Twitter

  • 私服ツイート

« ライト層はまるで無視?のTOP5! | トップページ | 嵐の人気、うなぎ上り状態! »

2008年8月14日 (木)

SMAPに初動10万割れのピンチ到来。

いやぁ~、北京オリンピックが徐々に盛り上がって来ました!

やっぱ北島はすごい なんなんだろ、あの安定感。

ただ、その五輪の盛り上がりとは裏腹に、「五輪ソング」たちはかなりの苦戦を強いられているよう。

NHK放送テーマソングのMr.Children『GIFT』は9年ぶりの初動20万枚割れ。

フジテレビ系中継テーマソングのレミオロメン『もっと遠くへ』は初動2.6万枚で、前作の初動2.8万枚を下回る低調なスタート。

そんな中で今週リリースされたのが、TBS系北京オリンピックテーマソングであるSMAP『この瞬間、きっと夢じゃない』

だが、こちらも五輪効果が感じられないほどの不調ぶりとなっている。

当楽曲は、今週の新譜が登場する火曜付デイリーで1位に初登場するものの、その指数は18282となり、前作『そのまま/White Message』の初日指数18575をなんと下回ってしまった。

さらに先ほど発表された2日目指数は14314…。

前作の推移を見るとわかるように、SMAPはフラゲ日とリリース日でさほど変わらない数字を出す傾向がある。

Sonomama

しかし、今回は2日目で早くも大きく指数を落とすこととなった。

この2日分の指数を前作『そのまま/White Message』の推移に当てはめて、指数推移予測をアウトプットするとこんな感じに。

Smap

Smapexcel

なんとこの前作をもとにした予測上では、初動が10万枚を割るという結果が導かれてしまう。スマップピンチ。

五輪テーマソングということで、前作よりもロングヒットをする可能性は高いが、発売1週目はかなり厳しい戦いになっている。

明日以降の持ち直しに期待したいところだ。

では、チャートチェックに移ります。

本日も5/5付シングルチャートを見ていきます。前回は5位までをチェックしたので、本日は6位以降をいくつかピックアップしていきます。

ではでは、早速…

5/5付オリコンウィークリーシングルチャート、第6位はこの曲!

第6位 BURN -フメツノフェイス- /B'z

先週の1位から5ランクダウン

週間売上げは2.5万枚。先週の初動14.2万枚からダウン

ジャニアイドルほどではないものの、かなりの急降下。

ただ、前作が初動18.1万枚⇒2週目2.7万枚だったので、今作はやや粘っているほうか。

しかし、現時点で累計売上げが20万枚に届いておらず、今作でついに長年続いていた累計20万枚ラインを割ってしまうことになりそうだ。

第7位 アメあと  /w-inds.

w-inds.の24枚目のシングルが初登場で7位にランクイン。

初動売上げは2.5万枚。前作『Beautiful Life』の初動2.5万枚からほぼ変化無し。

四捨五入しているため前作から変化なしに見えるが、実は前作25078(枚)で今作24584(枚)であり、僅かながらダウンしている。

約1年前、ずっと守ってきた3万台を割ってから、また下げ止まらない状態になりつつある。

今作はアニメ「家庭教師ヒットマンREBORN!」タイアップであったが、数字を見る限り大きな効果は見られない。

しかし、もしこれが「リボーン」効果が出たのものなら、かなり厳しいということに…。

第8位 時を越えて~Fantastic World~  /WaT

WaTの7枚目のシングルが初登場で8位にランクイン。

初動売上げは2.0万枚。前作『夢の途中』の初動2.8万枚からダウン

前作はリリース間隔を1年以上あけてのリリースということで、前々作の5.5万枚からおよそ半減の大暴落を起こしていた。

今回はそこまでの減少ではないものの、一気に2万台ギリギリにまで連続下落。

タイアップは、USJのアトラクションである「ファンタスティック・ワールド」のCMとのことだが、効果はほとんどなかったようだ。

ただ、アイドルにしてはリリース形態が優しく、イベント参加券や収録曲違いはない。

でも、そろそろジャニーズ商法にも手を出し始めないとヤバイような…。

ただ、この2人は歌手活動以外も活発なので、事務所がそこまで歌に特化させるつもりがないのなら、このままいくことになるかも。

それにしても、WaTといい、w-inds.(アイドル?)といい、男性アイドルは某事務所のもの以外はなかなか続かないな。

第9位 今。 /清木場俊介

清木場俊介の10枚目のシングルが初登場9位にランクイン。

初動売上げは2.0万枚。前作『愛のかたち』の初動2.0万枚と同等。

前作はEXILE時代の楽曲のセルフカバーなども収録されていた。前作の好調はそのためかと思ったのだが、今回セルフカバーなどなしに、前作と変わらない数字を出してきた。

これは徐々にファンがついてきたと捉えていいのだろうか。

EXILEを脱退して早2年。それでまだこれだけの数字を出せているのだから、ファンがしっかりついていると思いたいところだ。

それにしても、この人は高水準な週に当たりすぎな気がする。

このご時世に前作、今作ともに初動2.0万枚も出して、それぞれ10位、9位だなんて。

~今日のふといいなぁ~
GIFT  by Mr.Children

« ライト層はまるで無視?のTOP5! | トップページ | 嵐の人気、うなぎ上り状態! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ライト層はまるで無視?のTOP5! | トップページ | 嵐の人気、うなぎ上り状態! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ