Twitter

  • 私服ツイート

« さよならレッドスター | トップページ | アルバムもTOP10内1万割れの時代へ… »

2009年12月13日 (日)

「けいおん!」、3週連続2作同時TOP10入り!

本日はいきなりチャートチェックからスタートです。

前回記事で5/18付シングルチャートの4位までをチェックしたので、本日は5位以降を新譜中心にチェックしていきます。

この週は再びあのアニメキャラソングが快挙を達成!注目です。

5/11付の時と同様に、例外的に2作同時に見ていきます。

ではでは、さっそく…

5/18付オリコンウィークリーシングルチャート、第5位はこの曲!

第5位 Don't say "lazy"  /桜高軽音部(平沢唯(豊崎愛生), 秋山澪(日笠陽子), 田井中律(佐藤聡美), 琴吹紬(寿美菜子))

Don’t say“lazy”

前週の5位をキープ!

週間売上げは1.6万枚

前週の2.2万枚からダウンしてはいるものの、下げ幅は小さい。かなり粘っている。

 
続いて…

第8位 Cagayake!GIRLS /桜高軽音部(平沢唯(豊崎愛生), 秋山澪(日笠陽子), 田井中律(佐藤聡美), 琴吹紬(寿美菜子))

Cagayake!GIRLS

前週の6位から2ランクダウン。

週間売上げは1.4万枚

前週の2.0万枚からダウンだが、こちらも粘っている。

 
これでリリースから3週連続2作同時TOP10入りとなる。

同一アーティスト(名義)の3週連続同時TOP10入りは05年末から06年始にかけて倖田來未が記録して以来(※例の12週連続リリース)。

また、同一作品に絞ると、05年にオレンジレンジが『ラヴ・パレード』、『お願いセニョリータ』で記録して以来、約4年ぶりの快挙となる。
 

さらに、これを「同時発売作品」に絞ると時代は一気に遡り、98年のL'Arc~en~Ciel(『HONEY』、『花葬』、『侵食』)以来の大記録と化す。

およそ11年ぶりの快挙である。

 
11年前はまさか次にこの記録を達成するのがアニメのキャラソングになろうとは誰も予想だにしなかっただろう。

ちなみに、前述したラルクは7週連続同時TOP10入りという記録を残している。今となってはあり得ない記録である。

 
なお、「けいおん」の同時TOP10入りはこの週でストップ。翌週は2曲ともTOP10圏外となった。

それでも、十分凄い記録を残してくれたものだ。冷え切ったヒットチャートを盛り上げてくれた「けいおん」に感謝。

 
以下、ピックアップ。

第7位 Baby Smile  /SOPHIA

Baby Smile-15th Anniversary-

SOPHIAのユニバーサル移籍第一弾シングルが初登場で7位にランクイン。

前作から1年8ヵ月ぶりのシングルとなる。
 

初動売上げは1.4万枚。前作『青空の破片』の初動1.6万枚からダウン

前作はDVD付が2種とCDのみが1種で計3種リリースだった。

今回はそこからパッケージは1種減ったものの、なんとジャニーズ勢お得意の収録曲違いに手を染めている。

DVD付にはカップリングに新曲2曲、CDのみには代表曲『街』のセルフカバーを収録している。複数買い促進商法

こんなに中身が違っても同一集計なんだよね。

 
リリース形態をかなり商業的にしていながら、数字はダウンしてしまっている感じから予測するに、もしCD1種だけで出したら1万台に乗らない可能性が高い。

08年から09年にかけて絶好調のユニバーサルは、果たしてSOPHIAをどう売っていくのだろう。

と興味を持っていたら、来年1月に15周年記念のセルフカバーアルバムリリースだったというオチ。

実質、ベスト盤リリースと変わらない普通なアプローチだった。

 
第10位 キミシニタモウコトナカレ /May'n

キミシニタモウコトナカレ

人気アニメ「マクロスF」関連で人気の女性シンガー、May'nの初のシングルが初登場で10位にランクイン。

「May'n」になる前に「中村芽依」としてシングルを出しているためが、「May'n」単独名義としては初のシングルとなる。

 
初動売上げは1.0万枚

前作は先述した「マクロス」関連で中島愛とのデュエットシングルだったが、それが初動5.6万枚

やはりアニメに頼るところが大きいようで、そこからは大きくダウン。

 
しかし、それでも1万枚は超えてきており、アニメから外れてもこの人自身に一定のファンがついていることがわかる。

アニメ自体はとっくの昔に終わっているにもかかわらず、今なおこうしてCD市場に影響を与えている「マクロスF」。

人気がとんでもないものだったのだと実感させられずにはいられない。

~今日のふといいなぁ~
最愛  by 福山雅治
サード アイ  by the pillows

« さよならレッドスター | トップページ | アルバムもTOP10内1万割れの時代へ… »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« さよならレッドスター | トップページ | アルバムもTOP10内1万割れの時代へ… »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ