Twitter

  • 私服ツイート

« 前代未聞…5種購入促進商法! | トップページ | チャートにも秋の風?10月新譜チェック! »

2008年10月 1日 (水)

ミスチル、NEWアルバムリリース決定!

ビッグニュース…キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

便利だな、ココログ顔文字機能。

って、んなことじゃなくて…
 

ミスチルがNEWアルバムのリリースを発表しましたぁーっ!

しかも年内のリリースです!

さっそく詳細を!

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆

15th Album
「SUPERMARKET FANTASY」
08.12.10 release!

○収録楽曲

  • 『旅立ちの唄』
  • 『少年』
  • 『GIFT』
  • 『風と星とメビウスの輪 ~Album Ver.~』
  • 『HANABI』
  • 『花の匂い』 含む全14曲

○リリース形態

  • 初回限定盤【CD+DVD】 \3,359
    DVD:MUSIC CLIPS収録(『旅立ちの唄』、『GIFT』、『HANABI』、『花の匂い』他)
  • 通常盤【CDのみ】 \3,059

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

ざっとこんな感じ!

初回盤には前作「HOME」同様、DVDが付いてくるとのこと。

ただ、DVD内容がミュージッククリップなのは今回が初。

「シフクノオト」、「HOME」のDVDはいずれもレコーディング風景を収めたドキュメンタリー映像だからね。

てか、『旅立ちの唄』にミュージッククリップなんてあったっけ?

さ、明日予約してこよ。

さて、ミスチルの興奮冷めやらぬ中、チャートチェックに移りたいと思います。

前回は6/16付シングルのTOP3までを見ました。ので、本日は4位以降をいくつかピックアップしていきます。

では、さっそく…

6/16付オリコンウィークリーシングルチャート、第4位はこの曲!

第4位 「アイシテル」 /清水翔太

清水翔太の2枚目のシングルが初登場で4位にランクイン。

初動売上げは2.3万枚。前作『HOME』の初動2.8万枚からダウン

前作『HOME』がデビュー曲にもかかわらず多くのメディアの煽りを受け、いきなりの大ヒット。

今回はメディアの煽りはほぼなかったのでダウンは順当なところだ。

逆にこの程度のダウンでとどまったことがすごい。

なぜかというと、それは今作がノンタイアップだからだ。

前作『HOME』も大きなタイアップなしで売れた。

もしかしたら、楽曲云々以上に、この人自身への注目度がかなり高いのかもしれない。

もしそうだとしたら、「楽曲人気→アーティスト人気」に繋がらないのが普通の昨今、彼はソニーの主力になりうる。

ただ、気がかりなのは現在になってもデビューアルバムリリースの発表がないことだ。

絢香や伊藤由奈なんかもこんなリリース停滞状態に陥っていたが、直前のシングルで当てて、アルバムもヒットさせた。

さて、清水翔太はどうなるのだろうか。注目である。

第5位 Vivid -Kissing you, Sparkling, Joyful Smile-  /BoA

BoAの26枚目のシングルが初登場で5位にランクイン。

初動売上げは2.0万枚。前作『be with you.』の初動1.1万枚から上昇

前作はアルバムのリリースを翌週に控えた先行シングル。よって大暴落していた。今作は通常のシングル。

通常のシングルだった前々作『LOSE YOUR MIND feat.Yutaka Furukawa from DOPING PANDA』の初動1.9万枚とほぼ同等。

しかし、今作はまるで大ヒットした安室の模倣のようなコンセプトシングルで、実質3A面のような形式になっている。

それにしては、寂しすぎる数字だと言わざるを得ない。

さらにその3曲すべてにドラマやCMなど大型タイアップがついている。にもかかわらず、2万台ギリ。かなり人気は落ちてしまっていると捉えていいだろう。

第6位 よくある話~喪服の女編~  /柴咲コウ

柴咲コウの16枚目のシングル(RUI、KOH+名義含む)が初登場で6位にランクイン。

初動売上げは1.6万枚

福山雅治とのユニット「KOH+」としてリリースした前作『KISSして』の初動5.5万枚からダウン

まあ、前作はドラマ主題歌&期間ユニットということで話題性が高かったので、今回のダウンは仕方がないところ。

柴咲コウ名義のシングルは『プリズム』以来、約1年ぶり。

その『プリズム』の初動が0.8万枚だったので、その2倍の数字が出ている今作はかなり好調だと捉えるべきだろう。

前作と今作の間にはシングルコレクションを挟んでいるが、もともと固定ファンがっちりといったタイプでもなかったので、それほど影響はなかったようだ。

リリース形態は初回盤のみにDVDという昨今では最もやさしいレベルの商法。タイアップもなし。

今作は東京スカパラダイスオーケストラとのコラボということで話題になっていたので、その話題性と楽曲の力でここまでもってきた可能性が高い。

にしても、ここまでの上昇は見事。シングルコレクションで見直されたパターンか?

~今日のふといいなぁ~
Jesus Chirist  by Janne Da Arc
恋いしくて by UVERworld

« 前代未聞…5種購入促進商法! | トップページ | チャートにも秋の風?10月新譜チェック! »

コメント

こんなに既出曲が多いアルバムは
シフクノオト以来ですかね
しかしやっと少年がCDで聴けると思うと
楽しみで仕方ありません

ミロさん、コメントどうもありがとうございます!
 
ここ数作はいつも既出4曲くらいでリリースされていたので、確かに今回は既出曲が多いように感じますね。(というか、今思うと「シフクノオト」は12曲中7曲も既出だったんですね
 
シングルの売上げ水準が前作から下がっているので、今作は売上げ面では多少苦戦を強いられるかもしれないですね。ただ、先行シングルやついにCD音源が聴ける「少年」などを聴く分には楽曲の質は前作に劣らないと思うので、期待大です

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 前代未聞…5種購入促進商法! | トップページ | チャートにも秋の風?10月新譜チェック! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ