Twitter

  • 私服ツイート

« 11月新譜チェック~毎週ジャニーズリリースだなんて~ | トップページ | 食べ物経験値上昇! »

2009年11月 8日 (日)

べボべ、3作連続1万割れTOP10入り。

本日はいきなりチャートチェックからスタートです。

前々回の記事で4/27付シングルチャートのTOP3を見終わったので、本日はそれ以降を新譜中心にチェックしていきます。

ではでは、さっそく…

4/27付オリコンウィークリーシングルチャート、第4位はこの曲!

第4位 Bye Bye Bye!  /℃-ute

Bye Bye Bye!

ハロプロ系アイドルユニット、℃-uteのメジャー8枚目のシングルが初登場で4位にランクイン。

これでメジャーデビューから8作連続TOP10入り。

 
初動売上げは2.5万枚。前作『FOREVER LOVE』の初動2.7万枚からダウン

昨年夏ごろから始まったハロプロ一斉ダウンの波の中で、割りと粘っているほうだったが、ジリ貧モードは変わらず。

同じハロプロ系のBerryz工房が3月のシングルで初動2.5万枚を出していたので、そことほぼ並んだことに。

ファンも被っていたりするのかな。

 
今回もリリース形態は【CD+DVD】と【CDのみ】の2形態で、どちらにもイベント抽選シリアルナンバーカードを封入。

収録曲に違いなどはないが、イベント抽選権目当てで複数買いしているファンも多いと思われる。

 
今作はスタート時点では週間TOP3入りが当確の状態だったが、異常な動きをするガルネクに最終の最後に追い抜かれ、TOP3入りは叶わなかった。

 
なお、今作から有原というメンバーが1人減って、6人組でのリリースとなっているが、その影響は今回のダウンに繋がっているのだろうか。

もし、ダウンの原因がメンバー減少によるものなら、売上げの回復は困難となるが…。

次回作の推移は気になるところだが、それに関してはまた後日。

 
以下、ピックアップ。

第6位 空~美しい我の空 /剛紫

(ジャニーズ作品につきジャケット写真なし)

 
前週の1位から5ランクダウン

週間売上げは1.1万枚

前週の初動4.4万枚から大きくダウンしているものの、その下げ幅は意外と緩やか。

リリース日が変則的に金曜日だったことで、いつもの初動売上げのいくらかが2週目に流れ込んできたのかもしれない。

 
第7位 愛のままで… /秋元順子

愛のままで・・・

前週の5位から2ランクダウン

週間売上げは1.0万枚

前週の1.1万枚から微減だが、ここに来て尚かなりのキープ力を見せつけている。

数年前の感覚なら完全にこの曲が年間1位なのだが。

 

 
また、この週、売上げが1万枚を超えたのはこの秋元順子まで。

これ以降は1万枚割れとなっており、これで3週連続TOP10内1万割れとなってしまった。

第8位 浪曲一代  /氷川きよし

浪曲一代/望郷の月(通常盤)

前週の42位から34ランクアップ

週間売上げは0.8万枚

34ランクアップという異常な上昇で一気にTOP10内に返り咲いた。

上昇の要因はただひとつ。コンサート効果である。

氷川はこの週、コンサートを行った。

そのコンサートに付随するCD販売の影響で、デイリーチャートでは圏外からいきなり4位に登場し、コンサートが終わるとまた圏外へ消えるという珍推移を見せた。

 
それにしても、コンサート会場またはその宣伝による売上げだけで軽くTOP10内に戻ってこれるとは…。

ファンの狂信さはアイドルにまったく引けを取らないものみたいだ。

 
第10位 神々LOOKS YOU /Base Ball Bear

神々LOOKS YOU

4人組ロックバンド、Base Ball Bearの9枚目のシングルが初登場で10位にランクイン。

初動売上げは0.6万枚。前作『LOVE MATHEMATICS』の初動0.8万枚からダウン

 
今回、0.6万枚という数字でTOP10入りを果たしたことで、Base Ball Bearはオリコン史上初であろう珍記録を樹立

それは、

3作連続1万枚割れTOP10入りというもの。

TOP10で1万割れが多発するようになったのがここ数年のことなので、3作連続となると史上初で間違いないはず。

毎回毎回、べボべがリリースする週は周りのレベルがべらぼうに低い。

狙ってやっているのか、それとも単に運がいいのか。

 
今作は映画「鴨川ホルモー」主題歌だったが初動はダウン。

タイアップ的には前作より有利だったはずだが、ほとんど固定ファンオンリーの世界なので、このくらいの規模の映画ではそこまで影響しないのかも。

なお、今作では楽曲がかなりポップ化しているので、昔からのファンが敬遠した可能性もある。

売れ線やポップさを求めて失敗していったバンドが過去に無数に存在する分、シングルで切る曲には注意を払ってほしいところだ。

 
また、この1万割れTOP10はどこまで続くのか。

そちらについてはまた後日解説していこう。

~今日のふといいなぁ~
HELLO  by HYDE
冬のミルク  by THE BACK HORN

« 11月新譜チェック~毎週ジャニーズリリースだなんて~ | トップページ | 食べ物経験値上昇! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 11月新譜チェック~毎週ジャニーズリリースだなんて~ | トップページ | 食べ物経験値上昇! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ