Twitter

  • 私服ツイート

« アルバム型アーティストといえばこの人! | トップページ | Gackt、ファンクラブ盤はオリコン集計外。 »

2009年5月21日 (木)

更新停滞の理由は。

更新を途絶えさせてしまって、ホント申し訳ありません。

前回の更新からもう1週間以上も経ったのか。

なんか社会人になると毎日が過ぎるのが速いです。

これは何か工夫しないとただ単調に「仕事→寝る」だけを繰り返す日々になりそう。

 
今回ここまで更新期間をあけてしまったのはただ仕事のためということでなく…えーとですね。

私、先週末。

胃腸炎で倒れました。

 
絶好のプライベート満喫チャンスの土日に、38.6度の熱と腹痛で悶絶。

「土曜日にいっぱいCDとDVD借りるんだ!」と意気込んでいたこともあって、TSUTAYAに行く夢を見ました。

でも、具合が悪いときに見る夢ってのは最悪な内容で。

探しても探しても、お目当ての物が見つからない!

JUJUも、ゆずグレンも、シドも、ベボベも、モヤさまDVDも。

ない!なぁ~い!ってなって目が覚めました。悪夢でした。

 
そんな週末から引きずり、週前半もグロッキーデイズ。

やっと今日あたりからマシになってきたので、久々に更新となったわけです。

 
新型インフルエンザも怖いけれど、皆さん胃腸炎にも気をつけてくださいね。

とりあえず、これからはコツコツと更新していけると思いますので、よろしくお願いします。

さて、チャートチェックに移ります。

本日は12/15付チャートに突入。まずはシングルから見ていきます。

ではでは、さっそく…

12/15付オリコンウィークリーシングルチャート、第1位はこの曲!

第1位 White Xmas /KAT-TUN

KAT-TUNの8枚目のシングルが初登場で1位を獲得!おめでと~(^▽^)/

初動売上げは25.0万枚。前作『DON'T U EVER STOP』の初動38.2万枚から大幅ダウン

これでデビューから8作連続1位だが、ついに初動が30万台を割った。記録ストップ。

前作は初回限定盤が3種でそれぞれ2人ずつメンバーのソロ曲を収録という、若干引いてしまうくらいの極悪商法

そこから一転、今回は期間限定生産で、かつDVDの有無で2種リリースというシンプルな形態で勝負してきた。

さらに、カップリング楽曲もなく、タイトル曲のカラオケが収録されるのみ。

よって、リリースの状況的に前作を割れ込むことは目に見えていた。

 
ただ、これでジャニファンが複数買いを控えていると読むのは甘い。

今回もいつもどおり通常盤と初回盤でジャケット写真が異なる。

ジャニファンを相手にするなら、これでも十分複数買いを促すことができるのだ。

 
さらに、ポイントなのは今回通常盤がワンコイン(500円)シングルだということ。(初回盤は1,680円と高価)

今回のリリース形態的に通常と初回どちらも買う必要というのはあまりないのだが、ジャニファンのジャニーズへの貢ぎ魂を考えれば1,680円も2,180円もそんな変わらないはず。

このシングルに関しては「実質1種リリース」と考えるチャートファンも多くいるが、個人的には「いつも2枚以上買ってる人は今回も2枚以上買ってる」と考えていいと思う。

(余談だが、知り合いに5人KAT-TUNファンいて、そのうち4人が2枚買っていた。)

 
デビューして初めて、初動が20万台にまで落ちてしまったとは言ってもトップクラスなのは確か。

リリース形態がいつもの複数枚購入促進商法に戻れば、売上げはすぐ回復するだろう。

第2位 扉  /GReeeeN

GReeeeNの8枚目のシングルが初登場で2位にランクイン。

初動売上げは4.2万枚。前作『キセキ』の初動18.6万枚から大幅ダウン

言わずもがな、前作は異常

ドラマ効果爆発という状態だった。

 
初動4.2万枚は彼らにとって、自身2番目に高い数字。

『キセキ』のヒットでシングル買いのファンも多少増えたようだ。

以前、『愛唄』のときには大ヒットしたにもかかわらず固定ファンがほとんどつかないという悲劇に陥っていたが、今回はそのときよりはマシな感じに。

このシングルの直前に「BReeeeeeeeeeN」としてもシングルを出していたが、そのときの初動2.2万枚より数段上ということで、今回の数字は上々だと言えるのでは。

 
リリース形態は初回限定盤と通常盤の全2種で、初回限定盤には「限定シングル」が付属されており、CD2枚組となっている。

アルバムならまだしも、シングルが2枚組ってのはかなり珍しい。

レコード会社も必死に新しいことをしようとしているのがよくわかる。

とりあえず、残量いっぱいのシングルをわざわざ2枚組にするってのは自然には優しくはないけどね。

第3位 Prototype  /石川智晶

音楽ユニット「See-Saw」のヴォーカル、石川智晶のソロ6枚目のシングルが初登場で3位にランクイン。

ソロとしては初のTOP10入りとなる。

初動売上げは2.9万枚

無名アーティストのいきなりの上位ランクインときたらアニメタイアップなのだが、今回も例外全くなしでがっつりアニメタイアップ。

それもあの伝説の「ガンダムタイアップ」である。

See-Saw時代に『あんなに一緒だったのに』と『君は僕に似ている』の2曲がこのタイアップでヒットしているので、彼女にとってはこれが3度目のガンダムヒットということになる。

ガンダムタイアップの効果はまだまだ健在といったところだ。

~今日のふといいなぁ~
Celebrate by 宇多田ヒカル
マニフェスト  by Superfly

« アルバム型アーティストといえばこの人! | トップページ | Gackt、ファンクラブ盤はオリコン集計外。 »

コメント

はじめまして、こんにちは。
まだ本調子ではないのでは?お身体を大切にしてください。
でも更新を楽しみにしていたので単純にうれしいです。

私は音楽や音楽チャート詳しくないので、ここでは「へー、そうなんだ」と思うことが多くて楽しいです(特に「CDそんなにうれないんだー。売り方もいろいろなんだー」と)。
チャートに対するコメントや考察も楽しいです。

それでは本当にお大事に。

宮崎さん、はじめまして!コメントありがとうございます。
 
応援のメール、ありがとうございます!心から感謝します
オリコンのランキングにはただ見るだけではわからないことが溢れています。それをたくさんピックアップして、伝えることが当ブログの目標のひとつです。些細なことでも、チャートの真実・裏側を知って楽しんでいただけたなら幸いです。今後もどうかご贔屓に

いつもとっても読みやす、お気に入りの一つのブログです♪無理せず自分のペースで続けて下さいね☆

アワビとサザエさん、はじめまして!コメントありがとうございます。
 
「お気に入り」だなんて言ってもらえて……嬉しいです
仕事の関係でスムーズに更新できないことも多くなるかと思いますが、どうか今後もご贔屓に。よろしくお願いします

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アルバム型アーティストといえばこの人! | トップページ | Gackt、ファンクラブ盤はオリコン集計外。 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ