Twitter

  • 私服ツイート

« 団塊世代の星がついに頂点に! | トップページ | バーゲン! »

2009年7月 3日 (金)

7月新譜チェック!~ジャニーズ勢のリリースラッシュ~

前回記事での予告どおり、新譜チェックを行います!

よし、ちゃんと有言実行だ

てことで、本日は7月の新譜チェックを行います。

今月はかなりのリリースラッシュになってますよ!

太字はその週の1位獲得本命曲、赤文字 は管理人の個人的な注目曲です。

いつもどおり、発表される全作品は確認不可なのでメジャーなアーティスト中心となります。

では、Let's check!

7/1

  • Everything - 嵐
  • Stand by U - 東方神起
  • MW~Dear Mr. & Ms.ピカレスク~/夏Dive - flumpool
  • flower - GACKT
  • 暑中お見舞い申し上げます - ℃-ute
  • Blue Moon - John-Hoon
  • Brave vibration - 土屋アンナ

7/8

  • 3 SPLASH - 倖田來未
  • 七夕祭り - テゴマス
  • 瞳の先に - ORANGE RANGE
  • みんな空の下 - 絢香
  • とろけちゃうダンディ~ - mihimaru GT
  • はまぐりボンバー - 矢島美容室
  • 赤 - KREVA
  • every-body - 谷村奈南

7/15

  • 悪魔な恋/NYC - 中山優馬 with B.I.Shadow/NYC boys
  • STAY - コブクロ
  • ホタルノヒカリ - いきものがかり
  • Starting Over - レミオロメン
  • 泣いてもいいですか - ヘキサゴンオールスターズ
  • 光 - BREAKERZ
  • 心のアンテナ - 中川翔子
  • Party People - スガシカオ
  • 美しき日々よ - 清水翔太

7/22

  • THE HURRICANE~FIREWORKS~ - EXILE
  • タイトル未定 - アイドリング!!!
  • STORY/SUMMER LIGHT - 愛内里菜
  • 溢れる - lego big morl
  • On the right - moumoon

7/29

  • 妖~あやかし~ - 堂本光一
  • 優しい嘘 - Acid Black Cherry
  • いちご - ゆず
  • プルメリア ~花唄~ - Aqua Timez
  • Break Down/Break your name/Summer Revolution - AAA/西風雲
  • 恋する瞳は美しい/やさしい気持ちで - Superfly
  • 蝉 semi - 長渕剛
  • 静かな夜 - 持田香織

 
ざっとこんな感じ。
 

まず…5週中4週でジャニーズ勢がリリース

よって、かなり1位獲得曲は決まってしまったことに。

なお、ジャニのリリースしない4週目もEXILEがぶっちぎりで1位獲得するであろうことから、今月は1位争いに見どころはほとんどないと言っていい。

ただ、先述したとおり、リリースはかなり多め。

先月6月のように最低売上げ1位の更新やTOP10内1万割れ続出という事態を危惧することはなさそうだ。

 
さて、それでは1週目から順に注目点をピックアップ。

まず、第1週目

この週はもう開戦済み。もうデイリーで2日分が発表されている。

注目は何といっても2作連続でシングル初動50万枚突破という信じられない快挙を成し遂げている嵐。

3作連続の初動50万枚も期待されたが、今回は少し躓いている。

 
嵐の今作はデイリー2日目終了時で累積は22.0万枚を突破したところ。

これでも十分凄いのだが、前作が2日で36万枚を売り上げていたことを考えると、ペースダウンは否めない。

それでも、初動30万枚突破は間違いない。どこまで数字を伸ばしてくるか、注目だ。

 
そんな嵐を尻目に絶好調なのが、東方神起。

東方神起の今作『Stand by U』は初日で一気に9.5万枚を売上げ、ロケットスタートを切った。

前作『Share The World/ウィーアー!』の初動は9.8万枚なので、今作は1日で前作の初動とほぼ同じだけ売上げたことになる。

嵐がぶっちぎり状態のため、週間での2位が決定した状態だが、初動売上げはどこまで伸びるのか、要チェックだ。

 
続いて、2週目

この週は7月で唯一、1位争いが起きてもおかしくない週。

「テゴマス vs 倖田來未」である。

テゴマスの前作『アイアイ傘』は初動9.0万枚。

倖田來未の前作『stay with me』は2週合算で初動5.8万枚。

前作成績だけ見ると、テゴマスの圧勝。

ただ、テゴマスは約1年ぶりとリリース間隔が空いており、一方の倖田は夏恒例の豪華盤シングル。

もし、テゴマスが多少数字を下げ、倖田がCMタイアップ+豪華仕様効果で数字を上げてきたなら、1位争いが勃発する。

ただ、倖田は毎夏4曲入りで勝負していたのに今回はタイトルからもわかるように3曲入り。

そうなると、やはりテゴマスが有利か。

次に3週目。

この週の注目はジャニーズの新たな刺客、中山優馬 with B.I.Shadow

NHKドラマ「バッテリー」である意味すごい演技を披露していた少年が率いるユニットのようだ。

デビュー前にもかかわらず「Mステ」に出演した際には、「日本中が注目している新ユニットなんですよ」と紹介されていたが、その知名度はいったい。

ただ、ジャニーズはデビュー曲にかなり力を入れてくるので、知名度に関係なく1位はまず間違いない。

 
個人的にはレミオロメンに注目。

大ヒットした『粉雪』以降は一度も下げ止まることなく、初動を落とし続けている彼ら。

今回、ついに下げ止まるのだろうか。

※参考:『粉雪』以降の初動推移

『粉雪』初動9.3万枚
     ↓
『太陽の下』初動6.5万枚
     ↓
『茜空』初動4.7万枚
     ↓
『蛍/RUN』初動3.1万枚
     ↓
『Wonderful & Beautiful』初動2.8万枚
     ↓
『もっと遠くへ/オーケストラ』初動2.6万枚
     ↓
『夢の蕾』初動1.3万枚

 
そして、4週目

ここは今月唯一のリリース薄週。

EXILEがどれだけの数字を叩きだせるか、注目はそこに集中しそうだ。

 
最後に、5週目

1位はジャニーズで決定。

個人的に注目はゆず。

HPによると「夏のエッチな衝撃ポップチューン」とのことで、これまでのゆずのイメージとはまるで違う。

これがどう転ぶか注目したい。

  
とりあえず、今月はチャートの売上げ水準はかなり回復しそうだ。

新譜たちが梅雨を吹き飛ばしてくれるのを期待しようじゃないか。

~今日のふといいなぁ~
FUTURE FOLDER  by TRICERATOPS
懐かしい未来 ~longing future~  by alan

« 団塊世代の星がついに頂点に! | トップページ | バーゲン! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 団塊世代の星がついに頂点に! | トップページ | バーゲン! »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

-天気予報コム-
無料ブログはココログ