Twitter

  • 私服ツイート

« 勢いづくテクノポップアイドルユニット! | トップページ | TOP3はオール10万越えの高水準週! »

2008年5月25日 (日)

1位のはずが…WaT失速。

話の種もないので、早速チャートチェックに入っていきます。

本日は前回の続きで、1/28付けシングルチャートを見ていきます。本日は第4位以下をピックアップしていきます。

ではでは、さっそく、

1/28付けオリコンウィークリーシングルチャート、第4位はこの曲!

第4位 夢の途中/TOKIMEKI☆DooBeeDoo /WaT/e2

ウエンツ瑛士と小池徹平によるユニット、WaTの約1年ぶりのシングルが初登場で4位にランクイン。

初動売上げは2.8万枚。前作『ボクラノLove Story』の初動5.5万枚から一気に半減近くまで下落

もともとはこのWaTがこの週の1位獲得大本命だった。

他のメンツを見ても、初動売上げが5万枚を超えた経験があるのが、このWaTだったからだ。(東方のハイタッチ会でのドーピングシングルを除く)

しかし、終わってみるとPerfumeにまでも敗れて4位。まさかここまで急降下するとは…。

07年は活動を休止し、2人ともソロ活動に専念していたため、WaTとしてのシングルのリリースはなかった。

なので、リリース間隔が1年以上空いてしまっている。

それにしたって、昨年のそれぞれのソロが収録されたシングル(『Awaking Emotion 8/5/my brand new way』)が初動3.7万枚出ていたことを考えると、かなり低調な数字となってしまった。

やはり下落の要因は昨年末に、オリジナルアルバム1枚という状態でリリースされたベストアルバムだろうか。出すのが早いとかそういうレベルの話じゃない。ドイヒー。

もともと固定的なファン以外にまで浸透していくタイプではないので、その大切な固定ファンにベストで見切りをつけられてしまったとなると、今後かなり危ない。

とりあえず、ジャニーズ以外の男性アイドルはホント息が続かない。

この週3位のPerfumeくらい音楽性が認められないとジャニーズ以外の男性アイドルが生き抜いていくのは厳しいのかもしれない。いっそのこと…

WaTもテクノへ移行か。

以下ピックアップ。

第6位 BE FREE/涙空 /GReeeeN

覆面ユニットGReeeeNの5枚目のシングルが6位に初登場。

初動売上げは2.2万枚。前作『人』の初動2.2万枚から変化なし

昨年、シングル『愛唄』とアルバム「あっ、ども。はじめまして。」が大ヒットを記録し、一気にチャートを駆け上った彼らであったが、そのブレイクの後にリリースされた前作が思った以上に伸び悩んでいた中でのリリース。

やはりここ最近は、楽曲人気の数倍、アーティスト人気をつけるのが困難らしく、昨年あれほど煽られたにもかかわらず、シングルの初動売上げは伸びてくる様子が見られない。

まぁ、今回は横ばい状態なのでダウンしてしまうよりはマシだが、いつまで耐えられるかといった感じ。

今作は初の両A面シングル&初の映画主題歌タイアップとのことだったが、売上げが飛躍的に伸びることはなかった。

第7位 WINTERLONG /BEAT CRUSADERS

ビークルのメジャー6作目のシングルが初登場で7位。

初動売上げは1.4万枚。前作『GHOST』の初動1.7万枚からダウン

アニメ「獣神演武-HERO TALES-」のOPというタイアップだったが、それほど効果はなかったようだ。このアニメで売上げが増加した例はなく、なかなか前々作の「BLEACH」タイアップのようにはならない。

あとは、リリース間隔が9ヶ月ほど空いたのもダウンの要因かもしれない。

前作は1.7万枚で12位だったが、今回は売上げを下げながらもTOP10入り。順位なんてリリースする週次第であるということがよくわかる。

第8位 あなたがいる限り~A WORLD TO BELIEVE IN~ /伊藤由奈×セリーヌ・ディオン

伊藤由奈とセリーヌのコラボシングルが初登場で8位にランクイン。

初動売上げは1.2万枚。前作『Urban Mermaid』の初動1.2万枚と変わりなし

「au LISMO」CMソングとして流れまくっていたのだが、思ったような効果は出ずといった感じ。

もう伊藤由奈のファンが減少かつかなり固定化してきているので、どれだけCMで流れてもダメなのかも。

今回のデュエットを申し出たのはセリーヌのほう。伊藤由奈がセリーヌのタイタニックの曲をカバーしているのを見て、感銘を受けたらしい。

伊藤由奈側から見れば10枚目のまっさらな新曲ということになるが、セリーヌから見ると自身のアルバムからの2枚目のシングルカットということになる。

あれだけCMで流れまくっていただけにここで一気に上昇といきたかったが、そう甘くはなかった。

数年前にはタイアップの覇権的な存在だったau LISMOタイアップも、かなり当てにならない感じになってきた。

最近は、CMやドラマのタイアップなんかよりも、複数枚購入を促すリリース方法で固定ファンから一気に搾取するほうが効率が良いようだ。

~今日のふといいなぁ~
BURN -フメツノフェイス-  by B'z
グライダー  by オトナモード

« 勢いづくテクノポップアイドルユニット! | トップページ | TOP3はオール10万越えの高水準週! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 勢いづくテクノポップアイドルユニット! | トップページ | TOP3はオール10万越えの高水準週! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ