Twitter

  • 私服ツイート

« Perfume、快調なスタートで週間1位確定へ! | トップページ | YUI復活!6月にシングルリリース決定! »

2009年3月28日 (土)

Perfumeは前作超え確実圏へ!

Perfumeが前作超えへと加速している。

デイリー初日終了時の前回記事では前作を若干ながら上回るスタートを切ったとお伝えしたが、そこから2日。

前作超えがほぼ確実といえる圏内に突入している。

 
まず、水曜付デイリー(デイリー2日目)。

前回記事でも書いたように、Perfumeのチャートアクションの特徴といえば2日目での暴落

前作『Dream Fighter』のときにはデイリー2日目で初日指数の44%※にまで減少していた。※(8377/18901)*100

それが今作の2日目ではこれまでにない粘りを見せることになる。

 
デイリー2日目の推定売上は18879(枚)

1日にして大きなダウンであることは変わらないが、前作に比べるとかなり粘っており、百分率で53%。※(18879/35816)*100

当然、前作を基準とした前回記事での予測値の15874を大きく上回った。

Old2

Oldex2

なんとデイリー2日目終了時点では最終到達地点が8.1万枚を突破。

これだと前作超えどころか、自身の最高初動シングルである『love the world』さえも僅かにではあるが超えることになる。

 
そんな可能性を秘めるなか発表となったのが昨日発表されたデイリー3日目の結果。

デイリー3日目の推定売上は7884(枚)

連日での大きなダウンで、さらに2日目終了時での予測値8295を400ほど下回ってしまった。

これによって、『love the world』超えに黄色信号が点灯。

Old3

Olde

この予測上では最終到達地点は初動8.0万枚ということになる。

これだとほんの数百枚だが『love the world』には及ばない。

 
しかし、前作『Dream Fighter』の初動を超えるのはほぼ間違いない状態。

そして、もし残り3日間で前作以上の粘りを見せるようなことがあれば、再び『love the world』超えの可能性が復活することになる。

 
Perfumeは昨日、「Mステ」のスペシャルに出演。『ワンルーム・ディスコ』を披露した。

この効果が週末(土・日)付のチャートに現れるか否か。

すべてはそこにかかってきそうだ。

さて、チャートチェックに移ります。

本日は11/10付チャートに突入していきます。まずはシングルチャートから。

では、さっそく…

11/10付オリコンウィークリーシングルチャート、第1位はこの曲!

第1位 無責任ヒーロー  /関ジャニ∞

関ジャニ∞の9枚目のシングルが初登場で1位を獲得!おめでと~(^▽^)/

初動売上げは34.8万枚!前作『ワッハッハー』の初動19.4万枚から大上昇

なんとこのタイミングで自己最高初動を記録。

関ジャニのシングルが初動で30万枚を超えるのはデビュー以来初のことになる。

そして、一気に当時のKAT-TUNの売上げ水準にまで追いついた。

 
しかし、この大幅上昇に関してはチャートファンの中で疑問の声が多い。

およそ15万枚も一気に売上げを伸ばす明確な要因が見当たらないからである。

 
ただし、単に上昇する要因ならすぐに見つかる。

やはり商法による釣り上げである。

 
今作は初回限定盤A、初回限定盤B、通常盤の全3種リリース

関ジャニのこれまではDVDの有無+収録曲違いの2種で複数枚購入促進商法というのが恒例であった。

これまでの関ジャニの最高初動シングルは06年12月の『関風ファイティング』だったのだが、このときは全7種のミサンガ付属というオマケ商法であり、3種リリースには手を出していなかった。

それがここにきて、一気にパッケージを増やしてきたのである。

それも、購入で全音源、映像を集めるためには3種すべて買わなくてはならないという極悪な複数枚購入促進商法。(初回限定盤A、BのDVDは内容違い、通常盤にのみ収録の新曲あり)

これによってファン1人が購入する枚数が増えたため数字は飛躍的に伸びたのだろう。

 
ただ、仮に関ジャニファンがおよそ10万人で、仮に前作ではファン全員が2枚ずつ購入していたとして、仮に今作でファン全員が3種買ったとしても、今回の約15万枚の上昇は上がりすぎ。

タイアップ先も日テレのスポーツ番組なので、ほぼ効果はゼロのはず。

レギュラー番組が増えたり、メンバーがファンの内輪のレベルを超えて話題になったりということは、嵐ならまだしも関ジャニに関してはなかったはずなので、ここまでの上昇の理由がわからない。

まさに謎の上昇である。いったい何が。

 
なお、今回あまりに高い数字が出たため、これまでの全てのシングルの累計をこの1週で超えてしまった。

第2位 時の足音 /コブクロ

コブクロの16枚目のシングルが初登場で2位にランクイン。

初動売上げは13.6万枚。前作『蒼く 優しく』の初動11.2万枚から上昇

前作から約1年ぶりのシングルだったが、数字を伸ばしてきた。

 
今作はドラマ「オー!マイ・ガール!!」主題歌となっており、

これで6作連続ドラマ主題歌

それもすべて「研音」所属の俳優主演のドラマばかり。

ちなみに、速水もこみち出演ドラマは3作目となる。

今作のおよそ1ヵ月前にリリースされた絢香×コブクロのシングルが前作から大きく数字を落としていたので、コブクロ人気ダウンかと危惧されたのだが、心配無用だったようだ。

 
ただ、タイアップ先のドラマは平均視聴率7.5%と一桁街道まっしぐら。

よって、効果はほぼゼロの状態だったはず。

今回の上昇に関しては、カップリングに収録されたインディーズ時代の楽曲『赤い糸』の宣伝効果によるところが大きいと思われる。

 
『赤い糸』は2週前に新垣結衣がカバーし、TOP10ヒット。

その前にも前作『蒼く 優しく』のカップリングにライブヴァージョンとして収録され、話題を呼び、着うたと着うたフルも大ヒットとなっていた。

その楽曲が録り直しで収録されたわけだから、実質のところ両A面のような内容。

ついでに、もう1曲のカップリング曲もCMタイアップがついている。

 
06年9月のベストアルバムから始まったコブクロフィーバーはまだ続いていたようで、複数枚購入促進商法を使わずに10万超えをできる希少なアーティストの一つとなっている。

第3位 ニホンノミカタ -ネバダカラキマシタ-  /矢島美容室

とんねるずとDJ OZMAによる企画ユニットが初登場で3位にランクイン。

初動売上げは3.9万枚

過去に「野猿」を輩出したバラエティ番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」からの久々のユニット。

失踪中の父、矢島を探すためにネバダからやってきた母(木梨)と娘二人(石橋、DJ OZMA)による3人組ユニットという設定であり、

あからさまにコミックユニットなのだが、思った以上に当たった

 
DJ OZMAのほうはシングルを出してももう上位にランクインすることはないほど衰退していたので、やはりとんねるず参加の企画というのが強かったようだ。

タイアップとして長澤まさみと古田新太によるロッテのCMが東日本では早くからオンエアされていたようで、その効果も大きかったか。
 

リリース形態はCD+DVDの1種リリース

全5種トレカのランダム封入はあるものの、複数買いはほとんど起きていないと思われる。

それでこの数字なら普通に成功といっていい。

まあ、とんねるずの2人は過去の実績もあるので、満足していないかもしれないけど。
 

このあと今作は初動3.9万枚からなんと最終的に累計10万枚を突破するロングヒットを記録することになる。

年末の忘年会シーズンに合わせたパーティチューンだったのもよかったのかも。

というか、このメンバーではパーティチューン以外出せない気も…。

第4位 モノクロのキス /シド

シドの12枚目、メジャー第1弾シングルが初登場で4位にランクイン。

初動売上げは3.7万枚。前作『涙の温度』の初動1.9万枚からおよそ2倍の大上昇

これまでインディーズで着実に人気を付けてきたシドだが、このタイミングでメジャーデビュー。

レコード会社はソニー系。

で、ソニー系ということでやはりお決まりのアニメタイアップで勝負してきた。

「若手にはアニメ」というソニー不動の戦略で一気にブレイクさせようという魂胆らしい。

 
リリース形態は初回限定盤A、初回限定盤B、通常盤の全3種リリース

収録曲に違いはないものの、限定盤に付属のDVDはAとBで内容が異なる。よって、複数枚購入促進商法

 
ただ、もともとV系バンドの商法ってのはキツいものが多く、前作『涙の温度』も今回とほぼ同じ3種リリースであった。

なので、今回の「上昇」に関しては商法の効果よりもアニメ「黒執事」タイアップとメジャーレーベル移籍による宣伝力等のアップが大きな要因だと思われる。

 
初動3.7万枚は余裕でTOP3入りできる数字なのだが、中途半端に上位のレベルが高い週に当たったため、それは叶わなかった。

通常、ソニーのアニメ固め戦略はなかなか固定ファンを掴めずに苦戦するのだが、彼らは既に長く活動し固定ファンも多く掴んでいる。

次作でアニメから外れれば初動ダウンは避けられないだろうが、そこまで大きなダウンにもならないと思われる。

少なくとも、FLOWみたいにはならないはず…。

~今日のふといいなぁ~
GONE WITH THE WIND  by GLAY
STRENGTH.  by abingdon boys school

« Perfume、快調なスタートで週間1位確定へ! | トップページ | YUI復活!6月にシングルリリース決定! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Perfume、快調なスタートで週間1位確定へ! | トップページ | YUI復活!6月にシングルリリース決定! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ