Twitter

  • 私服ツイート

« 遊助、再逆転で1位に! RADWIMPSは初動20万枚突破へ! | トップページ | イチロー。 »

2009年3月18日 (水)

遊助、RADWIMPSともに初動20万枚突破の快進撃!

シングル、アルバムともに見どころ満載で盛り上がったこの1週間。

シングルは「遊助」こと上地雄輔の快進撃、KAT-TUNの緊急ポスタードーピングを取り上げていきました。

アルバムはRADWIMPSの躍進をピックアップしていきました。

 
そして、それらの最終的な結果が今朝オリコンから発表されました。

ということで、本日は遊助とKAT-TUN、RADWIMPSの推定売上推移等を軽くまとめておこうと思います。
 

Rescue_matome

Rescueexcel_2

  • 初動売上げは32.3万枚。前作『ONE DROP』の初動28.1万枚から4万枚以上の上昇。
     
  • 金曜付から「緊急ポスタープレゼント」効果が出ていると思われる。ただ、ポスター目当てのファンも初日(金曜付)に固まったようで、週末での売上回復はなし。
     

Yusuke

Yusuke_excel_2

  • 木曜付(デイリー3日目)でKAT-TUNを1位から引きずり落とす大金星。(KAT-TUNがデイリー3日目で1位から陥落するのは初。)
     
  • 土曜付で指数回復するものの上げ幅はわずか。さらに、日曜付では前日のドラマ放映があったにもかかわらずダウン。多くのCDショップで品切れが続出していたという情報があり、そのため頭打ちになってしまったと思われる。
     
  • 羞恥心での3枚のシングル、アラジンでのシングル等、これまでの「ヘキサゴン」関連作すべての初動を上回るスタートとなった。

Arutokoroni

Arutokoroniexcel

  • デイリー初日で前作『RADWIMPS4~おかずのごはん~』の初動7.8万枚にほぼ追いつくロケットスタート。
  • 前作の初動7.8万枚から3倍近くの大上昇。
  • 週末での売上回復はほぼなし。

 
今回、ピックアップした楽曲、作品がすべて初動20万枚を突破していることに注目ですね。

ちなみに、アルバム1位のレミオロメン「レミオベスト」も初動20万枚突破しています。

よって、3/23付ウィークリーチャートはシングル、アルバムともに1位、2位が初動20万枚超えを達成していることに。

これは昨年の7/7付チャート以来のことで、シングルに関してはこのときも1位ジャニーズ、2位ヘキサゴンという並びでした。

 
とりあえず、決算近くということもあってチャートが潤ってきました。

チャートファンとしては見どころがたくさんあって、非常に面白い1週間でした。

もっとこういった景気のいい数字が並ぶ週が増えることを願います。

チャートチェックに移ります。

前回は10/27付シングルチャートを見終わったので、本日はアルバムチャートを見ていきます。

では、さっそく…

10/27付オリコンウィークリーアルバムチャート、第1位はこの作品!

第1位 Expressions  /竹内まりや

3週連続1位!

週間売上げは7.2万枚。前週の13.3万枚から半減以上でキープ。

ベストということもあって、かなりの粘りを見せており、累計は早くも50万枚を突破。

周りに強敵がいなかったため、1位という順位は若干ラッキーな感じがするが、3週目で7.2万枚はすごく立派。

本当に世間に浸透しているからこそ残るチャートアクションである。

竹内まりやはデビュー30周年のベテラン。

けどその力は衰えることなく、多くの若手がなかなか突破できない50万枚の壁をいとも簡単に越えていった。

ベテランの奮起というのもチャート、音楽シーンを盛り上げる重要な要素だと感じさせられる結果だ。

第2位 VAMPIRE /9mm Parabellum Bullet

ロックバンド、9mm Parabellum Bulletの2ndフルアルバムが初登場で2位にランクイン。

初動売上げは3.0万枚。前作「Termination」の初動1.7万枚から上昇

前作がメジャー1発目のアルバムでいきなりTOP10入り。

そこから今作の間にリリースされたのはシングル『Supernova/Wanderland』1枚のみ。

その前のシングル『Discommunication e.p.』はTOP10入りしていたが、『Supernova/Wanderland』は惜しくもTOP10入りならず。

ということで、今作のリリースに際しては特にこれといった大きな煽りはなかった。

それでも売上げを伸ばしてくるのだから、口コミなどで人気は上昇中だったのだろう。

 
敢えて、上昇要因を挙げるなら『Wanderland』がアニメの主題歌に起用されたということと、収録曲『Living Dying Message』がTBS「CDTV」のオープニングテーマに抜擢されたことか。

ともにそこまでタイアップ効果があるものとは思えないが、たとえ僅かでもライト層を引き込めたのであれば大成功といった感じだろう。

この上昇気流の中、リリースされる次の作品のチャートアクションに注目だ。

第3位 FIRE AGE  /ザ・クロマニヨンズ

ザ・クロマニヨンズの3枚目のシングルが初登場3位にランクイン。

初動売上げは2.7万枚。前作「CAVE PARTY」の初動3.2万枚からダウン

デビュー作「ザ・クロマニヨンズ」は初動6.2万枚と快調なスタートだったが、2nd「CAVE PARTY」で初動3.2万枚と大きく後退。

このときでザ・ハイロウズの最後のオリジナルと同じくらいだったが、今回はそこからさらにダウン。

ついに、ハイロウズ時代よりも低めの数字になってしまった。

 
おそらくファンの多くはハイロウズ時代からのファンだと思うが、それがジリ貧している感じだろうか。

ドラマ主題歌になったり、ベストを連発したりすることもないだろうし、新規ファンがなかなか付きにくい状況にあると思われるので、固定ファンに離れられると厳しくなってくる。

なんとかこの辺りで下げとめておきたいところだ。

 
今作のジャケットにプリントされているキャラは高橋ヨシオというらしいが、このキャラでキャラマーチャン仕掛けるってのは…ないな。

ちなみに、上のキューミリとクロマニヨンズはシングルでも同じリリース日だった。

そのときはクロマニヨンズが上だったが、アルバムでは逆転となった。

~今日のふといいなぁ~
エイミーシンドローム by LAST ALLIANCE
きみにしか聞こえない  by DREAMS COME TRUE

« 遊助、再逆転で1位に! RADWIMPSは初動20万枚突破へ! | トップページ | イチロー。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 遊助、再逆転で1位に! RADWIMPSは初動20万枚突破へ! | トップページ | イチロー。 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ