Twitter

  • 私服ツイート

« 嵐のベスト盤が爆走! あと3日でどこまでいく!? | トップページ | 嵐ベスト、初動は今年度最高の75.3万枚! »

2009年8月23日 (日)

なぜソニー同士で?「ユニコーンvsUVERworld」!

チャートチェックに前に雑記…

 
いやぁ~、ドラマ「相棒」の最新作が10月から放送開始になるみたいですね。

もう今から楽しみで楽しみで!

右京さんとミッチーのコンビはどんな感じなんだろうな。わくわく。

 
で、それに先駆けてではないのですが、昨日最新の「相棒」をゲットしてきましたよ。

 
はい、どん。

Ipod

私の「相棒」といえばiPodです。

 
4年前くらいに買った30GBのClassicの容量がパンパンになり、ここ1年くらいはiTunesの曲名左の「□にチェックしたものだけ同期」ってので乗り切っていたのですが…限界がきて、今回購入しました。

まったく前調べをせずにお店へいって、びっくり。

Classicの容量が120GBになっとる…。い、いつのまに。

80GBくらいのがあったような?なんて考えて行ったのですが、大容量仕様のものは120GBしかないと。
 

本当のところはiPod touchに買い換えたかったんだけど、touchは最大でも32GBしかないとのこと。そして、お値段がかなり立派。5万円近いだなんて。

touchのインターネットとかできるのは凄く魅力的だったんだけどなぁ…。

予算的にも、音楽要塞を目指す私の使い方的にもフィットせず。

で、結局今までどおりのClassicに落ち着きましたとさ。
 

でも、少し「変わった感」を出したかったので、シリコンケースをブルーに。

このブルーに黒いホイールは合わないということで、iPodの色はシルバーに。

1,000円のケースに合わせて30,000円のiPodの色を決めるというよくわかんないオペレーションになりましたが、満足してます。

 
同じClassicだけど、若干内容も変わっていて。

メニューの隣に、取り込んでるジャケ写が出てくるのね。オシャレだなぁ。(上の写真だと『Space Sonic』が写ってます。)

これまで使っていたのが第5世代なので、同じClassicと言えども細部が変わっていて新鮮。

「Cover Flow」とかいうのも初めてなんですが、これはあたかもCDを手にとって曲目を見てから聴くような感覚になれますね。

まだ何か変化があるかもしれないので、もう少しいろいろ触ってみようと思います。
 

えーと、今の30GBでだいたい7,000曲くらい入っているから、単純に計算して28,000曲入るのか。凄いなぁ~。

って、こんなにいらんだろ。

28,000曲入れ終わる前にiPodの寿命が先に来そうだよ。

最近は動画を入れる人が多いから、これだけの大容量なんだろうね。

 
まぁ、でもこれで当分「相棒」のiPodは買わなくていいでしょう。

あとはドラマの「相棒」を心待ちにするだけです。

さて、チャートチェックに移ります。

前回は3/2付シングルチャートを見終わりましたので、本日はアルバムチャートに突入です。

では、さっそく…

3/2付オリコンウィークリーアルバムチャート、第1位はこの作品!

第1位 シャンブル /ユニコーン

16年ぶりに復活を果たしたユニコーンの9枚目のオリジナルアルバムが初登場で1位を獲得!

初動売上げは15.9万枚!

前作は16年前なので、もはや前作比較などする必要なし。

参考までに、ユニコーンで主にヴォーカルを務める奥田民生のソロアルバムを引き合いに出してみると、奥田の最新アルバム「Fantastic OT9」は初動2.9万枚

これはもはや細かく比較するまでもないだろう。

再結成への期待度はハンパなく高かったようだ。

また、今作に先駆けてリリースされたシングルも『WAO!』の一枚だけ。それも今作リリースのたった2週間前にである。

その『WAO!』の初動は5.0万枚で、まさかアルバムがその3倍以上も売れるなんて想像していなかったため、初日に売り出し中のUVERworldを押さえてきたときは正直驚いた。

 
バンド、グループの再結成の話題をよく耳にする昨今だが、これほどまでの大成功となった例は初なのでは?

その証拠になるかはわからないが、再結成グループによるアルバム1位獲得は、78年のかぐや姫「かぐや姫・今日」が記録して以来、30年10ヶ月ぶりの快挙とのこと。

それだけ再結成後の大成功というのは珍しいということだろう。

 
ユニコーンに関しては、人気が下がっての解散ではなく、人気絶頂いや人気上昇中での解散だったことも好転の要因なのかもしれない。

解散を心から惜しんだ昔からのファンに、奥田のソロ活動から流れてきた層、そして再結成の話題性で興味を持った層、それぞれがいいバランスで購入に至ったために生まれた大ヒットだと思う。
 

というか、ここまでの大成功を見せられると、この後再結成するグループがいて少々ヒットを飛ばしても霞んで見えてしまいそうだ。

今年、再結成でひと山当てようと考えていた業界関係者たちはかなりやりにくくなったはずである。

 
第2位 AwakEve  /UVERworld

UVERworldの4枚目のアルバムが初登場で2位にランクイン。

初動売上げは11.6万枚。前作『PROGLUTION』の初動10.1万枚から上昇

これでデビューからアルバムが3作連続で初動上昇

前作時に前々作の初動7.9万枚から大きく初動を上げ、人気上昇の波に乗っていたが、今回も上昇。

ただ、その幅は前回時より遥かに小さなものとなっているので、ここらへんがいったんピークか。

 
今作の収録曲『儚くも永久のカナシ』がガンダムタイアップで自身初の週間1位&初動10万枚越えを達成。

アニメタイアップなしの自力でも初動5万台が出せるくらいファンがついてきている中でのガンダムタイアップは効果絶大であった。

 
そんな上昇気流の中でリリースされたのが今作。

勢い付けに初のアルバム1位も掻っ攫っていきたかったところだが…。

 
個人的には、今回が大ブレイクへと繋げるためのこの上ないタイミングだったように思う。

これ以上、キャリアを重ねるとファンの固定化が進み、思うように確変ヒットを出せなくなる可能性があるからだ。
 

しかし、結果は前作に引き続き、普通の週なら余裕で1位ゲットの数字を出しながらの2位。

同じソニーの大先輩に阻まれ、またしても初動10万オーバーで1位を逃すことに。

 
再結成で盛り上がるベテランとこれからを担うであろう若手のリリース日をなぜソニーは被せたのだろうか?

どちらかを一週前にリリースさせておけば、前週の1位なんて4.5万枚なんだから余裕で1位だったのに。

 
さて、ここからUVERworldのセールスパワーは上向きになっていくのだろうか。

アルバム後一発目のシングルには注目が集まるが、その模様についてはまた後日ということで。

 
第3位 VERY BEST CRUSADERS /BEAT CRUSADERS

「ビークル」こと、BEAT CRUSADERSのベストアルバムが初登場3位にランクイン。

初動売上げは3.4万枚。前作「popdod」の初動4.0万枚からダウン

なんとベスト盤にもかかわらず、オリジナル盤である前作の初動を下回ってしまった。

前作も前々作の初動6.0万枚からダウンしており、これで連続ダウンとなった。

「ベストで売上げが下がる」という現象は主にジャニーズなどのアイドルや、キャリアが長く過去にベストを複数回出しているアーティストによく見られるもの。

つまり、熱狂的な固定ファン以外にはスルーされる状態にある人たちに見られる現象なのだが、ビークルもいつのまにかそれに当てはまるようになってしまったのだろうか。

たしかに、音楽ファン以外にはそこまで認知されていない感はあったが、一時期は「HEY×3」などのメディアにも顔を出していたので、もっと興味を持っている人がいるかと思っていた。

ベスト盤だとほとんど音源を持っている固定ファンの中にはスルーしちゃう人もいるだろうから、ライト層に訴求できないと売上げ面はキツイ。

 
なお、初回盤と通常盤の2種リリースで、初回盤のみに配信限定曲が2曲収録され、通常盤にはその代わりに既発曲が2曲収録されている。

パッケージによって収録曲が異なるジャニーズ商法のようにも見えるが、初CD楽曲は初回盤にしか収録されていないので、複数枚買わせる効果は微妙。

 
とりあえず、ベストがコケてしまったときに危惧すべきは次回作での売上げダウンの可能性。

今回のベストで見切りを付けたファンがいるかもしれないからだ。

次の作品のチャートアクションには要注意である。

 
以下、いくつかピックアップ。

第6位 LOVE! ~THELMA LOVESONG COLLECTION~ /青山テルマ

前週の1位から5ランクダウン

週間売上げは2.4万枚。前週の初動4.5万枚から半減以上でキープ。

初動が低かったこともあるが、2週目は初動の半減以上で粘りの推移となった。

ただ…それでも累積は7万枚に届いていない。

こちらもベストとしては寂しい結果と言わざるを得ない。

~今日のふといいなぁ~
夏の午後の長い坂道の途中で  by 馬場俊英
マダラ蝶  by UVERworld

« 嵐のベスト盤が爆走! あと3日でどこまでいく!? | トップページ | 嵐ベスト、初動は今年度最高の75.3万枚! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 嵐のベスト盤が爆走! あと3日でどこまでいく!? | トップページ | 嵐ベスト、初動は今年度最高の75.3万枚! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ