Twitter

  • 私服ツイート

« KAT-TUN、ポスタードーピングで遊助を逆転! | トップページ | 遊助、RADWIMPSともに初動20万枚突破の快進撃! »

2009年3月16日 (月)

遊助、再逆転で1位に! RADWIMPSは初動20万枚突破へ!

今週はシングルチャート、アルバムチャートともに見どころいっぱい。

本日は集計期間があと1日と迫った土曜付デイリーチャート発表時点での両方の現状を軽くまとめておこうと思う。

 
まず、シングルチャート。

注目は遊助のチャートアクションと、KAT-TUNのポスタードーピングの成果である。

 
結果は記事タイトルにあるように、遊助が再逆転で1位浮上というものだった。

KAT-TUNのポスタードーピングの効果の多くはキャンペーン初日であった13日(金)に固まったようで、KAT-TUNの土曜付(デイリー5日目)の推定売上は前日から大きくダウンして23414となった。

ただそれでも、前作『ONE DROP』の土曜付の水準より1万枚以上高く、ポスタードーピング効果は引き続き出ていると思われる。

(『ONE DROP』土曜付指数7064×1.84…=13000⇔『RESCUE』土曜付推定売上23414)

しかし、遊助はそのポスター効果付きのKAT-TUNを上回ってきた。

遊助の土曜付(デイリー5日目)の指数は24145

それほど大きくはないもののKAT-TUNとは違い、週末で指数を回復させてきた。

ここまでの推定売上合計は195634(枚)。

集計最終日での20万枚突破は確実だ。

それどころか、明日発表の日曜付ではドラマ「上地雄輔ひまわり物語」の放映効果、「めちゃ×2イケてるっ!」放映効果がダブルで出ると思われ、推定売上は大きく伸びる可能性がある。

もしかすると、金スマ効果のEXILEのときのような爆発的な伸びを見せるかもしれない。

集計最終日の遊助のチャートアクションに注目したい。

 
次に、アルバムチャート。

こちらは12日の記事でRADWIMPSの快進撃をピックアップした。

RADWIMPS「アルトコロニーの定理」は初日に77493(枚)を売上げ、1日で前作の初動に並ぶというロケットスタートを見せた。

当ブログで参考までにアップした『オーダーメイド』をもとにした予測まではいかないものの、その後も順調に売上げを積み上げた。

デイリー2日目以降の推定売上を代入し、日曜付の推定売上を『オーダーメイド』をもとに予測したグラフが次である。

Photo

Excel

上で紹介した遊助やKAT-TUNと違い、メディア露出がないRADWIMPS。

土曜付(週末)での指数回復はほとんどなかった。

ただ、それでもデイリー5日目終了時で推定売上合計は195100(枚)

最終日での初動20万枚突破は確実となり、これまでのRADWIMPSの作品中最高のスタートになるのは間違いない状態になった。

遊助同様、こちらも最終日でどこまで数字を伸ばしていけるのか、注目である。

さて、チャートチェックに移ります。

前回は10/27付シングルチャートの4位までを見終わったので、本日は5位以降をいくつかピックアップしていきます。

では、さっそく…

10/27付オリコンウィークリーシングルチャート、第5位はこの曲!

第5位 プラネタリウム  /いきものがかり

いきものがかりの11枚目のシングルが初登場で5位にランクイン。

初動売上げは2.0万枚。前作『ブルーバード』の初動3.2万枚からやや大きめのダウン

どうやら前作はアニメ「ナルト」タイアップで高めに出ていたようで、前々作『帰りたくなったよ』の初動1.9万枚とほぼ同じラインに戻ってきてしまった。

今作はNHKドラマ「キャットストリート」主題歌。

いきものがかり初のドラマタイアップだったのだが、そのドラマは平均視聴率5.9%と撃沈。これじゃタイアップ効果は期待できない。

カップリングもNHK「スタジオパークからこんちには」のテーマ曲となっているのだが、これもどうだろう…。

ダブルNHKタイアップではあるが、どちらも効果は薄そう。

ってことで、元のラインに戻ってきてしまうのも頷けるところか。

でも「いきものがかり」の名前は確実に広まっているし、メディア露出なども増えてはいるのでもう少し固定ファンが増えてもいいのではないかと思う。

ただ、そんな固定ファンが付かない状態も年末の3rdアルバムの大ヒットで好転するのではないかと密かに期待している。

5月にリリース予定となっている次のシングルのチャートアクションは注目である。

第6位 藤沢ルーザー /ASIAN KUNG-FU GENERATION

アジカンの12枚目のシングルが初登場で6位にランクイン。

初動売上げは2.0万枚。前作『転がる岩、君に朝が降る』の初動3.5万枚から大きくダウン

ここ最近は人気のピークは過ぎた感じだったが、3万台はなんとかキープしていた。

しかし、今作は3週後にアルバムのリリースを控えた先行シングルという性質もあって、一気に数字を下げてしまった。

ブレイク後で初動2万台は初のことだと思われる。

まぁ、曲自体がカップリングのような楽曲なので、アルバム待ちが多かったのかなと。

前作が若干高レベルな週に当たり、今回普通な週に当たったため、順位は前作から変わらなかった。

 
以下、ピックアップ。

第9位 うまなみで。/絶交門  /仙台貨物

V系バンド「ナイトメア」の裏コミックバンド、仙台貨物の約1年ぶりのシングルが初登場で9位にランクイン。

初動売上げは1.2万枚。前作『芸スクール漢組!!/オーバーザゲインボー』の初動1.3万枚から微減

今作は【CD+DVD】が2種と【CDのみ】が1種で計3種リリース

収録曲に違いはないが、DVDの内容が異なるため複数枚購入促進商法と言える。

ホームページなどを見てわかるように完全にコミックバンドなのだが、商法はかなりV系っぽい。そこは引き継いでいるのか。

とりあえず、ナイトメアファンがほとんどついてきている感じではない。

第13位 TABOO  /倖田來未

前週の1位から12ランクダウン

週間売上げは0.9万枚。前週の初動6.6万枚から大きくダウン

ファンの固定化が進みすぎているようで、一気に7分の1になってしまった。

数年前はここまで酷くなかったのだが、例の「羊水」事件の影響か、一部のファン以外のライト層にはほとんど訴求できていないようなチャートアクションである。

 
それでも、まだ7分の1。

先日のNEWSの新譜は10分の1以下になっていた。

ジャニーズ勢は1週目の数字が桁違いなので、2週目で大暴落しても1万枚を切ることはない。

一般のアーティストがこのレベルの大暴落をさせてしまうと非常に危ない。まず、2週連続TOP10入りができない。

~今日のふといいなぁ~
くず星  by ゆず
ランデヴー  by YUKI

« KAT-TUN、ポスタードーピングで遊助を逆転! | トップページ | 遊助、RADWIMPSともに初動20万枚突破の快進撃! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« KAT-TUN、ポスタードーピングで遊助を逆転! | トップページ | 遊助、RADWIMPSともに初動20万枚突破の快進撃! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ