Twitter

  • 私服ツイート

« EXILEが猛烈な勢い!初動60万枚突破へ! | トップページ | さよならレッドスター »

2009年12月 6日 (日)

12月新譜チェック!~アミューズ勢のオマケ商法加速!~

今日、12月6日。

2009年も残すところあと25日となりました。

 
早い。早い。

あっという間に一日が終わって、あっという間に一週間が終わり、次の月曜日がはじまる。

今年は、特にここ数ヵ月はそんな感覚によく襲われます。

「社会人」ってこんなに大変だったんだね。学生のときにはわからなかったよ。

 
そんな毎日でも通勤中にふと聴いた曲に元気づけられたり、大切なことに気付かされたり…やっぱり音楽って偉大だ。

さて、今月はどんな楽曲が世の中を駆け巡るのか。

もう第1週目リリース日は過ぎておりますが、いつも通り全週見ていきます。

 
ただ、今月は年末ということもあり、シングルリリース数は減少。アルバムは話題作いっぱいなんだけどね。

リリースラッシュで盛り上がりを見せた先月から一転、チャートは冬の気温と同じように一気に冷え込んでいきそうです。

太字はその週の1位獲得本命曲、赤文字 は管理人の個人的な注目曲です。

いつもどおり、発表される全作品は確認不可なのでメジャーなアーティスト中心となります。

それじゃあ、Let's check!

12/2

  • 能動的三分間 - 東京事変
  • 新世紀のラブソング - ASIAN KUNG-FU GENERATION
  • 激しさと、0この胸の中で絡み付いた灼熱の闇 - Dir en grey
  • Dear… - 西野カナ
  • スノープリンス - スノープリンス合唱団
  • サヨナラ - 彩冷える-ayabie-
  • ボーイズ・オン・ザ・ラン - 銀杏BOYZ
  • 心こめて - ベッキー♪#
  • 君がいるから - 菅原紗由理
  • もうバイバイ - ヒルクライム
  • 手のひらの勇気 - ときめきアイドリング!!!

12/9

  • 君にサヨナラを - 桑田佳祐
  • 雪月花 -The end of silence-/斬~ZAN~ - GACKT
  • New World/Truth~最後の真実~ - w-inds.
  • まもりたい~White Wishes~ - BoA
  • 君が好き - 清水翔太
  • ジェリーフィッシュの告白 - 中島愛

12/16

  • はつ恋 - 福山雅治
  • From Dusk Till Dawn - abingdon boys school
  • この愛を捧げて - THE ALFEE
  • Bravo☆Bravo - Buono!
  • 星のように… - MISIA
  • ラブマジック♡フィーバー - ぷよぷよアイドリング!!!
  • Don't Cry - HAN-KUN

12/23

  • GIFT~白~ - 関ジャニ∞
  • GIFT~赤~ - 関ジャニ∞(12/24リリース)
  • GIFT~緑~ - 関ジャニ∞(12/25リリース)

 
12/29

  • You were…/BALLAD - 浜崎あゆみ

 
ざっとこんな感じ。

ぱっとみてわかるようにリリース数がかなり少ない…。

ボリュームは少ないですが、いつも通り週ごとに見どころチェックをしていきます。そして、評論口調になります。
 
 

まず、1週目。

この週の新譜はすでにリリースされており、1位ももう確定。

 
1位は前作からおよそ2年4ヵ月ぶりのシングルリリースとなる東京事変の『能動的三分間』。

大きなリリース間隔をもろともせず、オリコン集計期間をあと2日残したところで前作の初動ラインをクリア。

ただ、最終到達地点(初動)は4万枚半ばといったところで、1位としてはかなり低水準の数字になりそう。

また、「アジカン」ことASIAN KUNG-FU GENERATIONも1年2ヵ月ぶりの新譜で上位にランクイン中。

こちらも前作初動を4日間で超えており、BUMP、Dir en grayとのTOP3争いが発生中。

この結果にも注目が集まりそうだ。

 
続いて、2週目。

注目はサザンオールスターズ活動休止後、初のリリースとなる桑田佳祐の新譜『君にサヨナラを』。

桑田ソロとしての前作は約2年前の『ダーリン』で、初動は9.4万枚

過去の実績から考えて週間1位は確定だが、売上げのほうは見えてこない。

今作でも前作並みの売上げを狙いたいところだが、パッケージ市場は2年前以上に冷え込んでいる。

当然「サザン活動休止」の話題性も完全に止んでおり、リリース間隔も大きいことから前作を大きく下回る事態も起こりうる。

なお、前作ではバッチだった特典だが今回はハンカチ

イメージ的にエイベックスやジャニーズのやり方という印象を持つ人も多いだろうが、実際はその2社に限ったことではなく、パッケージの売上げはオマケありきとなりつつあるようだ。
 

  
続く3週目の注目は福山雅治の新譜『はつ恋』に注目。

前作『化身』はドラマタイアップ&全3種リリース(オマケ付)で初動13.1万枚

今作もリリース形態がかなり商業的で、Tシャツ付の【完全生産限定盤】、MV収録DVD付の【初回限定盤】、【通常盤】の全3種リリースとなっている。

 
前作ではタオルだった特典は今回はTシャツへ。上の桑田佳祐と同じくオマケ付。

福山は桑田と同じくアミューズの所属。

数年前までは単純に2形態というパターンが多かった福山だが、ここ最近は複数枚購入促進商法に手を染めている。

アミューズのオマケ商法はかなり加速しており、「CDだけでは売れない」という現状が見え隠れする。

ここ数年で「商業的=エイベックスやジャニーズ」という構図は完全に成り立たなくなってしまった。
 

 
そして最後に、4週目と5週目だが、この2週はリリース自体がほぼなし。

チャート上位に関わってくるのは、関ジャニ∞の3日連続リリースと浜崎あゆみの新譜のみとなっている。
 

関ジャニ∞に関しては、1週間に3枚のシングルが出るということで、週間でのTOP3の独占が確定的

ちなみに、関ジャニ∞の前作『急☆上☆SHOW!!』は初動27.2万枚

もし、3枚とも前作並みの初動が出るのなら、21世紀に入ってからでは奇跡に近いTOP3オール初動20万越えという珍事が見られる可能性もある。

 
ただ、3枚も出るとなると、特に複数買いを促す商法でなくても複数買いするジャニーズファンはいったい何枚CD買うんだろ。

特に小中学生女子の財布には打撃かと思われるが、今回も複数買いは横行するのだろうか。

楽曲の質などは全く関係なく、すべてはそこにかかっている

 
浜崎あゆみの新譜は29日リリースとなっているが、年末の流通の関係上、関ジャニとともにチャートに初登場することも考えられ、そうなると「あゆが初登場4位」という事態になる。

関ジャニ、あゆの結果含め、年始恒例の2週合算週の結果は波乱になる予感。楽しみにしておこう。

 
~今日のふといいなぁ~
R.I.P. by BUMP OF CHICKEN
怪盗ネオン  by シド

« EXILEが猛烈な勢い!初動60万枚突破へ! | トップページ | さよならレッドスター »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« EXILEが猛烈な勢い!初動60万枚突破へ! | トップページ | さよならレッドスター »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ