Twitter

  • 私服ツイート

« もう一回 もう一回…初動25万枚ラインへ! | トップページ | 思わぬところで首位争い…GLAY vs ミスチル »

2008年9月11日 (木)

教育実習終了~!

昨日、無事教育実習を終えました。

時間が飛ぶように過ぎるっていう感覚を久々に感じた3週間でした。

でも、ホントに死ぬほど忙しかった…。

指導教員の先生と話し合ったり、部活をコーチしたり、日誌をまとめたりして、学校から帰るのがだいたい7~8時。

そこから自宅で夕食をさっと食べて、明日の指導案づくり…。

で、書いてる途中に疲れのあまり机で寝てしまって、朝5時過ぎくらいに「ハッ」と起きて、指導案の残りを書き上げて、シャワー入って、登校。
 

このくり返し。
 

現場の先生方は毎日毎日指導案を書くなんてことはしないようなんだけど、実習生は書かないといけない。強制とかじゃなくて、書かないと授業できないんで。

ホントにつらかった。でも、ホントに実のある夏休みを過ごさせてもらいました。

研究授業(本番の授業ね)の前日、日付の変わる10分前まで私の授業準備に付き合ってくれた先生方。本当にありがとうございました。

 
最終日の昨日は恒例の色紙をもらい、クラスのみんなで写真を撮って、なんかいろいろ手紙をもらったり…

そして、最後は市内で開かれていたお祭りの巡視。9時過ぎても親無しでお祭り会場にいた生徒は指導対象。

こんなことまでしなくてはないなんて。先生、大変。

多くの人は、こういう巡視とか部活動とか、学校を離れての活動でも給料が出ていると思っていることでしょう。

いえいえ、完全ボランティアですから。

教育実習を体験させてもらった身としては、1人でも多くの人に「先生って大変なんだぞ」ってことを伝えられたら…と思います。

 
さあ、明日からは実習でろくに挨拶もできていない親戚の人たちや友人たちに巡礼の旅です。お盆はバタバタしててそれどころじゃなかったしね。

さて、前回の記事ではMr.Children『HANABI』のチャート推移予測をしました。

当の昔にその週間結果がオリコンから発表されているので、本日はそのまとめということで。

Hanabi_suii

Hanabiexcel_2

初動売上げは26.0万枚!

前作『GIFT』の初動19.4万枚から大上昇 どうやらドラマタイアップがかなり効いたようだ。

さらに、前作リリース時とは違って今回は「Mステ」出演がなかった。しかし、それでも指数は土曜に大きく回復。

07年1月の『フェイク』以来の初動25万枚突破となった。

次々と不調に陥っていくベテラン勢のなかで、唯一ベテランの意地を見せ付けるかたちとなった。

そして、何より凄いのが、CD1種リリースで初動26万枚だということだ。

このご時世、あくどい商法を使えばいくらでも数字だけを釣り上げることはできる。特にアイドルやファンが固定されているベテラン勢ならより容易だ。

しかし今回もミスチルはCD1種リリース。この条件で初動20万台に乗せられるアイドル、アーティストが今どれだけいるだろうか。

ちなみに、ちょっと古いのだが、8/18付時点での年間TOP10は、

1位 One Love - 嵐
2位 そばにいるね - 青山テルマ feat. Soulja
3位 DON'T U EVER STOP - KAT-TUN
4位 キセキ - GReeeeN
5位 羞恥心 - 羞恥心
6位 LIPS - KAT-TUN
7位 Step & Go - 嵐
8位 I AM YOUR SINGER - サザンオールスターズ
9位 吾亦紅 - すぎもとまさと
10位 泣かないで - 羞恥心

リリース形態に移し変えると、

1位 2種リリース&収録曲違い&映画大ヒット御礼盤
2位 CD1種リリース
3位 4種リリース&収録曲違い
4位 2種リリース
5位 初回盤のみトレカランダム封入&DVD付き
6位 3種リリース&収録曲違い
7位 2種リリース+Web限定盤&収録曲違い
8位 2種リリース(法被付き限定生産BOX)
9位 CD1種リリース
10位 初回盤のみトレカランダム封入&DVD付き

 
これを見ると、いかに商法で売上げを持ち上げているかがよくわかるはずだ。

CDのみで勝負して数字を残しているのは、テルマとすぎもとまさとだけという事態である。

さらに最新の年間チャートでは嵐の『truth/風の向こうへ』が頂点に立っている。そしてこれも、3種リリース&収録曲違いという悪徳商法でリリースされたもの。

もうチャートは「つくられたもの」だと捉えていいだろう。

なかでもやはりジャニーズ勢のやり方は物凄い。これについていけるファンもある意味物凄い。

そうなると、今回のミスチルのCD1種初動26万枚が凄まじい結果だということがわかるだろう。

さて、はたして『HANABI』は年間チャートでどこまで上っていくのだろうか。

年間TOP10に入れば、テルマに続き2作目のCD1種曲ということになる。(すぎもとまさとは最新の年間チャートではTOP10から外れている)

2週目以降も『HANABI』の動きには要注意だ。

~今日のふといいなぁ~
HANABI  by Mr.Children
20+∞Century Boys  by Acid Black Cherry

« もう一回 もう一回…初動25万枚ラインへ! | トップページ | 思わぬところで首位争い…GLAY vs ミスチル »

コメント

HANABIの初動は「特典なし1種類リリース」としては高いですが
CROSS ROAD以外全て初動35万を超えていた
「Mr.Children+ドラマタイアップ」としては少し寂しい気もしますね
まぁ2週目以降はMステSPを始め多くのテレビ出演が
控えてますし、ロングヒットに期待ですね

ミロさん、コメントありがとうございます!
 
そうですね~、思えばミスチルのドラマ主題歌はどれもヒットしてきましたよね。そう思うと、少々寂しい気も…。
 
ただ、最近はドラマ人気自体がかつてほどではないですし、「コードブルー」の視聴率も騒がれるほど高くないんですよね。「オレンジデイズ」、「14歳の母」はともに平均視聴率17、18%でしたから。このご時勢を考えると、このあたりが限界なのかもしれませんね。

こんにちは。
コード・ブルーは元医療従事者の私から見たら、突っ込みどころ満載のドラマで、途中で見るのやめました。脱落した人も多いのではないかと。。。(^^;)
90年代のタイアップが良かったように思います。

でもHANABIは前回のGIFTよりも6万枚程上回ってますから、CD1枚で一度落ちて取り戻したのはすごいと思いました。
仮に複数商法で売り出した場合、とりあえず買うけど、ファンとしては失望するでしょうね。。。

教育実習大変でしたね。うちの息子は予備校に通ってます。
頑張って下さい。

chikaさん、コメントありがとうございます。
 
私は「コードブルー」見てないので内容はわからないんですが、はじめにキャストを見たときに「若すぎないか」という疑問は持ちました。リアリティはちょっと薄めのドラマなんですね。
 
ミスチルのファンは、ミスチルの音楽への向き合い方を評価している人が多いようです。なので、複数商法は遠い目で見たときにマイナスに働く可能性が高そうです。
 
教育実習を終えて、「子供らを被害者に 加害者にもせずに~」という思いが一層膨らみました。ホントにいい経験になりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« もう一回 もう一回…初動25万枚ラインへ! | トップページ | 思わぬところで首位争い…GLAY vs ミスチル »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ