Twitter

  • 私服ツイート

« 関ジャニ、2週目は初動の16分の1に…。 | トップページ | ドリカム、9年10ヶ月ぶりの週間1位! »

2009年4月13日 (月)

加藤ミリヤが自身初の週間1位獲得。

4月から社会人になるってことで。

給与を振り込んでもらうために、口座開設をしまして。

はりきって、人生初めてのクレジット機能付きキャッシュカードにしたんだけど。

 
使い方がわからんという事態に。

(;´д`)トホホ…

 
何度も預金残高を見ようとトライしても、クレジットの借入れ残高とかクレジット関係のことしか出てこない!

(゚⊿゚)ニャロウ

 
このカードじゃ預金残高って見れないのかと諦めかけてカードをぼーっと見ていると…

発 見 !

Cashcard

矢印が2方向ついとる!

これはもしや……チャレンジ!

「キャッシュカードのご利用」の矢印の方向に入れて…と。

 
おぉ~!無事、預金残高が見れた!

これで預け入れも引き出しもできるぞぉ~ヽ(´▽`)/

 
って、

なんだこの低レベルすぎる話。

こんなことで盛り上がってすいません。

 
でも、カードを入れる向きで違う機能を利用できるなんて。

頭いい人がいるもんだね。
 

そして、

「知らない」ってある意味すごいことだ。

そんなことを思いながら、ひとつ一般の人に近づいた私でした。

さて、チャートチェックに移ります。

本日は11/17付アルバムチャートを見ていきます。

ではでは、さっそく…

11/17付オリコンウィークリーアルバムチャート、第1位はこの作品!

第1位 BEST DESTINY /加藤ミリヤ

加藤ミリヤのサンプリングベストが初登場で1位を獲得!おめでと~(^▽^)/

なお、彼女にとってはこれが初の週間1位獲得となる。

初動売上げは9.2万枚。前作「TOKYO STAR」の初動8.2万枚から上昇

サンプリング楽曲を集めたベストアルバムということなので、一般のアーティストがリリースするような「ベスト」とは若干志向が違う。

ただ、彼女のヒット曲はほとんどが過去のヒット曲をサンプリングしたものが多いので、ベストだと思って購入した人も多いのではないだろうか。
 

リリース形態はDVD付の初回盤とCDのみの通常盤の2種。

ジャケットが異なるが、アイドルのファンと違って彼女のファンにジャケ写までコンプリートしようとするタイプはあまりいないと思われる。

特に、商法の効果は気にしないでいいだろう。

 
ちなみに、何だかよくわからないが、この1位は「シンガーソングライターによるベストアルバムの最年少1位」記録なんだとか。当時のミリヤは20歳。

これまでは宇多田ヒカルが21歳のときにリリースした「Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.1」が最年少記録だったらしい。

どう考えても、「宇多田超え」を宣伝材料にしたかったがために探しに探しぬいた記録という感じ。

まぁ、同じ1位でも宇多田の先述したベストは初動140.3万枚だったわけで。

今回の彼女の初動9.2万枚はその15分の1なわけで。

それでも、この手のことに詳しくない人がこの記録のことが書かれた記事を読めば、凄いと勘違いする可能性もある。

 
なお、オリコンはこの記録に一切触れていない。(「オリ☆スタ」でもノータッチ)

第2位 サーフ ブンガク カマクラ /ASIAN KUNG-FU GENERATION

アジカンの08年早くも3枚目のアルバムが初登場で2位にランクイン。

初動売上げは5.6万枚。前作「未だ見ぬ明日に」の初動5.2万枚から上昇

前作は全6曲入りのミニアルバムのため、初動を約半減させていた。

そこから一転、今回はフルアルバムなのだが、またしても通常のフルアルバムとは少し違う。

9thシングル『或る街の群青』からカップリングには曲名に「江ノ電」の駅名が入った楽曲が収録されてきたが、今回はそれらを収録したコンセプトアルバムのようなかたちになっている。

つまり、収録シングルは先行シングルとしてリリースされた『藤沢ルーザー』以外、カップリング曲ということになり、高い数字を出すのは(ライト層に訴求するのは)ちょっと難しい内容。

それを踏まえると、これくらいの数字を出せれば十分なのかもしれない。

果たして、純粋なフルアルバムを出したときの彼らのセールスパワーは如何ほどになっているのだろうか。

08年はフルアルバム2枚、ミニアルバム1枚とデビュー以来初めて3枚もアルバムをリリースしたアジカンだが、固定オンリーの世界になりつつある。

何とかして新規ファンを獲得していきたいところだが、ソニーの拠り所はやはりアニメタイアップということに…。

ある程度キャリアを積んでからのアニメタイアップはそれほどファン獲得効果が見込めないんだけどね。

第3位 Expression  /竹内まりや

前週の6位から3ランクアップ。

週間売上げは3.1万枚。前週の4.3万枚からダウンだが、下げ幅は小さい。

前週に比べ周りのレベルが下がったため、売上げを下げながらも再びTOP3に戻ってきた。

この週で累計は63.7万枚に到達。この安定感はさすがとして言いようがない。

 
以下、ピックアップ。

第6位 PORNO GRAFFITI BEST ACE /ポルノグラフィティ

第7位 PORNO GRAFFITI BEST JOKER /ポルノグラフィティ

前週の1位、2位からそれぞれ5ランクダウン。

週間売上げは2.2万枚2.0万枚

ベストアルバムとは思えない、全く勢いを感じないチャートアクションになっている。

前週の初動10.5万枚10.3万枚からともに5分の1になる下落と、ロングヒットする気配がまるでない。

未だに両方ともオリジナルアルバムだった前作の初動に追いついていない。

いったいどうしたんだろうか。

~今日のふといいなぁ~
Freedom  by Dragon Ash
HERO by Mr.Children

« 関ジャニ、2週目は初動の16分の1に…。 | トップページ | ドリカム、9年10ヶ月ぶりの週間1位! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 関ジャニ、2週目は初動の16分の1に…。 | トップページ | ドリカム、9年10ヶ月ぶりの週間1位! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ