Twitter

  • 私服ツイート

« 09年は第1週目からアニソンが暴走! | トップページ | いきものがかり、自身初の1位獲得! »

2009年6月16日 (火)

歴史に残る大逆転劇! ガルネク1位奪取可能性大!

デイリーチャートがカオスな状態に陥った。

そして、数々のチャートサイトで「祭り」が起こっている。

 
今月の新譜チェック時に触れたとおり、今月はビッグネームのリリースが減り、チャートの水準低下が心配された月。(参考:6月新譜チェック~ビッグネームのリリース減少でどうなる?~

中でも今週、6月2週目はGACKTの調子次第では3万枚売れる曲すらないという事態に陥ることを述べた。

そのGACKTはファンクラブ限定盤が今回もオリコン集計対象外となり、数字がまったく伸びず。

 
それによって、過去記事中で「大変なことになりそうな気がする。と綴ったとおり、今週のチャートは大変なことになってしまった。

しかし、その「大変なこと」は新譜チェック時に示唆していた「1位の最低売上げ更新」ではなく、「あるアーティストの超絶推移」へと摩り替わった。

そのアーティストはGIRL NEXT DOOR。

ただ、いきなりガルネクの話題ではなく、今週のデイリーチャートの模様をフィードバックしていきながら言及していこうと思う。

 
まず、デイリー初日

いきなり最低1位更新へ暗雲が立ち込めることになる。

 
デイリー1位発進となったのは倉木麻衣『Beautiful』。

しかし、その初日推定売上げはたった7512だった。

 
先週時点での「最低売上げ1位」はAAAが08年の1/21付で記録した2.5万枚。(参考:目に焼き付けろ!前例なしの史上最低水準週!

しかし、そのAAAのシングルも初日で9000枚は売れていた※と推測される。

AAA初日指数5379×1.75(補正値)≒9413…

 
したがって、今回の倉木の新譜は史上最低1位記録を持つAAAのシングルを大きく下回るスタートとなったのである。

ちなみに、ガルネクの初日売上げは6405

初日にして倉木に1000枚以上の差をつけられるスタートになった。

 
デイリー1日目終了時での暫定1位は倉木ではなく、先週発売のYUI『again』。

新譜の元気がなさすぎるため、月曜付から集計されている旧譜がそのまま暫定1位の座に座ることになったのだ。

 
続いてデイリー2日目

デイリー1位は倉木麻衣がキープ。推定売上は5708枚

ガルネクは5421枚と僅かな差ながら、2日連続で倉木に敗れることに。

しかし、このときから既にネット上では「ガルネク勝利」を予想するチャートファンがちらほら。

ガルネクの過去のチャートアクションを思うに、この程度の差では倉木は逃げ切れないと踏んだためだ。

 
そんなチャートファンたちの予想はデイリー3日目に現実へと近づく。

デイリー3日目ではガルネクが倉木から1位を奪取。リリース後初のデイリー1位の座にたった。

その売上げは3002枚

一方の倉木は2468枚と一気に2千台半ばまで数字を落とした。

これによって、

倉木:累積15688枚
GND:累積14828枚

となり、両者の差は僅かに。

なお、3日目終了時点で1位争いは倉木、ガルネク、そして週末に滅法強いGReeeeNの3者に絞られることに。

1日目終了時に暫定1位だったYUIには粘りが見られず、特に週末に回復するタイプでもないので1位争いからの離脱が決定。

 
3者での攻防の構図が浮かび上がる中で発表されたデイリー4日目

デイリー1位の座は再び倉木へ。

ガルネクは一日天下状態で2位へダウン。

それぞれの売上げは倉木が2574枚、ガルネクが2455枚となった。

累積は、

倉木:18262枚
GND:17283枚

となり、倉木が差を広げるかたちに。

そして、このデイリー4日目終了時点で「最低売上げ1位」の記録更新の可能性が高まった。

過去の倉木の売上推移の傾向からして、このままでは2.5万枚に届かないからである。

ただ、ここまできてもチャートファンたちにはそれほど最低1位更新に対する恐怖がなかった。

なぜなら、よく週の終わりに売上爆発を起こすガルネクが倉木のあとについて来ていたからである。

「ガルネクが何かやってくれるだろう」という見解が多かったと思われる。

 
しかし、そのチャートファンたちの見解はデイリー5日目の結果が発表されて少し揺れ動くことに。

デイリー5日目、なんと倉木麻衣がガルネクの前に売上爆発を起こす。

倉木の売上げは前日の2574枚から大幅に回復して、5187枚に!

一気に2倍にまで高騰。

倉木は金曜日に「ミュージックステーション」に出演しているが、この伸びはいったい…。

 
一方、ガルネクは爆発を予測するチャートファンの思いとは裏腹に3004枚と伸び悩み。

これによって、両者の累積は、

倉木:23449枚
GND:20287枚

となり、両者の差は1位争いが始まって以来、最も開いたことに。

そして、この倉木の予想だにしない売上回復で「史上最低売上1位」の更新はほぼ確実に免れることに。

なお、このデイリー5日目にいつもの週末の伸びがなかったGReeeeNは1位争いから離脱。

GReeeeNはこの週、アルバムをリリースしているのでそちらにかなり持っていかれたと思われる。

 
倉木麻衣とGIRL NEXT DOOR、両者の差は約3200枚。

普通なら、とっくに決着はついたと考えられる差である。

しかし、様々なサイトを見ると、チャートファンたちはまだ「何かある」と疑っていなかった。

 
そして、その「何かある」という予想は現実へと変わることに。

 
デイリー最終日。

この結果は文面ではなく、ぜひグラフで見てもらいたい。

はい、どうぞ。
 

Infinity

 
ドカァーーーーン!!!

( Д)  ゚ ゚

  
決着。

 
ガルネクの最終日売上げはなんと週間を通して最高の10147枚

多くのCDが一週間を通して最も売れるフラゲ日、発売日の売上げを優に越しており、前日の売上からは3倍以上に膨れ上がった。

 
ガルネクは土曜日に東京、横浜のCDショップを行脚。

CDの購入者にポスターをプレゼントするイベントを行った。

さらに日曜日には人気ゲーム「テイルズ」シリーズに関するイベント、「テイルズ オブ フェスティバル 2009」に出演。

このイベント内では「テイルズ」のファンに購入を促す特典が付された。以下、公式サイトから抜粋。

特典1:「Infinity」いずれか1枚を購入すると「テイルズ オブ ロゴステッカー1枚」をプレゼント

特典2:「Infinity」いずれか1枚購入+「Be your wings/FRIENDSHIP/Wait for you」いずれか1枚を予約して頂いた方に「フェスティバル限定ステッカー」をプレゼント。

(参考:http://www.bandainamcogames.co.jp/cs/list/taleschannel/festival2009/item/

 
さらに、ガルネクの今作には一般流通2種とは別にファンクラブ限定盤が存在。

同じエイベックスのアーティストである浜崎あゆみや倖田來未、Acid Black Cherryなどは初日売上げが異常に高騰するため、このファンクラブ盤が初日に一斉加算されているのではないかと予測されている。

しかし、今回のガルネクに関しては初日の高騰がなかった。最終日に一気に加算された可能性もある。

ショップでのイベント、テイルズイベント、ファンクラブ限定盤、この3つが今回の爆発の要因に挙げられるだろう。

ただ、この3つの要因でここまでの大爆発が起こるか、それは何ともいえない。

 
最後に、倉木麻衣の推移グラフ、両者の推移まとめをアップしておく。

ガルネクに目が行ってしまいがちだが、グラフを見ると倉木の週末での回復もかなり大きいことに気づくはず。

これまでメディア露出が少なかったために「Mステ」効果が他より大きく出たとも考えられるが…。

なお、実は倉木も日曜にはイベントを行っていた。

日曜付でフラゲ日に続く高い数字を残したのはそのイベント効果があってのことだと思われる。

 
とりあえず…

「史上最低売上げ1位」の更新は免れた

Beautiful_2

Infinityex_2 

Beautifulex_2 

~今日のふといいなぁ~
雨待ち風  by スキマスイッチ
漂う夕暮れに、消えてゆく日々  by LAST ALLIANCE

« 09年は第1週目からアニソンが暴走! | トップページ | いきものがかり、自身初の1位獲得! »

コメント

倉木麻衣は今年Mステ出演後アルバムがデイリーチャートで
24位→5位という推移を見せてましたのでまだ説明がつく推移
だった思います(2倍はやや伸び過ぎ感がありますが)。

しかし倉木よりGNDより不甲斐ないのは旧譜勢でしょう
この低レベル週ですら返り咲きor連続首位作が生まれないとは…
誰も彼も初動に寄り過ぎてますね

ミロさん、コメントありがとうございます。
  
ガルネクはいつものことですが、倉木麻衣サイドもかなり積極的に動くようになりました。
 
フラゲ日から購入者対象の抽選会を全国で開催。金曜には「Mステ」に出て、日曜にはイベント+ショップ2店を駆け回り。「コナン」タイアップよりよっぽど効果があるようです。
 
ミロさんの言うとおり、旧譜勢の粘りのなさも目立ちますね。前週1位のYUIはやはりアニメ効果での高騰だったようで2週目急落。頼みのGReeeeNもアルバムに流れてしまったのか、大得意の週末に伸び悩み。
 
実は今年はまだシングルの2週連続1位が生まれていないんですよね。パッケージ不況は初動以外のところにも現れていますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 09年は第1週目からアニソンが暴走! | トップページ | いきものがかり、自身初の1位獲得! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ