Twitter

  • 私服ツイート

« 米寿司…タイアップは裏目か? | トップページ | 絶好調の嵐、1日でミスチルの週間抜く! »

2008年8月19日 (火)

SMAP、約15年ぶりの初動10万割れ…

本日朝、オリコンから今週のチャート速報のニュースが届きました。

シングルチャート1位は、先週木曜の記事でも取り上げたSMAP『この瞬間、きっと夢じゃない』!

しかし、その初動売上げは9.1万枚と撃沈。

前作『そのまま/White Message』の初動11.5万枚から2.4万枚近く数字を落とした。

さらにSMAPの初動10万割れは93年の『$10』以来で、今回は約15年ぶりの大不調ということになる。

ミスチル、レミオロメンに続いて、SMAPまでも五輪テーマソングで数字を下げることとなった。

今後はロングヒットできるか否かに注目となる。

最後に、今回のSMAPの指数推移グラフ等をアップしてまとめておく。

Smap

Smapexcel

今回のSMAPはフラゲ日から集計最後の日まで一度も指数が回復ことがなかった。

特に、週末ではこれまでにないような低指数を記録し、「ポニョ」に破れデイリー3位となるシーンが連日に渡って見られた。

さらにデイリー2日目で指数をキープできなかったのも痛かった。

ただ、SMAPはCDのみの1種リリースだということを忘れてはならない。

唯一、知名度が老若男女まで広がっているといえる「国民的アイドル」の出す数字としては少々寂しい気もするが、オマケも何もつけずに戦えるという点では十分評価に値する。

ある意味、1人に何枚も購入を促す商法を用いて数字だけは高い若手ジャニーズアイドルよりも、ずっと立派なのかもしれない。

さあ、SMAPは次回もCDのみでいくのだろうか。そして初動を再び10万台に乗せることはできるのか。次のシングルに期待である。

さてさて、チャートチェックに移ります。

本日も前回に引き続き、5/12付チャートを見ていきます。

前回、シングルチャートの4位までをチェックしたので、本日はシングルのそれ以降。そして、アルバムチャートも一気に見ていこうと思います。新譜が少ない週なので。

では、さっそく…

5/12付オリコンウィークリーシングルチャート、第5位はこの曲!

第5位 蛍  /TUBE

TUBEの48枚目のシングルが5位に初登場。

初動売上げは1.5万枚。前作『みんなのうみ』の初動1.0万枚から上昇

前作は童謡「海」をもとにした童謡に近い楽曲で、完全なる新曲といった感じではなかった。今回、それよりは上昇して、前々作とほとんど同じ数字にまで回復。

ただし、その前々作も今作とほぼ同じ初動ながらTOP10入りを逃していた。さらにその前ももっと高い数字だったのにもかかわらずTOP10入りできなかった。

そんなこんなで、今回は04年12月以来のTOP10入りということになる。

これだけのベテランになってもチャート上に顔を出すとは立派。まあ、今回はちょっと周りの低レベルさが手伝ってはいるけどね。

ここ最近のチャート水準なら、この初動ラインをキープしていけばTOP10入りも続けられそうだ。
 

以下、ピックアップ。

第10位 家族への手紙  /THE ポッシボー

ハロプロ系の新ユニットのメジャーデビューシングルが初登場で10位にランクイン。

初動売上げは0.9万枚

ユニット自体は2年前くらいから結成させていたようだが、これまではインディーズからのリリースだった。

現時点では他のハロプロ系アイドルに遠く及ばない数字であるが、今後どこまで伸ばすことができるだろうか。

というか、一般にまで知名度が広まっていないハロプロアイドルがいすぎて、何が何だかわからなくなってきた…。

前回の記事でチェックした「MilkyWay」とかいうユニットは女子小学生あたりが対象のようだけど、果たしてこの人たちはいったいどの世代に向けて発信されているんだろ。

 
この週は久々に10位1万割れを記録。

ほんの数年前なら「チャートが大変だ」と煽っていたところだが、もうこの程度の低水準なら当たり前になりつつある。

さて、本日はここから一気にアルバムチャートも見ていきます。

チャート上位に新譜がほぼゼロなので、即効で終わります。

ではでは、さっそく…

5/12付オリコンウィークリーアルバムチャート、第1位はこの作品!

第1位 ハード・キャンディー  /マドンナ

マドンナの12枚目のオリジナルアルバムが初登場で1位を獲得!おめでと~(^▽^)/

初動売上げは5.5万枚。前作「コンフェッションズ・オン・ア・ダンスフロア」の初動3.8万枚から上昇

キムタク主演ということで話題になったドラマ「CHANGE」の主題歌が収録されているということで話題にはなっていたが、このアルバムがリリースされた時点ではドラマの放映は開始されていなかった

なので、タイアップ効果爆発といった数字にまでは至っていない。周囲に強敵がいなかったからこそのラッキー1位

ただ、それでも前作の初動を大きく上回っているので、ドラマ開始前から注目度は高かったのだと思われる。

ちなみに、オリコンでの1位獲得はおよそ18年ぶりとのこと。このインターバルは凄い…。

まず、日本には18年続くアーティストがそうそういない。それだけ1つの音楽が長年に渡って愛されることが難しいということだ。

第2位 BEST OF THE BESTEST  /BENNIE K

先週から2位をキープ!

週間売上げは4.3万枚。前週の初動7.4万枚からダウンではあるが、半減よりも上で持ちこたえている。

ベストということもあるだろうが、これはなかなか凄い。

この週は新譜のリリースが少なかったので、先週から引き続きレコードショップの先頭に設置されて、多くの人の目に留まりやすかったのかも。

これで、新規ファンを増やせているといいのだが。来月リリースのシングルの動きには要注意である。

 
以下、ピックアップ。

第10位 音楽版 スシ王子! ORIGINAL SOUNDTRACK

映画「銀幕版 スシ王子!」のサウンドトラックが初登場で10位にランクイン。

初動売上げは1.8万枚

映画のサントラまでTOP10入りさせてしまうのが、ジャニーズの凄さである。

米寿司のときにも書いたが、映画自体はかなりコケ気味だった。にもかかわらずサントラが売れる。

もしかしたら、映画がコケたことなんてファンにとってはどうでもいいことなのかもしれない。

それにしても数字が高いなと思って調べてみると、なんと米寿司のシングルとの連動キャンペーンが仕組まれていたようだ。

つまり、シングルもこのサントラもダブルで買うとプレゼントが…ということ。せこい。

サウンドトラックとはいってもサウンドはほぼ聴いていないファン多出ってところだろう。

上で「ジャニーズの凄さ」と書いたが、このサントラが売れるという事態はジャニーズファンの凄さとも言える。

~今日のふといいなぁ~
仲良し  by スピッツ
―僕はここにいる―  by SOPHIA

« 米寿司…タイアップは裏目か? | トップページ | 絶好調の嵐、1日でミスチルの週間抜く! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 米寿司…タイアップは裏目か? | トップページ | 絶好調の嵐、1日でミスチルの週間抜く! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ