Twitter

  • 私服ツイート

« 歴史に残る大逆転劇! ガルネク1位奪取可能性大! | トップページ | 1万枚越えは4作品…年始低レベル週。 »

2009年6月20日 (土)

いきものがかり、自身初の1位獲得!

またまたご無沙汰しております。

本日もさっさとチャートチェックから。

 
前回チェック時に1/12付シングルチャートを見終わったので、本日はアルバムチャートを見ていきます。

前回からしつこいですが、この週は年始恒例の2週合算週。

そのことを念頭に置きながら見ていただけると、よりリアルな数字感覚を得られると思います。

ではでは、さっそく…

1/12付オリコンウィークリーアルバムチャート、第1位はこの作品!

第1位 My song Your song  /いきものがかり

いきものがかりの3枚目のオリジナルアルバムが初登場で1位を獲得!おめでと~(*^▽゜*)ノ

なお、これがシングル・アルバム通じて自身初の1位獲得ということになる。

初動売上げは24.3万枚!前作「ライフアルバム」の初動8.3万枚から爆上げ

オリコンの記録上では一気に3倍近くまで伸びたことになる。

 
ただ、実際のところ、これは2週分の数字なので、前作の初動8.3万枚と2週目4.1万枚の割合で按分すると、24.3万枚×8.3/12.4≒16.3

よって、実際の初動は16.3万枚程度だったと推測できる。

(もちろん、今作が前作と全く同じ推移をたどったと仮定した場合の話ではある。)

ただ、16.3万枚でも前作から2倍近い上昇

人気が上り調子なのは間違いない。
 

シングルの売上げはイマイチ上がってこないのだが、アルバム買いのファンは着実に増えている模様。

シングルでは初動3万台前半が手一杯ながら、アルバムでは軽々15万枚を超えるとなるとかなりのアルバム型アーティスト

中島美嘉といい、平井堅といい、ソニーはこういうタイプを育成するのがホント上手だ。

 
今作は08年2枚目のオリジナルアルバムで、前作は春に出したばかりというショートタームでのリリース。

収録シングル4枚のうち『帰りたくなったよ』、『ブルーバード』はロングヒットを記録。

さらに、残りの2枚もドラマ主題歌に起用されており、多くの人の耳に届く機会は得ていた。

 
コンスタントにリリースを重ね、キャリアも積んできたことで、「いきものがかり」という一見へんてこなアーティスト名もスーパーポップな曲たちも着実に世間に浸透してきたようだ。

 
リリース形態は初回仕様はあるものの、【CDのみ】の1種リリース

商法が優しいことで有名なミスチルでさえDVD付をリリースする中で、魂の1種リリース。それでこの初動は凄いの一言。

初回仕様はスペシャル三方背スリーブBOXや24Pスペシャルブックレットなど素材面のもの。

もちろんこれに複数枚買わせるような効力はない。

こういった条件下なので、他のアーティストが出す24万枚という数字よりも信用性があると言えよう。

さて、アルバムが大ヒットしてシングル買いのファンは増えるのだろうか。

とりあえず、ここまで軌道に乗れば急に消えるといったことはなさそう。ソニーも一安心といったところか。

第2位 EXILE BALLAD BEST  /EXILE

前週の2位をキープで、3週連続2位!

週間売上げは19.0万枚。前週の14.7万枚から上昇

19万枚は2週合算の数字ではあるものの、それでもリリースからひと月以上経って数字を伸ばしてくるとは…。

はっきりいって、無茶苦茶な勢い

ただ、あまりに予想以上に勢いがありすぎて…

同じレコード会社の社運を賭けた新人のデビューアルバムを下してしまった

 
累積売上はリリースから5週で150万枚を楽々突破

ミリオンさえ全くと言っていいほど出ないこのご時勢にこの成績。ちょっと次元が違う。

 
ただ、これもベストアルバム。

果たして、次のオリジナルアルバムもミリオンいけるのだろうか。楽しみなところだ。

 
第3位 GIRL NEXT DOOR  /GIRL NEXT DOOR

エイベックスの「社運を賭けた」大型新人としてデビューした3人組、GIRL NEXT DOORのデビューアルバムが3位に初登場。

初動売上げは17.1万枚

2週合算の数字ではあるものの、デビュー作にしてはかなり高い数字を出してきた。

おそらく、2週に分けたとしても初動は10万枚を超えていると思われる。

ただ、この売上げは必至にプロモーション等を行った結果だといえる。

 
まず、リリース形態。

リリース形態は【CDのみ】【CD+DVD】の2パターン

これだけ見ればかなり商法は緩いのだが、これはあくまでも一般流通。

今作にはTSUTAYA限定盤とmu-mo限定盤が別に存在しており、それぞれ【CD+DVD】【CD+2DVD】の2パターンが用意されている。

よって、前代未聞の全6種リリースということに。

なお、TSUTAYA盤とmu-mo盤ではDVDの収録内容が微妙に異なる。

まぁ、異なるといってもデビュー曲のMVのヴァージョンが違うだけなので、そこまで複数買いを助長する効果はないと思うが、全6種は驚きだ。

 
次に、抽選会やイベントだ。

抽選会はリリース最初の3日間、ライブイベントは2週目の週末に心斎橋と川崎で慣行した。

会場での物販でかなりの数を売りさばいたはずだ。

 
そして、目から鱗だったのがmu-moの配送ルール変更である。

mu-moでは年末年始には発送を行わないと告知されており、発送スタートは1/5(月)とされていた。

しかし、ガルネクに限り「紅白出演記念」として特例で1/3(土)から配送スタート

1/5に発送されてはこの合算週に集計されない。1/3ならこの合算週に集計され、初動へと加算される。

よって、普通ならこの合算週内に加算されるはずのない売上が一気に加算された可能性がある。

これらの効果により、合算週2週目の最後の最後に序盤から大きく差をつけられていたミスチルを逆転。

ん、この最後の最後にっていう展開。前回記事でも…。

 
まぁ、いろいろあったとしても、とりあえずデビュー作がこれだけの数字を出せば悪い結果ではない。

周囲の反応を見る限り、この人たちの楽曲云々の評価は悪くない。

音楽の本質よりも、キツい商法や荒業を多用してアンチを増やすのが一番良くない気がする。

~今日のふといいなぁ~
プロポーズ  by the pillows

« 歴史に残る大逆転劇! ガルネク1位奪取可能性大! | トップページ | 1万枚越えは4作品…年始低レベル週。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 歴史に残る大逆転劇! ガルネク1位奪取可能性大! | トップページ | 1万枚越えは4作品…年始低レベル週。 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ