Twitter

  • 私服ツイート

« 参戦!アジカンライブ in 城ホール! | トップページ | レミオロメン、オリンピックタイアップでも下げ止まらず…。 »

2008年12月21日 (日)

プレイバック!「ミスチルvsアラジン」!

本日はいきなりチャートチェックからはじめます。

ここ最近は、デイリーチャートを追い過ぎたため完全に放置状態だったチャートチェック。

これからはリリースが少なくなるので、こちらに注力していこうと思います

 
本日はあの「ミスチル vs アラジン」が見られた8/11付シングルチャートをチェック。

デイリーベースで追っていった週なので、過去の記事を参照しまくりになります。いわば、プレイバックのような。

では、さっそく…

8/11付オリコンウィークリーシングルチャート、第1位はこの曲!

第1位 GIFT  /Mr.Children

Mr.Childrenの32枚目のシングルが初登場で1位を獲得!おめでと~ヽ(´▽`)/

しかし、初動売上げは19.4万枚

前作『旅立ちの唄』の初動23.8万枚からダウン

ついに初動が20万枚を割ってしまったということで話題になった。

ミスチルがシングルで初動20万枚を割ったのは、99年の『I'LL BE』以来約9年3ヶ月ぶりのこと。

ただその『I'LL BE』は正式にはアルバムからのリカットシングル。よって、純粋な新曲ではなかった。

純粋な新曲での初動20万割れは94年の『innocent world』まで遡ることになり、約14年2ヶ月ぶりの事態となる。

逆に言うと、この14年以上もの間、常に新作で初動20万以上を出していたことにもなるが。

何はともあれ、ミスチルにとってはここ数年で最低クラスの数字である。

 
さらに、実はミスチルはこの週間1位さえ危ぶまれた瞬間があった。(赤グラフ:ミスチル、黄グラフ:アラジン)

Photo

それがデイリー2日目から3日目にかけてである。(参考:ミスチル週間2位へ、アラジン爆走!

デイリー初日から絶不調だったミスチルに対して、なんとアラジンが2日目で指数を上げてきたのだ。(グラフ□①

さらに、デイリー3日目ではアラジンがミスチルを逆転!(グラフ□②

ミスチルがリリース週にデイリー1位から陥落することは非常に稀なことであり、アラジンにとっては大金星であった。(参考:アラジン大金星!ミスチルから1位奪取!だが…

そんなミスチル不利の展開の中、迎えたデイリー4日目。

アラジンの指数に異変が起こり、事態は大逆転へと向かう。(参考:戦況一転。一気にミスチル有利に…

ミスチルが『旅立ちの唄』のときには見られなかった粘りを見せ、同時にアラジンの指数が下げ止まらなくなったのだ。(グラフ□③

アラジンの指数は、指数回復が期待できるはずの週末でも金曜付の指数を超えることができないほどに低迷。

アラジンの指数予測は羞恥心のシングル『羞恥心』、『泣かないで』のデータをもとに行ってきたのだが、そのどちらのシングルでも見られなかった推移となった。

一方で、ミスチルは週末にいつもどおり指数を回復。一気にアラジンを引き離し、決着をつけた。

週間の結果だけみれば、ミスチルがかなりの差をつけて1位を獲得したように見えるが、裏ではこんな激戦が繰り広げられていたのだ。

 
ミスチルは今作もCD1種リリース

最近はこの売り方で勝負するアーティストをほとんど見かけなくなった。希少種。

タイアップはNHK北京オリンピック放送テーマソング。結果的にこの縁がきっかけで、紅白歌合戦に初出場することになった。

しかし、NHKでのオンエア、メディア露出はかなりあったのだが、売上げのほうは最後の最後まで伸び悩むことに。

違法ダウンロードが蔓延するこのご時世、いくら楽曲に力があっても正式な売り方ではもう売上げは伸びないということを証明されたような結果となった。

《年間順位15位:累積33.5万枚》

第2位 陽は、まだ昇る  /アラジン

「クイズ!ヘキサゴンⅡ」から生まれた新ユニットが初登場で2位にランクイン。

メンバーはつるの剛、上地雄輔、野久保直樹、里田まい、スザンヌ、木下優樹菜の計6人。

端的に言えば、羞恥心+Paboということになろうか。

初動売上げは15.2万枚!

今作がデビューシングルなので、当然前作はなし。参考程度に羞恥心と比較する。

羞恥心はこの「アラジン」の直前のシングル『泣かないで』で初動21.2万枚を叩き出しており、今作はそこから大きく数字を落とした。

ただ、羞恥心のデビューシングル『羞恥心』の初動14.1万枚よりは高い。とりあえず、人気絶頂期は過ぎたかなといった数字。

  
先述したように、今作はデイリー2日目から3日目にかけてはミスチルをかなり追い込んでいった。

しかし、金曜付から週末にかけてこれまでに見られなかった大きな失速をしてしまい、残念ながら1位獲得はならなかった。

上のグラフを見てもわかるように売上げがフラゲ日、発売日にかなり固まっている。

こうなったのは初回盤のみに全18種類のうち1枚ランダム封入されたトレカの影響が大きいと思われる。

早いもん勝ちの特典を求めてファンが我先にと買い占めたために、売上げがはじめに固まったということだ。

ただ、今回はその度合いがこれまでに比べても激しかったため、その反動で週末にはほとんど指数を回復させることができなかったようだ。

収録曲等に違いはないものの、トレカはランダムで1枚だけ封入されていることを考えると、複数枚購入したファンもいるだろう。

ただ、それでも初動15.2万枚はかなり高い数字だし、何よりデイリー3日目にミスチルから1位を奪取したのは偉業だ。

《年間20位:累積26.7万枚》

第3位 崖の上のポニョ  /藤岡藤巻と大橋のぞみ

前週の3位をキープ!

さらに週間売上げは4.1万枚で、発売以来最高の売上げとなった。

前週に映画が公開されて一気に加速し、その勢いはこの週も止まらなかった。

ここ最近は2週連続でTOP3入りする作品がなかなか出てこない。

CDTVでも一番右の女のキャラが「先週のTOP3は全て圏外よぉー!」と発言することが多い。

そんな中で、堂々の2週連続TOP3入り。見事である。

 
ここ最近は年末の音楽特番によく出演しているが、藤岡さんの姿がない。

先月11月のニュース記事によると、体調不良により年内の活動を休止するとのこと。

年内ということは紅白歌合戦も欠場かな

藤岡さんは演奏担当みたいなので、歌自体にそこまで支障が出るわけではないけど、

Cocolog_oekaki_2008_12_22_00_29_2

この立ち位置がすごく切ない。

藤岡さん、お大事に。早く戻ってきて、あの空間を埋めてあげてください

~今日のふといいなぁ~
口がすべって  by Mr.Children
借金大王  by ウルフルズ

« 参戦!アジカンライブ in 城ホール! | トップページ | レミオロメン、オリンピックタイアップでも下げ止まらず…。 »

コメント

私は前は結構羞恥心とか好きだったんですが、よくよく考えたら羞恥心はミスチルと同じ日にCD発売したり何種もCD出して勝とうとしてたなんて、腹立つてきました〜!←羞恥心ファンゴメンね☆でも本当に音楽をやるなら最後までやって下さいね。

どん栗さん、はじめまして。コメントありがとうございます。
 
ミスチルと同じ日にリリースするのは自由ですし、アラジンは2種リリースです。最近は2種リリースが当たり前なので、それといって腹を立てることもないと思いますよ
 
トレカで複数買いを促せるのも、需要があってこその話。ヘキサゴン勢の人気は本物だと思います。
 
これだけチャートを賑わせてくれた羞恥心が来年1月で活動休止というのはちょっぴり寂しいですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 参戦!アジカンライブ in 城ホール! | トップページ | レミオロメン、オリンピックタイアップでも下げ止まらず…。 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ