Twitter

  • 私服ツイート

« 08年アーティストシングル最高初動はサザン! | トップページ | さよなら2008年 »

2008年12月30日 (火)

「デトロイト・メタル・シティ」関連CDがTOP10入り!

微熱が続いております。

ずっと37度ちょい。すっかり微熱DANJI。

高熱が出たからまだなんとなくふらつくし、相変わらず節々痛い。

よりによってこんな年末に…。大掃除もできないよ

こうなったら、これから始まる「アメトーークSP」でも見て、いっぱい笑うしかないやい!

…なんてやってるから、治らないんだよね。

では、本日もチャートチェックいっときます。

本日も前回に引き続き、8/18付シングルチャートを見ていきます。

前回は1位、2位、そして変則的に5位をチェックしていきました。

よって、本日はまず前回すっ飛ばした3位を。それから、それ以降をいくつかピックアップしていきます。

では、さっそく…

8/18付オリコンウィークリーシングルチャート、第3位はこの曲!
 

第3位 崖の上のポニョ  /藤岡藤巻と大橋のぞみ

前週の3位をキープ!

これで3週連続3位

週間売上げは3.8万枚。前週の週間売上げ4.1万枚から微減したものの、かなりのキープ。

楽曲が世間に浸透しているときだけ見られるチャートアクションである。

ちなみに、先日この「藤岡藤巻と大橋のぞみ」は紅白歌合戦をラストステージに解散することが発表された。
 

以下、ピックアップ。

第6位 RAINBOWS  /アリス九號.

V系バンド、アリス九號.の12枚目のシングルが初登場で6位にランクイン。

初動売上げは1.6万枚。前作『MIRROR BALL』の初動1.4万枚から上昇

前々作の初動が1.7万枚なので、だいたい1万台中盤で安定していることになる。

今回も前回と同様に、初回限定盤A、Bと通常盤Cで全3種リリース

Aには40ページ別冊ブックレット、BにはPV収録のDVD、CにはAとBには収録されていない楽曲を収録、ということで複数枚購入促進商法

今回の上昇は前回なかったブックレット付があったために、複数買いファンが増加したことなどが考えられる。

それにしても、V系のCDの売り方はかなりあくどい…。

閉鎖的な世界でパイを広げられず、狭いパイの中でやり繰りしなくてはならないのでこうなってしまうのは仕方がないことだが。

第7位 SATSUGAI/甘い恋人~fot the movie~  /デトロイト・メタル・シティ/根岸崇一 SONG BY カジヒデキ

松山ケンイチ主演で映画化された「デトロイト・メタル・シティ」主題歌が初登場で7位にランクイン。

初動売上げは1.6万枚

完全に企画モノのシングルだが、かなり高い位置にランクインしてきた。

『SATSUGAI』も『甘い恋人』も劇中では松山ケンイチの演じるキャラクターが歌う楽曲。

だが、このCDで実際に歌っているのは松山ではない。(DMCは冠徹弥、根岸はカジヒデキが歌っている)

映画は結構ヒットしていたようだが、このCDがリリースされた時点ではまだ公開前。

それにもかかわらず、これだけの数字を出せるということは、かなり熱狂的なファンをもつ作品なのだろう。

今作を皮切りにDMC関連CDは次々にリリースされることに。

それも原作で主人公が所属している「デスレコーズ」というレーベルを本当に立ち上げるほどの徹底ぶりだ。

ちなみに、『SATSUGAI』の作曲はラルクのHYDEと共にVAMPSを組んでいるKAZだったりする。

第8位 Shiny GATE  /中川翔子

「しょこたん」こと中川翔子の5枚目のシングルが初登場で8位にランクイン。

初動売上げは1.4万枚。前作『snow tears』の初動2.6万枚からほぼ半減

前作はアニメ『墓場鬼太郎』タイアップ。前々作『空色デイズ』がアニメ「天元突破グレンラガン」タイアップ。

そこから一転、今回はアニメタイアップを外した。その途端、数字はここまで下落。

ここ数作のシングルの購買層は中川本人のファン以上にアニメファンが多かったようだ。

今回も「東京オンリーピック」という映画のタイアップ、「スポーツうるぐす」タイアップが付いているものの、アニメには及ばなかった。

ソニーとしては、またこれでFLOWなどを筆頭としたアニメ頼りタイプが増えたことに…。

第9位 鐘を鳴らして  /BONNIE PINK

BONNIE PINKの24枚目のシングルが初登場で9位にランクイン。

初動売上げは1.3万枚。前作『Water Me』の初動1.5万枚からダウン

前作はドラマタイアップで、今作はゲームソフト「テイルズオブヴェスペリア」テーマソング。

「テイルズ」タイアップは過去にBUMP OF CHICKENの売上げを増加させたり、misonoを一気にTOP10内に送り込んだりしたことのある有力タイアップ。

今作でもかなりの効果を見せてくるかと思われたが…どうやら効果はイマイチだったよう。

逆にBONNIE PINK側からして怖いのは、この数字が「テイルズ」効果がしっかり出てのものだったときだ。

そうなると、実際の固定ファンの数は1万を切っている可能性が高い。

いくらシングルチャートの売上げ水準が落ちまくっているとはいえ、1万枚を切るようだとTOP10入りもなかなか難しくなってくる。

~今日のふといいなぁ~
白い花  by TRIPLANE
冒険彗星  by 榎本くるみ

 
―お詫び―

前回記事で嵐『One Love』を8/18付第3位と紹介しておりましたが、第5位の間違いでした。

誤りのご指摘をくださった方々に心から感謝の意を表します。ありがとうございました。

なお、誤りの修正に伴い、前回記事の内容も若干ではありますが修正してあります。

« 08年アーティストシングル最高初動はサザン! | トップページ | さよなら2008年 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 08年アーティストシングル最高初動はサザン! | トップページ | さよなら2008年 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ