Twitter

  • 私服ツイート

« サントラが初動7万を超えるアニメとは… | トップページ | 「倖田來未vsポルノ」開戦! »

2008年10月 9日 (木)

ミュゥモショップ…ファンクラブ…複雑化する流通経路

本日はチャートチェックの前に、9/29付にランクインした作品で、週間を通してTOP3を守り抜き、指数がすべて公開されたものの指数推移をまとめておこうと思います。

今後、予測するときのためにデータは残しておくべきなので。
 

Liyh_2

Liyh_excel

  • 週間を通して一度も指数回復せず。
  • 火曜付から水曜付にかけての下落率がハンパない。

Photo

Excel

  • 補正値がかなり低い。
  • 週末で急激に指数回復。

 
両者のグラフを見ると指数の推移の仕方がまったく違うことがわかるはず。

これだからチャートファンはやめられない

では、チャートチェックに移ります。

本日は6/23付チャートに突入です。いつもどおり、まずはシングルから見ていきます。

では、さっそく…

6/23付オリコンウィークリーシングルチャート、第1位はこの曲!

第1位 VERB  /GLAY

GLAYの38枚目のシングルが初登場で1位を獲得!おめでと~(^▽^)/

初動売上げは9.8万枚。前作『Ashes.EP』の初動7.9万枚から上昇

前作は4曲入りという豪華仕様のシングルだったが、今作はそうではない。

GLAYはアイドル並みの固定がっちり閉鎖的アーティスト。そうそう新規ファンがつく感じではない。

では、なぜ初動は2万枚も上昇したのか。

原因はひとつ。

複数枚購入促進商法を導入したためである。ああ、ついにGLAYまでも…。

今作はDVD付初回盤と通常盤の2パターンで、2曲目が違う

初回盤に収録されている『-VENUS』は前々から配信が開始されCD化が待たれていた楽曲。

通常盤に収録されている『STARLESS NIGHT』はCMソング。

共に既出曲のアレンジなどではない純粋な新曲なので、ファンなら両方とも手に入れたいところだろう。

もし、購入に拘って全ての音源を集めたいなら2枚購入することを促されることになる。

この初動9.8万枚という数字が、いかに複購促商法によって持ち上げられたものかというのは、次のシングルで明らかになることとなる。

第2位 MOON  /倖田來未

倖田來未の40枚目のシングルが初登場で2位にランクイン。

初動売上げは8.8万枚。前作『anytime』の初動4.3万枚から倍増

前作はアルバムのリリースを翌週に控える中でリリースされた先行シングル。よって、今作での上昇は当たり前といったところ。

それに加え、今作は『4 hot wave』以降毎年恒例になりつつある4曲入りの豪華盤シングル。

そう考えると、「倍増」も想定の範囲内。

ただ、前作と今作の間には例の「羊水」発言があり、その問題の直後にリリースされたオリジナルアルバムは一気に失速するなど大きな影響を出していた。

今作は「羊水発言」以降初のシングル。

あのアルバムの失速具合を見ると、シングルでも影響が…?と思ったが、そこまで大きなダウンにはならなかったようだ。

ただ…

06年の4曲入り『4 hot wave』初動20.7万枚→07年の4曲入り『FREAKY』→初動10.8万枚

で、今作が初動8.8万枚ということで、ジリ貧状態であることは間違いない。

前作同様、プロモーションの仕方としては「4A面」という名称は使っていないが、今作も4曲すべてにタイアップがついている。実質「4A面」である。

問題は、4A面仕様が解ける次回作だろう。

そして、その「次回作」は今週リリースされている。そちらの模様も注目である。

 
週間での売上げにはさほど影響はないのだが、このシングルあたりからエイベックスアーティストを中心とした「ミュゥモ・ショップ」、または「ファンクラブ限定盤」が指数に影響を与え始めた。

「ミュゥモ・ショップ」や「ファンクラブ」経由でCDを購入すると、一般のレコードショップでは付かないオリジナル特典が付いてくるとのこと。

ファンなら当然こちらでの購入を望むはずだ。そして、その影響は指数推移にもろに現れた。

Moon

どうやらこの「ミュゥモ・ショップ」や「ファンクラブ」での購入された分はデイリー初日に一斉加算されるようだ。そうじゃないと、こんな不自然な推移にはならない。

倖田來未は今週リリースされた新曲でもこれら特典を付している。

他のアーティストでも初日から2日目にかけて急激なダウンがあった場合には、「ミュゥモ」「ファンクラブ限定盤」の存在を探ってみる必要がありそうだ。

加えて、もし通常のショップとネットで別々の特典が付けられるなら、それは複数枚購入促進商法と呼べるものとなる。

「ミュゥモ・ショップ」、「ファンクラブ限定盤」、指数を予測する上では要注意だ。

それにしても、「ネットショッピング」等の発展でCDの流通経路が複雑化しすぎてて、リリース形態なども調べ尽くせなくなってきた。こりゃ大変。

~今日のふといいなぁ~
ポラリスの涙  by 音速ライン
イルカ by SOUL'd OUT

« サントラが初動7万を超えるアニメとは… | トップページ | 「倖田來未vsポルノ」開戦! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サントラが初動7万を超えるアニメとは… | トップページ | 「倖田來未vsポルノ」開戦! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ