Twitter

  • 私服ツイート

« 「ポニョ」主題歌加速、TOP3入り。 | トップページ | 08年最後の新譜チェック! »

2008年11月30日 (日)

ファンモン、船越英一郎で上昇?

京都に紅葉を見に行ってきました!

八坂神社から高台寺を経由して、清水寺。

定番のコースらしいのですが、一緒に行った人がみんなO型ということで、のんびりまったりとした楽しいひとときでした。

写真は八坂神社の池のほとりにいた鴨さんたちです。

左下のやつはみんなでカメラを構えた瞬間に、右下から何食わぬ顔でスーッとやって来ました。

KY!(空気読める!)

Photo_2

さて、チャートチェックへと移ります。

前回は8/4付シングルチャートのTOP3を見終わったので、本日は4位以降を見ていきます。

では、さっそく…

8/4付オリコンウィークリーシングルチャート、第4位はこの曲!

第4位 告白  /FUNKY MONKEY BABYS

「ファンモン」ことFUNKY MONKEY BABYSの8枚目のシングルが初登場で4位にランクイン。

初動売上げは1.7万枚。前作『旅立ち』の初動1.0万枚から上昇

前作で初動が一気に半減(前々作『もう君がいない』初動2.0万枚)し、不穏な空気を漂わせていた。

しかし、今作で見事普段の水準にまで回復してきた。前作の不調はなんだったんだろう。

さらに、低レベル週に当たったため、自己最高位を更新。(ちなみに、前々作は初動2.0万枚で8位だった。)

そして、リリース形態は今回も魂のCD1種リリース。

最低でも2枚出すのが当たり前みたいになっているこのご時勢に、まだこのやり方で勝負しているあたりは立派。

もしかするとリリース形態をいじれば、もっと高い数字を出せるのかもしれない。

ファンモンといえばタレントをジャケットとPVに起用することで有名だが、今作は日本一崖が似合う俳優と言われる船越英一郎。

まさか、今回の上昇が船越さん起用のおかげ!ということは…ないと思う。

ただ、初動が減少した前作のジャケットに起用された石田卓也がこれまでに起用されたタレントより知名度が低いのは確か。

はたして売上げと起用タレントの間に相関はあるのだろうか。

以下、ピックアップ。

第6位 Plenty of grit/Revolution  /林原めぐみ

林原めぐみの35枚目のシングルが初登場で6位にランクイン。

初動売上げは1.5万枚。前作『A Happy Life』の初動1.0万枚から上昇

前作は07年2月のリリース。

約1年半という長いリリース間隔があったにもかかわらず上昇してきた。

今作は2曲ともアニメ「スレイヤーズREVOLUTION」タイアップ。

前作も「がくえんゆーとぴあ まなびストレート!」というアニメの主題歌だったみたいだが、おそらく「スレイヤーズ」のほうが知名度が高い…と思う。(アニメに詳しくない管理人も後者はなんとなく名前を聞いたことがあるので。独断と偏見。)

もし、その偏見どおりなら、数字が上昇したこともうなずける。

さらに、前作は岡崎律子というシンガーのカバー曲であった。その辺も数字を下げた要因だったのかな。

とりあえず、ここまでのベテランになってもTOP10内に送り込んでくるあたり、かなり人気が根強い。

第7位 Behind love~片思い /パク・ヨンハ

パク・ヨンハの6枚目のシングルが初登場で7位にランクイン。

初動売上げは1.3万枚。前作『永遠』の初動1.7万枚からダウン

今回も前作と同じく、収録曲違い2種リリースで勝負してきたのだが、数字を下げてしまった。

前作から11ヶ月とリリース間隔が長く開いたのもよくなかった模様。

前々作では複数枚購入促進商法を使わずに初動1.3万枚出せていたので、確実に人気は衰退していると見ていいだろう。

韓流ブームのとき、一気にチャートの常連になったパク・ヨンハだが、ファンの多くを占めるおばちゃんたちも徐々に離れ始めているようだ。

この不景気がおばちゃんたちの家計に影響を与えて韓流スターファンを止めざるを得ない状況に…ってのは考えすぎか。

第11位 I DON'T KNOW  /MIKA 3 CHU

中島美嘉とお笑いの森三中による企画ユニットが初登場で11位にランクイン。

初動売上げは1.1万枚。中島美嘉の前作『SAKURA~花霞~』の初動1.6万枚からダウン

「中島美嘉とあの森三中がいっしょに!?」ということで前作に比べるとかなり話題にはなっていたのだが、完全にコケた

メインボーカルはもちろん中島でバックバンドとコーラスを森三中が担当。

といっても、演奏はカラオケなので実質のところCDで聞く分には、黒沢の奇声を除けば中島美嘉の普段の曲と大して変わらないはずなのだが…。ここまでダウンするとは。

やはり森三中が中島美嘉ファンには受け入れられなかったのだろうか。

ちなみに、今作収録曲は2曲とも今週リリースされた中島の5thアルバムに収録されている。

森三中といえば不細工キャラだが、個人的にはその森三中の不細工キャラ以上に中島のメイクが恐かった。

~今日のふといいなぁ~
スケアクロウ  by the pillows

« 「ポニョ」主題歌加速、TOP3入り。 | トップページ | 08年最後の新譜チェック! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ポニョ」主題歌加速、TOP3入り。 | トップページ | 08年最後の新譜チェック! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ