Twitter

  • 私服ツイート

« 「08年音楽シーンの顔は?」結果発表! | トップページ | 関ジャニ、2週目は初動の16分の1に…。 »

2009年4月 9日 (木)

嵐、08年は全シングルが初動30万超え!

新入社員研修真っ最中です。

死ぬほど多忙でもないんですが、学生最後の年にかなり不規則な生活をしていたため、朝起きるだけでもかなりしんどい。

 
研修が終わったらさっさと帰ってくればいいんですが、帰りしなに渋谷があるもんだから、田舎者の私はすぐ探検したくなるのです。

今日は東急ハンズとLOFTを何を買うでもなく、ブラブラしてきました。

いいなぁ、便利だなぁ、東京。
 

てか、いきなり暑いな、東京。

今日は日中、普通に20℃越えてたんですね。

北国生まれの私はこれでも余裕で夏バテできます。

 
4月に夏バテしないためにも、少しでも早く規則正しい生活に戻さなくちゃ。

 
なかなか更新できないですが、どうか今後もご贔屓にお願いします。

チャートチェックに移ります。

11/17付チャートに突入します。まずはシングルから。

では、さっそく…

11/17付オリコンウィークリーシングルチャート、第1位はこの作品!

第1位 Beautiful days  /嵐

嵐の24枚目のシングルが初登場で1位を獲得!おめでと~(^▽^)/

初動売上げは35.2万枚!前作『truth/風の向こうへ』の初動46.7万枚からダウン

ダウンとはいっても余裕で初動30万台。ここだけ次元が違う

 
今作も前作に引き続き、メンバー出演ドラマの主題歌というタイアップ。

リリース形態は初回盤と通常盤の全2種で、DVD付とカップリングが1曲多いというパターン。

当たり前のように複数枚購入促進商法

 
多くのファンが2枚ずつ買っているとしたって初動35万超えは半端ないのだが、やはり両A面で全3種リリースだった前作までの高騰にはならず。

商法がかなり数字に影響を与えていることが丸分かりになる結果となった。

それでも前々作『One Love』より高く出たのは、カップリングもauのCMソングとなっているからだろうか。

 
これで08年の嵐はリリースした全シングルの初動が30万超えしたことに。凄すぎる。

楽曲的に見ても、ドラマ主題歌のタイトル曲、CMソングのカップリング、そして通常盤にしか入っていないカップリング曲、どれを取っても完成度が高い。

ひと通り聴くと、事務所が資本を目一杯ここに集結させているのがわかると思う。

 
前回記事で結果を発表したnifty投票「あなたの思う08年、音楽シーンの顔は?」でも圧倒的な票を集めて1位に。

チャートアクション的には他のジャニーズアイドル同様、ライト層はほとんどスルーの状態みたいなのだが(2週目急落)、ライト層から改めてファンになった人がかなりいたようで、凄い数字を連発。

一気にジャニーズのトップに立った。

08年は完璧に嵐の年だった。

第2位 シシカバブー  /ゆず

ゆずの26枚目のシングルが初登場で2位にランクイン。

初動売上げは5.2万枚。前作『Yesterday and Tomorrow』の初動4.7万枚から上昇

前作ではブレイク後おそらく初めて初動が4万台にまで割れ込んでいたが、ここで何とか持ち直し。

しかし、前々作『ストーリー』の初動5.7万枚よりは低く、厳しい状態なのは変わらない。

 
今作は約8年ぶりのドラマタイアップ

そのドラマ「サラリーマン金太郎」の視聴率は深夜枠にしては高いようだったので、もう少しタイアップ効果が見られてもよかったと思うのだが。

まぁ、ゆずはもう固定ファンがっちりだし、ちょっとやそっとのタイアップでは数字が弾力的に動くことはないのかも。

 
ただ、今回追い風だったはずなのはタイアップだけではない。

商法である。

ジャニーズのような複数枚買わせるようなものではないが、今作ではゆずとっては初めて初回限定盤がリリースされたのだ。

そういったことを考えると、やはりこの数字じゃ物足りない。

何とかしてライト層にも訴求し、新規ファンを獲得していきたいが…。

第3位 時の足音  /コブクロ

前週の2位から1ランクダウン

週間売上げは3.3万枚。前週の初動13.6万枚からダウン。

前作は初動11.2万枚から2週目3.8万枚だったので、今回のほうが明らかに粘れていない。

まだまだ勢いはあるが、バラード連発で若干飽きられているのか。

それとも、ファンが少しずつ固定化されてきているのか。

少なくともベストアルバムが驚愕のヒットを記録した直後の勢いはない気がする。

第4位 今日も どこかで  /小田和正

小田和正の26枚目のシングルが初登場4位にランクイン。

初動売上げは2.9万枚。前作『こころ』の初動4.8万枚から大きくダウン

前作はいわずと知れた名曲『ラブ・ストーリーは突然に』以来、約16年ぶりの「月9主題歌」ということでかなり話題となった。

ちなみに、その『ラブ・ストーリーは突然に』以来の週間1位も獲得していた。
 

そんな強烈プッシュの前回から一転、今作は「めざましテレビ」テーマソングというシンプルなタイアップ。

タイアップ効果は明らかに前回のほうが上であり、ダウンは仕方がないといった感じ。

NHKドラマの主題歌だった前々作『ダイジョウブ』よりも高いし、これなら上出来だろう。

~今日のふといいなぁ~
SNOW  by 吉井和哉
Birds feat. arvin homa aya  by FreeTEMPO

« 「08年音楽シーンの顔は?」結果発表! | トップページ | 関ジャニ、2週目は初動の16分の1に…。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「08年音楽シーンの顔は?」結果発表! | トップページ | 関ジャニ、2週目は初動の16分の1に…。 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ