Twitter

  • 私服ツイート

« キンキ、初動20万の壁は厚く… | トップページ | 安室、女性ソロ約25年ぶりの5週連続1位! »

2009年1月17日 (土)

続・Acid Black Cherryの地味な快挙。

前回記事に引き続き、本日も9/8付シングルチャートを見ていきます。

前回はTOP3を見たので、本日はそれ以降をいくつかピックアップ。

ちなみに、この週は新曲ラッシュ&久々の高レベル週となり、「TOP10内初動2万台」を達成。

ではでは、さっそく…

9/8付オリコンウィークリーシングルチャート、第4位はこの曲!

第4位 20+∞Century Boys  /Acid Black Cherry

Janne Da Arcのヴォーカリストyasuによるソロプロジェクト、Acid Black Cherryの5枚目のシングルが初登場で4位にランクイン。

初動売上げは5.0万枚。前作『冬の幻』の初動3.9万枚から上昇

4万台を飛び越え、一気に5万台にまで乗せてきた。

そして…なんとこれでソロ活動開始からシングル4作連続上昇!

前作がランクインしたときにも書いたが、バンドのヴォーカリストのソロ作品が上昇していくのは非常に稀なケース。(参考:勢いづくテクノポップアイドルユニット!

ラルクのHYDEやB'zの稲葉浩志などソロ活動を活発に行うヴォーカリストは多くいるが、だいたいソロ第一弾シングルがMaxでそれ以降はジリ貧していくことがほとんど。

そもそも、3rdシングルで2作続けて上昇した時点でかなりの珍事。(参考:ABCの地味な快挙。

そう考えると、この「バンドヴォーカルのソロシングル4連続上昇」はなかなか破られないんじゃないかな。

こういった地味なデータはなかなか表に出てこないため確証はないが、おそらく日本記録である。

ただ、以前の記事でも書いたが…これほど脚光を浴びない快挙も珍しい

 
リリース形態はいつもどおりのDVDの有無で2パターン。収録曲の違い等はなし。

商法で釣り上げての上昇ではないので、これ以降もガクッと下がることはなさそうだ。

第5位 悲愴感  /悲愴感

フジ系列バラエティ「はねるのトびら」から生まれたユニットの最初で最後のシングルが初登場で5位にランクイン。

初動売上げは3.1万枚

「悲愴感」はユニット名から予想できるが、大ブレイクした「羞恥心」のパロディとして結成された3人組。

メンバーはロバート・山本、アンガールズ・田中、ドランクドラゴン・鈴木で、山本から順に「悲」、「愴」、「感」。

さすがに本家ほどの数字は出なかったものの、ルックスで勝負できないという条件下での戦いだったことを考えると大健闘。

このご時勢、かなり名の通ったアーティストでも初動3万台は高い壁で、実際、この下には湘南乃風、ELTなど一般に認知されているであろうアーティストがズラリ。

やはり、テレビの効果って凄い。

第6位 恋時雨 /湘南乃風

湘南乃風の8枚目のシングルが初登場で6位にランクイン。

初動売上げは3.0万枚。前作『黄金魂』の初動3.3万枚からダウン

大ヒットした『純恋歌』から、これで3作連続のダウン。下げ止まらなくなってきた。

今作は自身初の2種リリースで、初回盤は前作のカップリング曲のPVが収録されたDVD付き。なぜ今作のPVを付けないのかは不明。

ただ、収録曲などに違いはなく、多くのアーティストが一般的に用いているDVDいる・いらない選択型パターン。よって、複数枚購入促進商法ではない。

それでもファンの購買意欲は多少上がったと思われるので、それでダウンだと少々下がり調子な印象を受けざるをえない。

『純恋歌』がケツメイシにおける『さくら』のような立ち位置になってしまうとかなり厳しいが、今のところそのパターンに突入してしまっている。

 
以下、ピックアップ。

第9位 MUSIC!!!/ZERO  /AAA

AAAの19枚目のシングルが初登場で9位にランクイン。

初動売上げは2.4万枚。前作『BEYOND~カラダノカナタ』の初動1.8万枚から上昇

リリース形態は前作、前々作と同じ全3種。ただその内容は少し異なる。

前作、前々作は【CD+DVD】、【CD+EXTRA仕様】、【CDのみ】の3種だったが、

今作は【CD+DVD】が2種になり、それと【CD+EXTRA仕様】で3種。

両A面ということで、『MUSIC!!!』と『ZERO』のPVを2パターンに分けてリリースしている。

 
タイアップはアニメ「「ワールド・デストラクション」オープニング。

両A面効果(DVD付増)とアニメタイアップのダブルパンチによる上昇と思われる。

一時期のリリースラッシュを超えて、なんとか初動2万前後を出せるくらいの固定ファンは付いたようだ。

ちなみにそのリリースラッシュはどんな感じだったかというと…

06年:アルバム3枚・シングル8枚
07年:アルバム4枚・シングル4枚

上のAcid Black Cherryのところで記録の話が出たが、2年間でアルバム7枚ってこれも実は記録なんじゃ…?

第10位 あたらしい日々/黄金の月

Every Little Thingの35枚目のシングルが初登場で10位にランクイン。

初動売上げは2.2万枚。前作『サクラビト』の初動1.6万枚から上昇

前作は日テレ系「スッキリ!!」の08年2月度エンディングテーマという、なんとも微妙なタイアップだったが、今回はドラマタイアップ(『あたらしい日々』。)

そのドラマの視聴率は平均12%程度だが、「スッキリ!!」より効果があったのは確実だ。

もう一方のタイトル曲『黄金の月』も早くから配信が開始されており、ファンの注目度は高かったと思われる。

ちなみに、『黄金の月』は持田作詞作曲の楽曲で、彼女の作品がシングルになるのは01年『jump』以来である。

低レベル週なら4位くらいまで余裕で狙えた数字だが、この週は近年早々ない高レベル週。運が悪かった。

~今日のふといいなぁ~
D.D.D. feat.SOULHEAD  by 倖田來未
To All Tha Dreamers  by SOUL'd OUT

« キンキ、初動20万の壁は厚く… | トップページ | 安室、女性ソロ約25年ぶりの5週連続1位! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« キンキ、初動20万の壁は厚く… | トップページ | 安室、女性ソロ約25年ぶりの5週連続1位! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ