Twitter

  • 私服ツイート

« Perfume、逆境乗り越え前作越えへロケットスタート! | トップページ | 恋人にしたいアーティスト'09夏! »

2009年7月12日 (日)

「⊿」初動20万枚越えなるか!?

本日は前回ピックアップしたPerfume「⊿」のその後の推移を追ってまとめていきます。

 
初日、前作を3万枚ほど上回る快調なスタートを切ったPerfume。

前回記事では前作「GAME」の推移をもとに、今後の売上予測をアップした。それがこちら。

1_2

水曜付から本日発表された金曜付までの予測値と実際値とを並べると、以下のようになる。

Hikaku

 
デイリー2日目(水曜付)では、前作をもとにした予測を5000枚ほど上回ってきた。

これは前作を上回る売上ペースであることを示す。

 
デイリー3日目(木曜付)でも初日時点での予測を250枚ほど上回る推移に。

ただし、水曜付からの下落率は前作よりも大きくなった。

 
そして、デイリー4日目(金曜付)。

ここで一気にペースダウン。
 

前作「GAME」が金曜付で指数回復を見せたのは品切れ補充によるものだと考えられ、かなりイレギュラーなケース。

知名度が爆発的に上がった今のPerfumeの場合、店側も品切れを出さないような量を発注しているはず。

よって、品切れが発生する可能性は低く、今回は金曜付で回復はまずないだろう。

ということを前回記事で書いたが、やはり今回は金曜付で売上げは大きくダウンした。

まぁ、これが普通の推移である。

 
これによって、一気にペースダウン。

しかし、初日のロケットスタート分が効いて、金曜付の時点で前作初動を超えた

さて、それでは最終的にどこまで売上げは伸びるのだろうか。

初動は20万台に乗るのだろうか。

前作「GAME」の推移に、ここまでの結果を代入した週末の売上予測はこちら。

2

Ex

この予測上、最終到達地点は19.6万枚と導かれている。

注目された初動20万枚越えだが、わずかに届かないという予想に。

 
ただ、Perfumeは金曜に「ミュージックステーション」に出演している。

その放映効果が出て、週末に売上げが少しでも回復すれば、補正のことも考えて20万越えは難しくない。

果たして結果はどうなるのだろうか。ぜひ注目してもらいたい。

さて、チャートチェックに移ります。

本日は2/2付チャートに突入。まずはいつもどおりシングルチャートから見ていきます。

ふぅ~、やっと2月か…今7月。頑張るぞ。

では、さっそく…

2/2付オリコンウィークリーシングルチャート、第1位はこの曲!

第1位 Bolero/Kiss The Baby Sky/忘れないで /東方神起

東方神起の25枚目のシングルが初登場で1位を獲得!おめでと~(^▽^)/

これで4作連続1位

なお、08年の「TRICK企画」という企画シングルを除くと、5作連続1位ということになる。

初動売上げは8.9万枚。前作『呪文-MIROTIC-』の初動7.1万枚から上昇

じわりじわりと初動を上げてきて、ついに9万台に届くかというところまできた。

※参考―東方神起 直近シングル初動(企画シングル除外)―

  • 『Purple Line』初動4.0万枚
  • 『Beautiful you/千年恋歌』初動6.2万枚
  • 『どうして君を好きになってしまったんだろう?』初動6.8万枚
  • 『呪文-MAROTIC-』初動7.1万枚
  • 『Bolero/Kiss The Baby Sky/忘れないで』初動8.9万枚

 
今作の約一年前にリリースされた『Purple Line』が初動4.0万枚で、今作が初動8.9万枚。

この1年で初動が2倍以上になっているのがわかる。ファンは着実に増えているようだ。

 
今作もリリース形態はいつもどおりで【CD+DVD】と【CDのみ】の全2種リリース。

で、【CDのみ】のほうは1曲多いという恒例パターン。

その1曲多い楽曲はリミックスなのだが、東方ファンを釣るのには十分。

さらに、いつもどおりジャケットサイズカードをランダム封入している。よって、複数枚購入促進商法

 
相変わらずキツイ商法だが、それは前作でも前々作でも同じだった。

今回の上昇に関しては、トリプルA面仕様であることも有利に働いたと思われるが、ファンの増加も間違いないところである。

わが国では某J事務所所属以外の男性アイドルがテレビから姿を消す現象がよく見られるが、この人たちは当分生き残っていきそうだ。
 

第2位 深愛  /水樹奈々

声優系歌手、水樹奈々の19枚目のシングルが初登場で2位にランクイン。

2位は自己最高位タイ、かつ声優シングルの自己最高位タイとなる。

初動売上げは4.3万枚。前作『Trickster』の初動5.7万枚からダウン

前作はアニメ「ロザリオとバンパイア CAPU2」のOPとEDを収録していたが、今回アニメ関連のタイアップはなし。

声優である彼女にとってアニメタイアップがあるとないとではかなり戦況が違うのでダウンは仕方がないといったところ。

逆に、アニメタイアップなしで軽く4万台に乗せるあたり、しっかりと固定ファンを抱えていることがうかがえる。

もし、1週発売が早ければ、声優初のシングル1位になっていた。(前週1位の秋元順子『愛のままで…』は週間3.5万枚)

タイアップによって若干数字は上下するが、かなり高い位置での上下。

声優初のシングル1位作品が生まれる日もそう遠くはないだろう。
 

第3位 愛のままで… /秋元順子

前週の1位から2ランクダウン

週間売上げは4.2万枚

1位を獲得した前週の3.5万枚からさらに上昇

メディアによる「1位獲得報道」が好影響を及ぼしたのは間違いない状態である。

これで4週連続TOP3入り。合算週を2週と捉えると、5週連続TOP3ということになる。

チャート水準が下がる年末年始とはいえ、このロングヒット作品が枯渇しているこのご時世に1ヶ月以上TOP3をキープするとは。

累積はこの週で34.5万枚に到達した。

~今日のふといいなぁ~
I still love U  by Perfume
オネスティ  by ビリー・ジョエル

« Perfume、逆境乗り越え前作越えへロケットスタート! | トップページ | 恋人にしたいアーティスト'09夏! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Perfume、逆境乗り越え前作越えへロケットスタート! | トップページ | 恋人にしたいアーティスト'09夏! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ