Twitter

  • 私服ツイート

« 年始恒例2週合算週も数字は低調に。 | トップページ | 歴史に残る大逆転劇! ガルネク1位奪取可能性大! »

2009年6月14日 (日)

09年は第1週目からアニソンが暴走!

ご無沙汰しております。

更新頻度が下がってしまって、すいません。

なかなか固まった時間が取れずに、ちょこっと書いてはやめ、またちょっと書いてはやめを繰り返していたらいつのまにか3日も停滞してしまいました。

これからも時間を見つけてコツコツとノートを綴っていきますので、どうかご贔屓に。

 
さてさて、本日もいきなりチャートチェックに移ります。

前回記事では1/12付シングルチャートの第5位までを見ていったので、本日は6位以降をピックアップしていきます。

ではでは、さっそく…

1/12付オリコンウィークリーシングルチャート、第6位はこの曲!

第6位 ノクターン/カンパニュラの恋 /平原綾香

平原綾香の19枚目のシングルが前週7位から1ランクアップ

週間売上げは2.2万枚。前週の初動1.0万枚から倍増

前週、リリース6週目にして初めてのTOP10入りを達成。

自身も出演しているタイアップ先のドラマが最終回を迎えたことによる売上回復だったと思われる。

 
そして、この週、2週連続のTOP10入りを達成。

紅白効果が見事出たことで、売上げは倍増となった。

 
なお、彼女にとっては『Jupiter』以来、2作目のTOP10入り作品となる。

名前は結構売れている彼女だけに、意外に思う人も多いかも。

第7位 シェリルの宇宙兄弟船 など。 /シェリル・ノーム/ボビー・マルゴ

第8位 ランカとボビーのSMS小隊の歌 など。 /ランカ・リー with ボビー・マルゴ

アニメ「マクロスF」の関連CDが7位、8位にそれぞれ初登場。

初動売上げは1.8万枚1.7万枚

「マクロスF」といえば、関連シングルやアルバムが次々とチャート上位にランクインしてくる驚異的人気のアニメ。

サントラアルバムにもかかわらず、初動10万越えを達成したのは記憶に新しい。

 
最近はアルバムのリリースが続いていたが、ここで久しぶりに(8月以来)のシングルが登場。

関連シングルの前作は『ライオン』で初動5.6万枚だった。

それと比べると、この週が2週合算週だということも考慮して、かなり低い数字になっている。

 
アニメに詳しくないのでよくわからないけれど、2作ともタイトルからして前作『ライオン』のような勝負曲ではなさそうなので、これでも十分な数字なのかも。

他のアニメじゃ普通のアーティストが歌わずにこんな数字はそうそう出せないし。

 
第9位 fairytale  /Kalafina

劇場版アニメ「空の境界」のために結成された音楽ユニット、Kalafinaの3枚目のシングルが初登場で9位にランクイン。

初動売上げは1.6万枚。前作『sprinter/ARIA』の初動1.4万枚から上昇

ただ、この週は2週合算週なので、実際のところ前作とほぼ同じくらいの勢いだと思われる。

 
先述したとおり、このユニット自体がアニメのために存在しているので、「購買層=アニメファン」と捉えていいだろう。

上の「マクロス」と一緒で、ライト層への訴求はほとんどないと考えられるため、TOP10入りした曲の中でもとりわけ世間への浸透度は低い。

 
CD自体がコアなアイテムになりつつあるこのご時勢なので、コアなファンを擁する作品が上位を占める傾向はこれからもどんどん強まっていきそうだ。

 

とりあえず、09年シングルチャートはこうして第1週目からアニメ関連曲の大量ランクインでスタートを切ったことに。

そして、この流れは「けいおん!」へと続いていく…。

~今日のふといいなぁ~
アイコトバ  by TRIPLANE
心の花を咲かせよう  by いきものがかり

« 年始恒例2週合算週も数字は低調に。 | トップページ | 歴史に残る大逆転劇! ガルネク1位奪取可能性大! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 年始恒例2週合算週も数字は低調に。 | トップページ | 歴史に残る大逆転劇! ガルネク1位奪取可能性大! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ