Twitter

  • 私服ツイート

« B'zがついに初動15万割れ…。 | トップページ | サザンが加速!1週で年間TOP10入りのペースに! »

2008年8月 7日 (木)

サザン30周年記念シングル、ぶっちぎりのスタート!!

今週の新譜がランクインしてくる火曜付デイリーチャート。

1位に立ったのは、サザンオールスターズ『I AM YOUR SINGER』!

そして、初日指数は驚愕の54115!!

なんと発売1日で94701(枚)を売り上げたことになる。

サザンは昨年の4月に桑田佳祐がソロ活動を発表したことによって、バンド活動は実質休止状態になっていた。

ただ、これはサザン30周年に向けての充電期間とされており、多くのファンが今年の活動を心待ちにしていた。

そんな中、今年5月19日、09年以降の無期限活動休止が発表されることに。

多くのファンが驚き、メディアも大きくこれを取り上げた。あのNHKも一大ニュースとして取り上げるほどの反響であった。

その無期限活動休止報告と同時にリリースが発表されていたのが今作。

その話題性から売上げを一気に伸ばしてくることは大いに予想できたが、まさかここまで加熱してくるとは。

サザンがどれだけ多くの人に愛されているバンドなのかがよくわかる結果となった。

 
サザンの前作は06年の『DIRTY OLD MAN~さらば夏よ~』なのだが、この時点ではオリコンは指数を開示していなかったため、サザンの指数推移がわからない。

そこで、参考程度ではあるが、昨年の桑田ソロ活動のシングル『ダーリン』をもとに指数推移予測をアウトプットしてみた。ひとつの可能性だと思って見てもらえると幸いです。

I_am_your_singer1

Iays

上のExcelの画面にも出ているとおり、なんと初動が30万枚を超えるという結果が導かれる。

今年に入ってからは、ジャニーズアイドルを除くとなんとシングルの初動30万枚越えはゼロ。

08年アーティスト初の初動30万枚越えなるか、非常に楽しみなところだ。

30万枚越えのためのポイントは明日発表の水曜付指数にありそう。

今作は30周年記念シングルということで、法被がついてくる30万セット限定のボックスがある。

この限定ボックスはリリースの決定と同時に予約が殺到したそうなので、初日指数の高騰がボックス予約分が全て加算されたためのものなら、デイリー2日目に急落する可能性もあるからだ。

明日発表の水曜付デイリーの指数には大きな注目が集まりそうだ。

では、チャートチェックにいこうと思います。

本日も前回に続き4/28付シングルチャートを見ていきます。本日は4位以降をいくつかピックアップ。

ではさっそく…

4/28付オリコンウィークリーシングルチャート、第4位はこの曲!

第4位 Double-Action CLIMAX form  /モモタロス・ウラタロス・キンタロス・リュウタロス・デネブ(関俊彦、遊佐浩二、てらそままさき、鈴村健一、大塚芳忠)

「仮面ライダー電王」のキャラソングがまたもランクイン!

初動売上げは4.8万枚!

この「電王」の関連曲は3月にもリリースされており、その『Double-Action Wing from』の初動は1.9万枚だった。

この曲のリリースされた時点でもう「電王」の放送は終了していた。

ただ、今作は放送終了している「電王」と現在放送中の「キバ」の合同出演の映画「仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事」の主題歌。

「電王」復活の波に乗って、見事もう一発当てたといった感じだ。

それにしても、同じ曲を何度もリアレンジリリースして、その度にTOP10入りしてくるとは…。

おいしすぎる。

第5位 汽車に乗って  /YUKI

YUKIの17枚目のシングルが初登場で5位にランクイン。

初動売上げは2.5万枚。前作『ワンダーライン』の初動2.3万枚から上昇

今作はかなり今までと(特に蔦谷時代とは)路線の違う楽曲なのだが、ファンに避けられたりせずに安定した数字を出してきた。

上昇についてはおそらくリリース形態のため。

今作はYUKI自身初のDVD付初回盤のリリースがあった。

上昇した0.2万枚はこのDVD付で購買意欲が上がったファンの分と捉えていいだろう。

第6位 Mirrorcle World  /浜崎あゆみ

先週の1位から5ランクダウン

週間売上げは2.1万枚。先週の初動14.6万枚から急降下 一気に初動の7分の1程度にまで落ちた。

これは初動売上げは今作の半分程度だった前作『talkin' 2 myself』の2週目1.9万枚とさほど変わらない。思いっきり不自然。

こんなところからも「1週目に何かした」というのがバレバレになってしまう。

前週に熾烈な1位争いを演じた羞恥心がこの週も2位で粘っているところからも勢いの違いが目に見えてしまう。

第7位 帰りたくなったよ  /いきものがかり

いきものがかりの9枚目のシングルが7位に初登場。

初動売上げは1.9万枚。前作『花は桜 君は美し』の初動1.4万枚から上昇

前作はアルバムの先行シングルにもかかわらず普段とそんなに変わらない数字を出していた。

前々作、その前と初動1.6万枚が続き、前作が1.4万枚。

ここで、アルバムリリースがあって、初のアルバム2位を獲得して、今作リリースという流れ。

タイアップは映画「砂時計」主題歌だが、リリース時点では公開されていなかったため効果は薄かったと思われる。

そうなると、アルバムでシングル買いのファンを増やしたと考えるのが自然だ。

爆発的に人気が上昇しているわけではないが、少しずつコツコツとファンを増やしているといった印象。

リリース戦略で一発ガツンと当てるよりもずっと浸透していっている感がある売れ方である。

NHKで放映されていたライブを見たところ、ファン層が幼い子供からその子のおじいちゃん、おばあちゃん世代までとかなり広いよう。

入れ替わりの激しいこの業界で生き残っていくために、これは大きな強みであるといえる。

~今日のふといいなぁ~
音色  by KREVA

« B'zがついに初動15万割れ…。 | トップページ | サザンが加速!1週で年間TOP10入りのペースに! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« B'zがついに初動15万割れ…。 | トップページ | サザンが加速!1週で年間TOP10入りのペースに! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ