Twitter

  • 私服ツイート

« いきものがかり、自身初の1位獲得! | トップページ | アルバムも1万越えは7作品…年始低レベル週Part2 »

2009年6月23日 (火)

1万枚越えは4作品…年始低レベル週。

いきなりチャートチェックから始めます。

本日は1/19付チャートに突入。まずはいつもどおりシングルチャートから見ていきます。

この週は年の始めだけあって、リリースが極少。

チェックしておきたい新譜も少ないので、一記事で一気に見終わりますよ!

 
ではでは、さっそく…

1/19付オリコンウィークリーシングルチャート、第1位はこの曲!

第1位 愛・革命 /滝沢英明

滝沢英明のソロデビューシングルが初登場で1位を獲得!おめでと~(^▽^)/

初動売上げは5.7万枚

タッキー&翼としての前作『恋詩-コイウタ-/PROGRESS』は初動6.9万枚

ただ、この数字はGReeeeN『キセキ』との1位争いの中で、週末にテコ入れイベントを開催し、かなり強引に持ち上げたもの。

そういったガツガツした動きのなかった前々作『SAMURAI』の初動は5.8万枚なので数字だけ見ると…

翼がいてもいなくてもそんな変わらないという悲しい事実が…。

 
リリース形態はタキツバのときと同じで、DVD付2種とc/wが1曲多い通常盤で全3種リリース

2種あるDVDの収録内容はいつもどおり異なっており、購入で音源・映像すべてコンプリートするためには3枚すべて買わなくてはならない。

かなりキツめの複数枚購入促進商法

なお、通常盤にしか入っていないc/w曲には同じJ事務所からNEWSの山下と関ジャニの村上・横山が参加している。

山下、村上、横山ファンも買いに走った可能性が高い。

 
逆に言ってしまうと、これだけの商法を使って5万台。

他のジャニーズ勢のセールスとはかなりの差がある。

で、翼は何処に…?

第2位 愛のままで… /秋元順子

前週の3位から1ランクアップ

これで2週連続でTOP3入り。

週間売上げは3.4万枚

前週の3.8万枚から微減だが、前週は2週合算週だった。

つまり、1週集計に戻ったにもかかわらず数字がほとんど落ちていない。

仮に2週合算分を単純に2等分で1週分にするなら、前週1.9万枚から大幅上昇ということになる。

ロングヒットモード真っ只中で、ついに2位まできた。

そして、ついに翌週快挙を達成することになる。それはまた後日解説しよう。

第3位 夢の蕾  /レミオロメン

レミオロメンのメジャー13枚目のシングルで、移籍第一弾シングルが初登場で3位にランクインした。

が、

初動売上げは1.3万枚

前作『もっと遠くへ/オーケストラ』の初動2.6万枚から一気に半減

先述したとおり、レミオロメンは今作からエイベックス内のレーベルであるOORONG RECORDSに移籍したのだが。

移籍一発目でいきなりコケてしまった。

 
前作がチャートインしたときにも書いたが、まったく下げ止まらない

・‥…━━☆『粉雪』以降の初動推移☆━━・‥…
 

『粉雪』初動9.3万枚
     ↓
『太陽の下』初動6.5万枚
     ↓
『茜空』初動4.7万枚
     ↓
『蛍/RUN』初動3.1万枚
     ↓
『Wonderful & Beautiful』初動2.8万枚
     ↓
『もっと遠くへ/オーケストラ』初動2.6万枚
     ↓
『夢の蕾』初動1.3万枚

・‥…━━☆・‥…━━☆・‥…━━☆

ということで、これで6連続ダウン

これまではジリ貧だったが、今回の下がり方はちょっと心配になるレベル。

 
低レベル週にリリースしたため、順位的には妙に好調に映るが、この数字だと不運な週に出せばTOP10落ちする。

いきなり窮地に立たされた感じである。

 
このシングルの2ヵ月後、初のベストがリリースされてヒットするが、新たなシングルはまだ出ていない(7月リリース予定)。

果たして、ベストのヒットでファンを獲得できたのか、はたまたファン離れを助長してしまったのか。

7月リリース予定の新譜の動向には要注目である。

第4位 幸せの形 /THE ポッシボー

つんくプロデュースの女性アイドルユニット、THE ポッシボーのメジャー3枚目のシングルが初登場で4位にランクイン。

初動売上げは1.0万枚。前作『いじわる Crazy love』の初動1.2万枚からダウン

ハロプロ勢が軒並み数字を落とす中、ハロプロではないこのユニットも数字を落としてしまった。

ただ、これはおそらく前作との商法の違いが大きな要因だと思われる。

 
前作は【CD+DVD】と【CDのみ】の全2種で、ジャニーズ勢が得意とするカップリング違いにも手を出していた。

今作も【CD+DVD】と【CDのみ】で全2種だが、収録曲に違いはなし。

熱狂的なファンが多そうなユニットなので、カップリング違いがなくても2枚買っている人が多そうだけど、0.2万枚程度下がる理由には十分すぎると言える。

 
低レベル週が手伝って自己最高位を更新。

1.0万枚で4位なんてかなりラッキーだけど。

なお、この週、売上げが1万枚を越えたのはこのポッシボーまで。

数にして、1万越えはわずか4作品だけであった。

第5位 LOVE MATHEMATICS  /Base Ball Bear

Base Ball Bearの8枚目のシングルが初登場で5位にランクイン。

初動売上げは0.8万枚。前作『changes』の初動1.0万枚からダウン

前作はアニメタイアップ。

それで高めに出ていたのかと思っていたが、今回はそれほど大きいタイアップなしに0.8万枚までもってきた。

ジワリジワリといった感じだがファンは増殖中か。

なお、低レベル週に助けられ、自己最高位を大きく更新。これまでの最高位は前作で記録した10位だった。

 
なお、前作も初動1万割れでTOP10入りを果たしていたので、これで2作連続1万割れTOP10入りとなる。

チャート水準が下がっているとはいえ、なかなかないことだ。

運がいいのか、それともレコード会社のリリース日設定が絶妙なのか。

以下、ピックアップ。

第7位 ベタな失恋~渋谷に降る雪~/遥かなるバージンロード  /キュンキュンアイドリング!!!/バンバンアイドリング!!!

女性アイドルユニット、アイドリング!!!の企画モノシングルが初登場で7位にランクイン。

初動売上げは0.8万枚

08年12月に冠番組「アイドリング!!!」内で4ユニットに分割してのCDリリースが発表され、デイリーチャートの順位で勝負することになったそうで。

で、その第一弾は08年12月に出ていた。

今作はその4つに分けたうちの残りの2組。

 
先に出た2組はデイリー最高位10位で、今作は最高位6位。

よって、企画の勝敗は今作の2組ということになるが、先の2組が出した週とこの週では…

チャートのレベルが違いすぎる

勝負する企画にするなら、同日リリースにしてあげないと、かなり不公平…。

 
リリース形態は普通にアイドリング!!!でリリースしているときとは違い、CD1種リリース。

今回の4倍の人数(本体)で、2種出していた前々作が初動1.5万枚。

不利な条件ばかりだったことを考えるとこれでも十分検討したほうかも。

~今日のふといいなぁ~
トモダチ  by ケツメイシ
夏の終りのハーモニー  by 安全地帯

« いきものがかり、自身初の1位獲得! | トップページ | アルバムも1万越えは7作品…年始低レベル週Part2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いきものがかり、自身初の1位獲得! | トップページ | アルバムも1万越えは7作品…年始低レベル週Part2 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ