Twitter

  • 私服ツイート

« 羞恥心、ラストシングルで有終の美。 | トップページ | 嵐・ハ・ムテキ! 暫定年間1位の前作を超えるペースに!! »

2009年5月27日 (水)

DEENが「テイルズ」効果で上昇!

本日もいきなりチャートチェックから始めます。

前回、12/22付シングルチャートの4位までをチェックしたので、本日はそれ以降を新譜中心にピックアップです。

ではでは、さっそく…

12/22付オリコンウィークリーシングルチャート、第5位はこの曲!

第5位 Heart of Winter  /山崎まさよし

山崎まさよしの24枚目のシングルが初登場で5位にランクイン。

これが14作目のTOP10入りとなる。

初動売上げは1.4万枚。前作『真夜中のBoon Boon』の初動1.8万枚からダウン

前作は視聴率は高くなかったもののドラマ主題歌。

そこから今作は「ウコンの力」CMソングというタイアップ。

これだとやはりドラマタイアップのほうが効果が上なのかな。

 
今作はギフト・ボックス仕様となっている初回盤(CD+DVD)と通常盤(CDのみ)の全2種リリース。

ギフト・パッケージ仕様というところ以外は前作とほぼ同じリリース形態。

ギフト・パッケージというのも固定ファンには嬉しいだろうが、ライト層にとってはそれほど興味をそそられるものではないのかも。

 
ベストリリース後、一気にシングルの初動を落とし始めたが、まだダウンは止まっていない。

固定ファン以外ほとんど手を出さない状態だと思われるので、このままジリ貧していけばやがて1万台も危うくなってしまいそう。

第6位 永遠の明日 /DEEN

DEENの34枚目のシングルが初登場で6位にランクイン。

約3年ぶりのTOP10入り。

初動売上げは1.4万枚。前作『Classics Four BLUE Smile Blue』の初動0.6万枚から大きく上昇

07年8月以来のシングルとなるが、前作・前々作はコンセプトシングルという形式をとっていたので、通常のシングルとなると06年8月以来となる。

久々のシングルで異常な上昇を見せたが、こういうときは大概タイアップに要因があり。

今作はニンテンドーDS用ソフト「テイルズオブハーツ」のテーマソング。

そう。記憶にある人も多くいると思うが、DEENと「テイルズ」シリーズには切っても切れない縁がある。

97年に発売されたゲームソフト「テイルズオブディスティニー」。

このゲームのテーマソングがDEENの『夢であるように』だった。

売上げ、順位はそこまで振るわなかったものの、当楽曲は多くのゲームファンに親しまれた。

なお、『夢であるように』は06年の年越しライブにおけるリクエスト投票で1位を獲得している。

 
あれから約11年。

今回の上昇は「久々に『テイルズ』にDEENが帰ってきた」ということでの上昇と見てほぼ間違いないだろう。

おそらく他のゲームのタイアップではここまでの上昇はなかったはずだ。

さあ、果たしてこれで少しでも昔のファンが戻ってくるだろうか。ちょっと注目である。

 
以下、いくつかピックアップ。

第8位 CROSS GAME  /アリス九號.

V系バンド、アリスナインの13枚目のシングルが初登場で8位にランクイン。

初動売上げは1.3万枚。前作『RAINBOWS』の初動1.6万枚からダウン

だいたい初動1万台半ばくらいで安定しているアリスだが、今回は多少低めの数字。

そうなった理由はリリース形態にある。

今作はDVD付の初回盤とカップリングが1曲多い通常盤の計2種リリース

商法がキツいことで有名なV系バンドだけあって、当たり前のように複数枚購入促進商法となっている。

ただ、前回は今回と同じ条件の2種に加えてブックレット付盤も存在し、計3種リリースであった。

よって、今回のダウンはパッケージ減によるところが大きいと思われる。

 
V系バンドは固定ファンオンリーの世界になっていることがほとんどなので、パッケージ減の影響をもろに受けて、もろ数字に表れてしまう。

第10位 PAPERMOON  /Tommy heavenly6

Tommy heavenly6の9枚目のシングルが初登場で10位にランクイン。

初動売上げは1.2万枚。前作『Heavy Starry Chain』の初動0.7万枚から上昇

大きく売上げを伸ばして06年7月以来、およそ2年半ぶりのTOP10入りとなったが、こうなると疑うべきはタイアップ状況。特にアニメか否か。

で、案の定、今作はアニメ「ソウルイーター」OP。ソニー系アーティストの定番パターン。

 
ブリグリの活動を07年の夏に再開し、08年2月にリリースされたシングルコレクションはロングヒットを記録し、いい感じで軌道に乗ったように見えたのだが、またここでソロプロジェクト。

そんなにソロがいいのかな。

売上げ的に見ると、ブリグリ需要のほうが高いのだけれど。

~今日のふといいなぁ~
and I love you  by Mr.Children
明日がくるなら by JUJU with JAY'ED

« 羞恥心、ラストシングルで有終の美。 | トップページ | 嵐・ハ・ムテキ! 暫定年間1位の前作を超えるペースに!! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 羞恥心、ラストシングルで有終の美。 | トップページ | 嵐・ハ・ムテキ! 暫定年間1位の前作を超えるペースに!! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ