Twitter

  • 私服ツイート

« ビヨンセ、関ジャニ、矢島美容室…凄い「Mステ」 | トップページ | ACIDMAN LIVE at 京都産業大学! »

2008年11月 2日 (日)

アクセスが多いと逆に焦る説

さっき、「アクセス解析」を見てみたら、昨日のアクセスが大変なことになってました

1日でなんと1000以上のアクセス…。こんなのは初めて。

アクセスがあまりに少ないのもそれはそれで切ないけど、これだけ多いと逆に焦ります。

なんだろこれ…こわ…と思い、アクセス解析の「リンク元ページ・サイト」ってところを見てみると、約500アクセスが同じURLから来ているじゃありませんか!

むむむ…

なんかどっかの掲示板にURL貼られたのか…とかいろいろ考えながらも、勇気を出してリンク先に飛んでみると、

Nichicocologo

ん?

なんだこれ。

とりあえず、ココログのサイトだったので一安心。てか、アクセス解析をよく見たら、URLにもろ「cocolog-nifty.com」って入ってました。

そして、ありました!このブログのリンク!

え゛、なんか2008年11月01日のおすすめになっとる!こんなブログおすすめすんなよ。

ただ、個人的にショックだったのが…私の渾身の記事名が…

●Mステにビヨンセ登場 見物だった矢島美容室の暴走!

修正されてたこと。

そうですよね…

ビヨンセ、関ジャニ、矢島美容室…凄い「Mステ」って意味わかんないですよね…

センスないですよね…

ニフティさんは気を使って変えてくれたんですよね…

ああ、ニフティさんにも気を使わせて…

ああ、生まれ変われるならナマコに…

さて、チャートチェックに移ります。

本日も前回に引き続き、7/14付シングルチャートを見ていきます。

前回は1、2位をチェックしたので、本日は3位以降をいくつかピックアップです。

では、さっそく…

7/14付オリコンウィークリーシングルチャート、第3位はこの曲!

第3位 One Love  /嵐

先週の1位から2ランクダウン

週間売上げは5.2万枚。前週の初動31.4万枚から一気に6分の1。

だが、これはかなり粘っているほう。

ジャニーズ勢なら8分の1くらいが当たり前だし、時には10分の1なんてこともあった。

6分の1に留まったということは、多少はライト層にも訴求できたってことか。

今作は劇場版「花男」主題歌なので、ジャニーズファン以外にも「花男」ファンが動いたのかも。

ただ、そうなるとドラマ版「花男」の主題歌だった『Love so sweet』は凄かった。初動20.4万枚から2週目8.9万枚だなんて、ひとつのキセキだ。

第4位 泣かないで /羞恥心

先週の2位から2ランクダウン

週間売上げは5.1万枚

前週の初動21.2万枚からダウンで、下げ幅は4分の1程度。嵐に比べるとかなりアーティスト的。

ただ、前作『羞恥心』は初動14.1万枚から2週目も7.6万枚とかなりの粘りを見せていた。それに比べると粘りはやや弱くなっている。

初動売上げは前作を大きく上回ったが、累積の売上げは11/3付現在、前作と10万枚以上の差がついている。

以下、ピックアップ。

第7位 泣き夏  /mihimaru GT with SOFFet

mihimaru GTとSOFFetのコラボシングルが初登場で7位にランクイン。

初動売上げは1.1万枚。前作『ギリギリHERO』の初動1.9万枚からダウン

前作で少し持ち直していたのだが、ここにきてやや大きめのダウン。

コラボなのでSOFFetのファンも流入し、初動は上がるのかと思いきや、何だか逆効果だった模様。

1.1万枚はベストリリース後では最低初動だと思われ、この週こそ売上げ低水準の週で助かったが、この数字だと大抵の週でTOP10入りはギリギリになってくる。

最低でも1万台半ばから2万台をキープしておきたいところだ。

ちなみに、名義を逆にしたSOFFet with mihimaru GT『スキナツ』も同時リリース。そちらは13位・初動0.7万枚。

コラボ2作品の初動を足すと、ちょうど前作の初動くらいになるのは偶然か?

第8位 M~もうひとつのラブストーリー~ /RSP

RSPの4枚目のシングルが初登場で8位にランクイン。

初動売上げは1.1万枚。前作『感謝。』の初動0.5万枚から上昇

今作から約1年前の前々作『Lifetime Respect-女編-』が賛否両論ながらヒットを飛ばしていたが、続くシングルでは「BLEACH」タイアップながらも25位と惨敗。

その惨敗で危機感を感じたのか、再び名曲のカバーで勝負に。

着うた市場ではなかなかの人気だったようだが、CDではなんだか微妙な結果に…。この週でなければTOP10入りも危うい数字である。

カバーしている楽曲が違うとはいえ、やっていることは「アンサーソング」とかいうので同じ。

同じことをやってもそう良い反応は得られないということか。つくづく厳しい世界である。

というか、そもそも「アンサーソング」というものはどうなんだろう。

『M』くらいの有名曲になれば、リスナー1人ひとりがそれぞれのアンサー、思い出を持っている。

それで、ある女性ヴォーカルのアンサーを聞かされても…といった感じでは。

ただ、それでも「BLEACH」タイアップの2倍出ているので、話題性という面では効果があるのかな。

~今日のふといいなぁ~
あの愛に泳ぎ疲れても  by ZARD
大阪ロマネスク  by 関ジャニ∞

« ビヨンセ、関ジャニ、矢島美容室…凄い「Mステ」 | トップページ | ACIDMAN LIVE at 京都産業大学! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ビヨンセ、関ジャニ、矢島美容室…凄い「Mステ」 | トップページ | ACIDMAN LIVE at 京都産業大学! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ