Twitter

  • 私服ツイート

« ミスチルまた下方修正で初動70万突破は厳しいペースに… | トップページ | 今年のオリアル最高初動! ミスチル初動70万突破! »

2008年12月14日 (日)

指数超回復! ミスチル初動70万台を射程内に!

ミスチルの指数が謎の超回復を見せた。

本日発表された土曜付デイリーチャート(デイリー5日目)もMr.Children「SUPERMARKET FANTASY」が1位をキープ。

注目の指数は41790!

前回記事での予測値33538をなんと8000以上も上回ってきた。

昨日発表された金曜付デイリーチャート(デイリー4日目)で指数を大きく落とし、初動70万枚突破&「HOME」越えが危ぶまれたミスチル。

しかし、そこから1日。事態は急変。週末、予想をはるかに超える回復を見せてきた。

もともと週末にしっかりと指数を回復させることの多いミスチルだが、ここまでの回復は近年でも稀である。

ちなみに「HOME」のときには約2000の回復に止まっている。

今週は週末への弾みとして大きな影響力を持つ「ミュージックステーション」の放送がお休み。

「HOME」のときにはリリース週に「Mステ」出演をしているため、それがない今回は週末に少々厳しい展開が予想されたが、その「HOME」のときの数倍の回復を見せてきた。

金曜にミスチルは「Mステ」の代わりと言ってはなんだが、「僕らの音楽」に出演。

ただ、これまでに「僕らの音楽」で飛躍的に指数が回復した例は他のアーティストを含めてもほとんど見られていない。

そうなると、今回の上昇は何がきっかけなのだろうか。そのため、記事はじめの一文には「謎」という言葉を使わせてもらった。

考えられるのは、以前の記事でも書いたが、今作のリリース時期による影響だ。

例年、この12月中盤というのはCD市場(特にアルバム)は潤いを見せる時期である。

昨年のこの時期、ドリカムやEXILE、BUMP OF CHIKEN、コブクロなどといったアーティストが次々に高初動を叩きだし、チャートが物凄い高水準になったのは記憶に新しいところ。

ボーナスの影響だったり、年末商戦の煽りだったりでサイフの紐が緩みやすいと言われるこの時期にリリースしたことが、ミスチルにも恩恵を与えた可能性がありえる。

ただ、そのようなことはただの空想にしか過ぎない。結局は「謎」である。

 
さて、さっそくこのデイリー5日目の指数を代入して、予測を最新版のデータに更新しておこう。

Sf5

Sf5excel

この予測上では、再び初動70万枚突破の可能性が復活

推定最終到達地点は初動69.4万枚にまで上昇。

さらに、補正が「HOME」の頃と同じ程度かかった場合には初動71.2万枚にまで伸びるという結果が導かれた。

補正値が1.65だろうと1.69だろうと「HOME」割れという結果が導かれていた昨日から一転、どちらの補正具合でも「HOME」越えという状態に。

それだけデイリー5日目での回復が大きかったということだ。

もし、初動売上げが70万枚を突破すれば、08年度に1作品として誕生しなかった「オリジナルアルバム初動70万作品」が09年はいきなり第1週目に生まれることになる。

さらに、ミスチルとしては04年の「シフクノオト」以来の初動70万枚突破ということにもなる。

 
さあ、初動売上げに換算されるのも、残すところ明日発表の日曜付の売上げのみ。

果たして、集計最終日はどのような指数を見せるのか。注目だ。

~今日のふといいなぁ~
EMPTY96  by UVERworld
TRUST YOUR VOICE  by 中島美嘉

« ミスチルまた下方修正で初動70万突破は厳しいペースに… | トップページ | 今年のオリアル最高初動! ミスチル初動70万突破! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミスチルまた下方修正で初動70万突破は厳しいペースに… | トップページ | 今年のオリアル最高初動! ミスチル初動70万突破! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ