Twitter

  • 私服ツイート

« aiko、初のシングル1位獲得へ好スタート!! | トップページ | タイトル曲表記順入れ替え商法? »

2009年2月20日 (金)

EXILE、「金スマ」効果爆発で初動17万オーバー!

EXILEの話題の前に、デイリーチャートをチェックしておこうと思います。

今週のシングルチャート、前回記事では「aiko、初の1位なるか」に注目し見ていきました。

本日もその続きを。

 
昨日発表された水曜付デイリーチャート。

順当にaiko『milk/嘆きのキス』が1位をキープし、
その指数は10422

前回記事の予測値11543を少し下回ってしまった。

Milk2

これによって、初動が7万枚に届かない可能性が浮上

しかし、それでも2位のAcid Black Cherry、3位のモーニング娘にはダブルスコアをつけており、初の1位獲得は揺るがないものとなった

 
そして、本日つい先ほど発表された木曜付デイリーチャート。

デイリー3日目もaikoが1位をキープ。

ただ、その指数は4419となり、またしても前日時点での予測を下回ることに。

この予測に用いているのは前作『KissHug』の指数推移。

つまり、売上げペースは前作『KissHug』を下回っていることとなる。

Milk3

Milkexcel2_2

この予測上では、推定初動は6.6万枚止まりということに。

もし、補正が前作並みに強くかかったとしても、下の6.8万枚程度までしか伸びないという予測が導かれた。

どちらにせよ、前作『KissHug』の初動7.5万枚を割れ込むことは避けられそうにない。

 
デイリー3日目でもモー娘とABCともに下しているため、自身初のシングル週間1位はもう確定状態。

しかし、肝心の売上げ枚数のほうは苦戦を強いられそうだ。

 
実はかなりの激戦になっているモー娘、ABCによる2位争いも含めて、明日以降も要チェックである。

さて、チャートチェックに移っていきます。

本日は10/6付チャートに突入です。やっと10月付です。

では、さっそく…

10/6付オリコンウィークリーシングルチャート、第1位はこの曲!

第1位 The Birthday~Ti Amo~ /EXILE

EXILEの28枚目のシングルが初登場で1位を獲得!
おめでと~(^▽^)/

初動売上げは17.1万枚!前作『Pure/You're my sunshine』の初動12.1万枚から上昇

08年を「EXILE PERFECT YEAR」と題し、3枚のベストアルバムをリリースしたEXILE。

今作はその3枚のうち2枚が大ヒットする中で、リリースされたシングル。

ちなみに、前作は1枚目のベストの先行シングルであった。

つまり、今作はベストアルバムのヒットによる煽り、勢いを十分に受ける中でリリースされた最初のシングルだといえる。

このときのEXILEの勢いは凄まじいものがあり、初動上昇もうなずける結果である。

ただ、今作のリリースに関しては追い風ばかりではなかった。

 
au LISMOタイアップと映画主題歌のダブルタイアップであった前作に対し、今作はほぼノンタイアップ。

タイアップがあるのとないのとではリリース時点での世間への浸透度に大きな差が生じる。

しかし、そんな逆風をもろともしないあたり、昨年のEXILEの勢いを感じずにはいられない。
 

ただ、この初動売上げ高騰については他にも大きな要因があった。

今作の指数推移は非常に珍しいものなので、グラフとともにフィードバックしていこうと思う。

Tiamo_3

グラフで一際目立っているのが土曜付での急激な指数の上昇であろう。

週末でも指数を回復させられないアーティスト・アイドルが増えている昨今、この指数回復は異常なものである。

これには、金曜に放映された「金スマ」こと「中居正広の金曜日のスマたちへ」が大きく関わっていると思われる。

この週の「金スマ」ではEXILE特集が2時間以上にわたって放映されたのだ。

さらにその内容も、ただトークして歌って終わりといった一般の歌番組のようなものではなく、メンバー1人ひとりの半生を振り返るようなドキュメント形式で2時間どっぷり。

多くの人にEXILEを認知させるのには十分すぎる内容だったといえる。

その効果は放送終了後、すぐに現れる。

「レコチョク」の着うたフルランキングの上位には、過去曲も含めてEXILEの楽曲がずらりと並んだのだ。

そして、その放映効果が翌日以降のCD売上げにも直結し、この倍増を超える指数高騰となったのである。

過去の傾向からして、EXILEは週末にそこまで大きく指数を回復させるタイプではない。

もし、この放映がなければ、週末の指数は高く見積もっても7,000程度だった可能性が高い。

そうなると「金スマ」は初動を2万枚近く持ち上げたことになる(14,380-7,000+10,707-7,000=11,087に1.75を乗じると19,402枚)。

 
歌番組以外の番組にアーティストが出演すると強いという例は以前に木山裕策などでも見られた。

多少観点はズレるが、昨年大ブレイクを果たしたヘキサゴン勢もバラエティ番組から生まれ、歌披露の場も歌番組ではなく、そのバラエティ番組内であった。

ここまで多くのアーティストが成果を上げるとなると、今後も歌番組以外の番組を使ったプロモーションは多く見られそうだ。

 
第2位 あなたと  /絢香×コブクロ

絢香×コブクロの2枚目のシングルが初登場で2位にランクイン。

初動売上げは8.2万枚。前作『WINDING ROAD』の初動13.1万枚から大きくダウン

前作に続き、今作も日産「キューブ」CMソング。

そのCMはCDリリースの2ヶ月以上前からオンエアされており、世間での認知度も高かったと思われるのだが、初動は前作を大きく下回ることとなった。

初動2万台がやっとの絢香からすればかなりの躍進であるが、ここ数作連続で初動を10万台に乗せているコブクロからすれば減速モード。

単純に楽曲が前作ほど受け入れられなかったのだろうか。

 
リリース形態は前作と変わらず、CD1種リリース。

さらに、555円という安価も前作と一緒。

タイアップ、リリース形態が前作と何も変わっていないので、その他の要因が数字ダウンの原因ということに。

まぁ、もともと1回だけの企画モノ的な印象が強かったので、そこから2作目となると話題性からしてもダウンは仕方がないところか。

あとはコブクロがこのシングルの前にバラード系連発だったので、バラード需要はそんなに高くなかったといったところか。

Anatato_2

EXILEでもアップしたので、こちらもアップしておくと今作の指数推移は上のとおり。

EXILEのグラフと比べてもらうとわかるが、火曜付→水曜付でよく粘っている。

EXILEが水曜付で大きく指数を落としたことで、木曜付~日曜付の間のどこかでデイリー1位を奪取することも考えられたが、EXILEが先述した「金スマ」効果で爆上げしたために、それは叶わなかった。

 
 
ちなみに、気づいた方もいるかと思うが上にアップした2つのグラフには通常ならあるはずのない「月曜付」の欄がある。

実は、この週、ちょっと珍しい週で新譜が月曜付から登場したのである。

 
この週の新譜のリリース日は9月24日。そして通常、店頭にはそのリリース日の前日(「フラゲ日」と呼ばれている)に並ぶ。

しかし、9月24日の前日である9月23日は「秋分の日」で祝日。お休み。

そのため、流通の関係上、いくつかの店では月曜日から店頭へ並ぶことになったのである。

 
これからも火曜日が祝日になることは度々あると思われるので、今回のデータは参考として押さえておきたい。

ちなみに、EXILEの水曜付指数は火曜付の約3.7倍、絢香×コブクロの水曜付指数は約2.5倍となっている。

~今日のふといいなぁ~
8823  by スピッツ
sweetie by 木村カエラ

« aiko、初のシングル1位獲得へ好スタート!! | トップページ | タイトル曲表記順入れ替え商法? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« aiko、初のシングル1位獲得へ好スタート!! | トップページ | タイトル曲表記順入れ替え商法? »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ