Twitter

  • 私服ツイート

« SMAP、約15年ぶりの初動10万割れ… | トップページ | とまらない嵐!2日で30万越え! »

2008年8月20日 (水)

絶好調の嵐、1日でミスチルの週間抜く!

デイリーチャートに嵐が起こっている。

本日発表の火曜付デイリーチャートには今週の新譜が一斉に登場!

シングルチャートの1位に立ったのは、
嵐『truth/風の向こうへ』!

そしてそして!なんと初日指数は驚愕の…119227!

TOP3のデイリー指数が公表されるようになったのが昨年3月。

この119227という指数は歴代1位の数字ということになる。

そしてそして…これを売上げに換算すると、
208647.25(枚)!!

なんと発売から1日で売上げは20.9万枚。あのミスチルの週間売上げよりも高い。この勢いはホンモノ。

間違いなく現在、嵐はジャニーズ勢No.1の座をほしいがままにしている。

ここで今後の推移予測をしてみようと思う。

まず、参考までに現在、青山テルマを抜き、年間1位となっている前作『One Love』の指数推移をフィードバックする。

One_love

次にこれをもとに、今作『truth/風の向こうへ』の推移をアウトプットしてみると…

Truth

Truthexcel_2

上のExcel上でもわかるとおり、今作も前作のペースで指数が推移していくと、

初動が48万枚を超えるという超絶な結果が導かれる。

こうなれば当然、今年のシングル最高初動。さらに、1週で年間1位にも立つことにもなる。

嵐の今作は、メンバー主演ドラマの主題歌と五輪テーマソングの両A面。両A面は4年ぶりとのこと。

五輪テーマソングはミスチル、レミオ、SMAPと次々に撃沈しているので、嵐にもそれほどの効果はないと思われる。

やはりメンバー主演ドラマの主題歌というのが大きいはず。

さらに、今回は両A面ということを利用してリリース形態が極悪

普段はタイトル曲のPV付初回盤とCDのみの通常盤の2種リリースの嵐。

しかし、今回は両A面ということで当然タイトル曲が2曲ある。ここでジャニーズは2曲のPVをバラバラにするという作戦に走った。

よって、今作はPV付限定盤が2種あり、それらに入っていない曲を収録した通常盤と合わせて全3種リリース。複数枚購入促進商法

前作の初日指数74610に、2種から3種への増加率1.5を乗じると、111915。今作の初日指数にかなり近くなる。

このリリース数の増加は確実に売上げに影響を与えていると言えるだろう。

ただ、このような裏があるとはいっても、嵐の勢いが今物凄いことには違いない。

明日以降の指数にも大注目だ!

さて、チャートチェックに移ります。

前回、5/12付チャートを見終わったので、本日は5/19付チャートに突入です。まずはシングルから見ていきます。

では、早速…

5/19付オリコンウィークリーシングルチャート、第1位はこの曲!

第1位 SUMMER TIME  /NEWS

NEWSの9枚目のシングルが初登場で1位を獲得!おめでと~(^▽^)/

初動売上げは20.1万枚。前作『太陽のナミダ』の初動23.0万枚からダウン

これで2連続ダウンということになるが、それでも20万台をキープ。

これでデビュー曲からの連続1位を9作に伸ばし、KinKi Kidsについで歴代2位になったとか。

とはいっても、「デビュー曲からの連続1位記録」なんてジャニーズのための記録という状態なので、結構どうでもいい。

リリース形態はNEWS恒例の3曲目違いの2パターン。さらにジャケットも違う。複数枚購入促進商法

タイアップは「RUSS-K」CMソング。

前作はメンバー出演の映画主題歌。

前々作は今回と同じタイアップではあったが、今回よりずっとオンエア数が多かった気がする。あしたっからまたにちげつか。

さらに前々作のときには「GReeeeN提供曲」という話題性もあった。

今回はそれらに比べるとタイアップ効果は薄かったようで、さらに楽曲自体それほど耳に残るメロディでもなかったので、ダウンは仕方ないか。

とりあえず、飲酒騒動で一時クビになった不良メンバーたちはいつ帰ってくるのだろう。1人はドラマで復活したはずなんだけど…。

第2位 虹 /Aqua Timez

Aqua Timezの6枚目のシングルが初登場2位にランクイン。

初動売上げは5.5万枚!前作『小さな掌』の初動3.1万枚から上昇

2位という順位も、5.5万枚という初動売上げもともに自己最高を記録。

ドラマ「ごくせん」主題歌ということで一気に数字を上げていた。

ただ、前回の「ごくせん」主題歌だったD-51のあの売れ方を考えると、もっと売れてもよかった気もする。

前回のD-51は当時まだまだ知名度も低くて、ドラマ主題歌で一気に名が広まった感じだった。

それに対して、今回のAqua Timezは既にファンも固まりつつある時期。

すでにアーティスト像が出来上がっているために、ライト層が動きにくかったということも考えられる。

加えて、『虹』は着うたフルがソニー系列の記録になるくらいの大ヒットになっていたようなので、そっちに取られた分もあるかも。

第3位 ダイヤモンドクレバス/射手座☆午後九時 Don't be late /シェリル・ノーム starring May'n

アニメ「マクロスF」のエンディングテーマ&挿入歌が初登場3位にランクイン。

初動売上げは4.3万枚!

この2週前に同じ「マクロス」のオープニングテーマで坂本真綾がTOP3入りしてきていたが、そのときの初動3.1万枚よりも数段上の数字を叩き出してきた。

なんだかこのアニメの人気は尋常じゃないみたいだ。

May'n(メイン)は05年デビューの女性シンガー。今年1月に名義を「中村芽依」から「May'n」へと変更した。

アニメ内のシェリル・ノームというキャラがトップアイドル歌手という設定であり、May'nはそのキャラの歌声担当といったところのようだ。つまり、声優ではない。それが坂本真綾との違いか。

その坂本真綾がロングヒットになり、リリース3週目のこの週も第6位にランクインしている。

よって、「マクロスF」のOP、ED、挿入歌が全てTOP10入りするという驚異的な事態に。こんなことアニメ史上で過去にあったかな。

とにかく、「マクロスF」というアニメの関連曲には今後要注意であると言えるだろう。

~今日のふといいなぁ~
メーデー  by BUMP OF CHICKEN
抱きしめたい  by Base Ball Bear

« SMAP、約15年ぶりの初動10万割れ… | トップページ | とまらない嵐!2日で30万越え! »

コメント

3種嵐>4種KAT-TUNとなれば
嵐はセールス的に見ればジャニーズいや
邦楽界TOPですね
初動48万を超えれば
今年初のシングルハーフミリオンも確定ですし

ミロさん、コメントどうもありがとうございます!
 
4種リリースだったKAT-TUNを余裕で上回るペースですからね!今の嵐の勢いはホンモノでしょう!
 
個人的にはファンが大量に買い占めて、ヤフオクに出品したCDたちがどうなってしまうのかが少し気掛かりです。こうしてヤフオクを見ると、売上げを持ち上げるために大量購入したファンが結構いるんだなとわかります。もう数百枚が売りに出されて…。このような光景を見てしまうと、配信のほうがエコで良いんじゃないかと思ってしまいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« SMAP、約15年ぶりの初動10万割れ… | トップページ | とまらない嵐!2日で30万越え! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ