初回生産限定盤 ¥1,575 (tax in)
通常盤 ¥1,223 (tax in)

初回生産限定盤DVDには「Music Video」とDVD「Thank you my teens」未収録ライブ映像を予定。

ABC・テレビ朝日系連続ドラマ「4姉妹探偵団」主題歌。

~・~・~・~

だそうです!

今回も通常盤と初回限定盤が存在。ただ、CD収録内容に違いはないようでホッとしました。

いやぁ~アルファベットにこだわりますね!意地でも『涙色』にはしないようです。

リリース日は2/27ということであと1ヵ月半くらい。同日リリースにただ今人気絶頂のEXILEがいるので今回は1位はオアズケかな。

とりあえず楽しみです。あとYUIはTV出演怖いので少な目でいってほしいです…。

~☆~★~

ではでは、チャートチェックにいきます!

前回の続きで12/10付けシングルを見ていきます。本日は第3位からですね。

ではではさっそく、

12/10付けオリコンウィークリーシングルチャート、第3位はこの曲!

第3位 Keep the faith  /KAT-TUN

先週の1位から2ランクダウン。

2週目の売上げは3.7万枚。先週の初動35.1万枚から毎度恒例のジェット急降下↓

一気におよそ10分の1にまでなってしまった。すごい…。

降下の割合は前作以下。ただし、初動が前作よりも5万枚程度高かった分、数字的には前作2週目よりも高い。

氷室京介作曲という話題性で2週目以降の売上げも期待されたが、やっぱりファン以外はついていかなかったみたいだ。

ちなみに、2週間の売上げで前作の累積売上げを超えた。初動が5万枚高いというのはジャニアイドルにしてはかなり大きい。

第4位 RED RIBBON Spiritual Song ~生まれ来る子供たちのために~ /AIDS チャリティ Project

豪華メンバーが多数参加したチャリティプロジェクトのシングルが初登場で4位にランクイン。

初動売上げは3.5万枚

メンバーは、絢香、小田和正、加藤ミリア、TAKURO(GLAY)、TAKE(SOS)、TERU(GLAY)、一青窈、RYO(ケツメイシ)、若旦那(湘南乃風)。

一人ひとりはかなり知名度の高い人たちなんだけど、あまりにいろいろいすぎて、それぞれのアーティストのファンはかなり動きにくかったと思われる。

元々はオフコースの楽曲なのだが、かなりアレンジされており原曲の雰囲気はほぼなくなっている。

特に、若旦那とRYOのラップの部分ははじめ聴いたときにはかなりビビッタ。オフコース(小田和正)の楽曲にラップというのは…ね。

個人的にラップもいいと思うんだけど、若旦那のパートの部分の音質がラジオ以下くらいに悪い。はじめにCDを入れたときはプレーヤーがぶっ壊れたのかと思った。

敢えてこうしているのか。スケジュールの関係等でこうなってしまったのか。

どちらにしても、これだけはどうしても受け容れられなかった。

以下、ピックアップ。

第6位 付き合ってるのに片思い  /Berryz工房

ハロプロ系アイドルの15枚目のシングルが初登場6位。

初動売上げは2.8万枚。前作の初動2.2万枚から大きく上昇。

発売記念イベントへの応募券が封入されていたらしいのだが、それは前作も同様。よって上昇要因はまったくわからない。

ただ、自己最高初動を記録。

最近のハロプロ系の主力はモーニング娘、このBerryz工房と同じくらいの年齢の℃ute。そしてこのBerryz工房。

そして、なんとそれぞれの最新シングルの初動が全て2.8万枚で並ぶという奇妙な状況に。(モー『みかん』初動2.8万枚、℃『都会っ子純情』初動2.8万枚、B工『付き合ってるのに片思い』初動2.8万枚)

ただ、端数処理をしないで1枚単位まで見ていくと、最も高いのは今回のBerryzということに。つまり…

なんとハロプロ系の元祖であるモーニング娘の初動を超えてしまった。

ハロプロ系のトップはこのBerryz工房ということに。とは言ってもモー娘以上に知名度がある一定の地域の人たちに固まりすぎているため、こんな現状になっていることはチャートファン以外知りえないだろう。

第7位 Destination Nowhere /ERIKA

沢尻エリカことERIKAの2枚目(沢尻としては3枚目)のシングルが7位に初登場。

初動売上げは2.7万枚。前作『FREE』の初動5.0万枚から一気に半減近いダウン↓

もともとこの週は1位確実というビッグネームのリリースがなく、TOKIOがKAT-TUNから避けてきたなかでも誰が1位になるかは予想しにくかった。

TOKIOが1位を獲れば、ジャニーズの4週連続シングル1位というアーティストたちにとっては少し気の毒な記録が完成してしまうという状態であった。

それを阻止できる可能性をもっていたのがこのERIKAだった。前作が初動5万枚で1位を獲得していたからだ。

しかし、結果は見てのとおりの大下落で順位も7位と沈んだ。そして例の記録は完成した。

タイアップはドラマ「モップガール」主題歌&カップリングが「王様のブランチ」ED。タイアップとしては問題ないのだが…。

沢尻はこのシングルのリリース2ヶ月前に、例の「別に…」騒動を起こしていた。CD売上げにも少なからず影響したとみて良いだろう。

今作も作曲・編曲にCOZZiを起用。ちなみにCOZZiの本名は廣田コージ。昔、永井真理子のバックバンド、楽曲提供をしていた人物だというのはコアなお話…。

第8位 I SHOULD BE SO LUCKY/愛コトバ  /mihimaru GT

mihimaru GTの15枚目のシングルが初登場で8位にランクイン。

初動売上げは2.4万枚。前作『俄然Yeah!』の初動2.5万枚から微ダウン↓

とはいってもほぼキープ。

ただ、前作はCMタイアップで今作はドラマタイアップ。普通に考えれば、ドラマのほうが強いような気がするのだが、そこまで効果はなかったようだ。平均視聴率が12%程度なので仕方が無いか。

今作はカイリー・ミノーグのカバー。ただ、原曲には当然ラップはないし、雰囲気もかなり違う。

なので、カバーだからという理由での買い控えはあまりないと思うんだけど…。

~今日のふといいなぁ~
♪サヨナラ59ers! by DREAMS COME TRUE

2008年1月 9日 (水)

ABCの地味な快挙。

あぁ~また更新を途絶えさせてしまいました…。

やっぱ忙しいや。もうHDDが破裂寸前ですもん。見ようと思って録画していた年末年始の特番をほとんど見れていないんで…。

ホントはいろいろ書きたいことあるんですけどね~。YUI&チャットのNEWシングルがリリース決定したり、あゆが左耳聞こえなくなったり…音楽ニュースがなまらあったんで。

ただ、とりあえずチャートチェックの遅れが危険レベルに達しているのでそっちを優先していこうと思います。

本日は12/10付けチャートにやっとこさ突入です。

もう年も越しちゃったんで昨年の12/10付けってのが相応しい表記かもしれないけれど…。

ではではさっそく、

12/10付けオリコンウィークリーシングルチャート、第1位はこの曲!

第1位 青春(SEI SYuN)  /TOKIO

TOKIOの38枚目のシングルが初登場で1位を獲得!おめでと~(*^_^*)/

初動売上げは4.6万枚!前作『本日、未熟者/Over Drive』の初動4.5万枚からほぼ変化なし。

ただ、周囲に強敵がいなかったため1位をゲットした。シングル1位獲得は『宙船』以来となる。

この曲のリリースに至っては、もともとのリリース日が後輩のKAT-TUNと重なったために、当初のリリース日から1週延期されたという経緯がある。

まぁ、仲間同士でつぶし合う必要なんてまったくないんだし正当なやり方ではある。しかし、これによって11月の新譜チェックのときに危惧していた…

4週連続ジャニーズ1位

が完成してしまうことに。

07年11月のシングルチャート1位はジャニアイドルが全週制覇。音楽業界の悲しい現状を物語る1ヶ月となった。

ただ、TOKIOの売上げはジャニーズとしてはかなり低調なものであり、楽曲も他のジャニとは方向性が違うように思われる。

それは今作の楽曲提供者が長渕剛だということからもわかる。

聴いて2秒で長渕のそれだとわかる「うぉ~おぉ~お おおおおぉ~」

これをSMAPや若手ジャニが歌うとかなりの違和感が出そうだが、意外としっくりくるのがTOKIOの、長瀬の凄さか。

『宙船』の大ヒットの流れで始まった「歌謡ロックシリーズ」であるが、ヒットしたのは『宙船』だけで他の作品は滑りまくる結果となった。

第2位 愛してない  /Acid Black Cherry

Janne Da Arcのヴォーカルyasuのソロプロジェクト、Acid Black Cherry(以下ABC)の3枚目のシングルが初登場で2位にランクイン!

そして初動売上げにおいて、記録的なことを達成することに…。

初動売上げは3.9万枚!前作『Black Cherry』の初動3.5万枚から上昇↑

実はこの上昇はかなり記録的なことだったりする。

バンドのヴォーカルのソロ作品が2作連続で上昇するというのは実はかなり珍しいことなのである。

大抵の場合はデビューシングルが話題性もあり、バンドのファンが試しに買ってみる場合も多いため、ある程度バンドのファンを取り込めるため最高初動となるケースがほとんど。

しかし、ABCに関してはそれがまったくもって当てはまらない。

ABCのデビューシングル『SPELL MAGIC』の初動は3.2万枚。そこからわずか2ヵ月程度でリリースされた2nd『Black Cherry』は初動3.5万枚に上昇。

実際のところ、このデビュー⇒2ndにおいての上昇の時点でかなりの快挙。

そして、今作で再び上昇。長い間チャートを見てきているがこんなことは初めてじゃないかと思うくらいレアである。

あのラルクのHYDEでさえ02から03年にかけて行われたソロ活動では一度も「上昇」を経験することはなかった。桑田佳祐も2ndでダウンしている。

ソロでの楽曲はバンドのときの楽曲と方向性が違うことが多く、はじめはバンドからの流れでついていっても次第に離れていくのが通常。

今回ABCがその逆となったのは、楽曲の方向性がジャンヌのときとさほど変わりなかった&楽曲の出来がジャンヌファンを唸らせるものだったがために、「ソロだから…」といったん離れたファンを呼び戻したという可能性が高い。

それは、ジャンヌ自体が固定ファンがっちり型で新規ファンがほとんどのつかないタイプなので、ソロになってからファンが増えるとは考えられないからだ。

とりあえずこの2連続上昇は異例の出来事である。

ただ、これほど脚光を浴びない快挙も珍しい。

~今日のふといいなぁ~
♪キマジメ by TOKIO

2008年1月 2日 (水)

有難迷惑荷物

昨年末、実家のほうから荷物が届きました。

今年は年末に帰省しないということを昨年、前々から親に言っていました。北海道に帰省すると5万円以上かかるので、その分を食糧にして送ってくれたんです。

が…

まず、おかしかったのは荷物の大きさ。

引越しのときとかに使うでっかいダンボールありますよね。あれが突然わが家に到着しました。

そんなデカい箱を抱える運送屋の人を見て、うわ…重そう…と思ったんですが、意外に軽い。振ってみるとシャカシャカって音が。

さっそく開けてみる。

080101_23260001

やったぁーっ!!(-^▽^-)/

知ってます?「やきそば弁当」って言います。北海道限定のカップ焼きそばです!CMはタカトシです!

麺自体は本州にあるものとそんなに変わらないんですが、この「やき弁」には中華スープがついているんですね~。

通常のカップ焼きそばは、茹で汁はすべて捨てますよね。その脂ぎった茹で汁を中華スープを作るのに利用しちゃうんですね~。

太るぞぉ~どさんこ。

そうです!何か送ってほしいものあるかい?って親からメールが来たとき、「やき弁」!って即答していたんでした。

これは素直に感謝!でも…明らかに…

多すぎ。

置く場所ないし。毎日食うわけじゃないし。ちなみにこれ1個ちょい辛を食った後なので実際はプラス1個ありました。

ん?なんかまだいろいろ入ってる…

080101_23430001 奥に見えるは「やき弁タワー」

なんじゃこりゃー!?

なにやら奥にある「じゃがポックル」ってのはカルビーが北海道限定で販売しているもので、かなり人気で現在品薄状態らしい。

これ食べてみたけど…うまい!「じゃがりこ」を20倍くらいイモ臭くした感じ!…ってなんか美味しい感想に見えない。

あと、おそらく手前のあんこ餅はおばあちゃんのチョイスでしょう。うう…ばあちゃん…元気かな…。

あとは…

チョコ菓子…チョコ菓子……チョコ菓子!!

うちの親はわが子を糖尿に陥れるつもりですかね。

ただ、わが子がチョコ好きだって親はわかっていたんですねぇ。親は何でも見ているんですねぇ…(ノ△・。)感涙

でも母さん…

このコアラのマーチとかプッカとかポッキーとか…

こっちでも売っとるわ!!

なぜわざわざ遥か遠く北国から送る!? 

 

さて結集させてみましょう。

080101_23450001_2 ぐわしゃ

明日から無人島にいく人の前日みたい…。

「やき弁」とお菓子以外にも、ゼリーやら北海道の千秋庵っていう和菓子屋のお菓子詰め合わせとか…。

いや、ありがたいんですよ!ありがたいんですけど…

置くとこないって!

6畳程度のこの部屋のどこにこれだけの量の食べ物を保管する場所があると判断したんだろ…。マイマザーはときたま珍行動にでます。

もういろんな隙間に詰め込んどこうかな。向いのホーム、路地裏の窓…
 

~今日のふといいなぁ~
♪パーフェクトライフ by B'z

2008年1月 1日 (火)

あけおめ!

「曙…汚名返上もう無理だわ…おまえ…」の略です!

大晦日の夜、元横綱の曙がなんかギャグ格闘(ハッスルってやつ?)に出てましたね。ボノちゃんとか言われて、なんかコントみたいなことやってるのちらっと見ました。

現役の力士が仮病でサッカーしたり、元横綱がコントをしたりと相撲界はもうぐだぐだですね…。

そんなこんなで…

年が明けたぁー!

明けましておめでとー!

いやぁ、絵に描いたような「何もしない1日」を堪能させていただいております。まだまだ「何もしない1日」楽しみます。

といっても、やらなきゃならないことは山のようにあるんですが。

SPIの勉強もほぼ0だし…。エントリーシートもいろいろ期限迫ってきているし…。てか、書き方わからない。

エントリーシートに貼る写真を撮ってきてないし…。てか、どこで撮るか知らない。

あと、今年はCDの売上げが心配。ヒット曲は出るんだろうか。昨年は50万枚以上売れた曲が2枚でしたからね…。急激にCD売上げが下落した1年でした。

アルバムでも、浜崎あゆみ・大塚愛・スキマスイッチ・オレンジレンジなどなど…ベストアルバムでさえミリオンに届かないという厳しい現実が見えてしまった1年でした。

うぅ、いろいろ悩みは尽きないけど、年末に録画したすべらない話でも見ながら、北海道から送られてきたいくらでも食って、まったり1日過ごそっと。

明日からがんばろう。あぁダメ人間だ。

~☆~

と言いたいところですが、元旦でもまったりしていられません!チャートチェックです!

なぜならまだ昨年の12月付けに突入したところだから!遅れすぎです<( ̄口 ̄)>

本日は12/3付けアルバムチャートをチェック!

ではではさっそく、

12/3付けオリコンウィークリーアルバムチャート、第1位はこの作品!

第1位 KISS  /L'Arc~en~Ciel

L'Arc~en~Ciel、5ヶ月連続リリースの第5弾、11枚目のアルバムが初登場で1位を獲得!おめでと~(^▽^)/

初動売上げは22.1万枚!前作「AWAKE」の初動22.5万枚から微ダウン。

ただ、前作からリリース間隔がおよそ2年5ヶ月空いている。

はっきりいって、恐ろしいほどの安定感。

他のベテラン勢が軒並み数字を落としていくなか、これは驚異的。ジャニアイドルでもここまで安定はしない。

今作にはおよそ2年4ヶ月前のシングル『Link』から、アルバム1週前リリースの『Hurry Xmas』までシングル5作品を収録。

今回はアルバム曲よりシングル曲で挑戦した曲が多いとメンバーが語っていたとおり、その分アルバム曲はすべてかなり聴きやすい。

ラルク屈指のメロディメーカーtetsuとロックナンバーの得意なkenはもちろん、クセのある楽曲が多いyukihiroの楽曲まで、かなり馴染みやすいものが多い。

今まで聴かず嫌いをしていた人もこのアルバムならあっさり聴けるのではないかと思う。

ちなみにhydeの一番好きな曲は『雪の足跡』とのこと。

第2位 ダレカの地上絵 /Aqua Timez

Aqua Timezの2枚目のフルアルバムが初登場2位にランクイン!

初動売上げは5.7万枚。前作『風をあつめて』の初動7.6万枚からダウン↓

これはどうしたことだろう…。

前アルバム以降にリリースされたシングルは『しおり』、『ALONES』、『小さな掌』。

『しおり』はCMソングであり、前作からアニメタイアップがはずれたにもかかわらず大きく数字を落とさなかったことで、ある程度ファン数の確立を見せた。

『ALONES』では再びアニメタイアップ。ここでシングル自己最高初動売上げ&初のTOP3と存在感を見せた。

『小さな掌』は自身初の連続ドラマ主題歌。アニメタイアップがはずれたことと、アルバムの先行シングルであったため初動は落としたが安定した売上げを見せる。

シングルの流れをみていくと、アルバムでここまでダウンする理由がわからない。

ただ、上の3シングルはどれも前アルバム収録のシングルに比べ累積売上げが伸びていない。でもそれにしたって最低キープくらいの勢いはあったはずだ。

これはもしかすると、予想以上に固定ファンがついていないのかも…。08年に向けて少し心配な結果となった。

~今日のふといいなぁ~
♪ひとりごと by BUMP OF CHICKEN

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ