Twitter

  • 私服ツイート

« 忌野清志郎、遺作が最初で最後のTOP10入り | トップページ | ビックリマンチョコ商法 »

2010年2月24日 (水)

辻井伸行、全作品がチャートインの快進撃!

辻井さんの話題の前に…

 

非常に地味ですが、ブログのサブタイトルを変えました。

 
前のだと、タワーさんに怒られそうだったので。

じゃなくて、最近は音楽関連ではチャートのことしか書いてないので。

 

No Music No Life

音楽がないと生きていけない!っていう人は死ぬほどいるだろうけど。

 
No Hit Chart No Life

ヒットチャートがないと生きていけない!っていう人は珍しいでしょ。 

 
珍しいというか、
 

ど変態。
 

 
でも、明らかにこっちのほうが私に、そしてこのブログに合ってる。

てなわけで、今後もど変態でいきますので、よろしくです 

 

チャートチェックに移ります。

前回記事では6/29付シングルチャートを見終わったので、本日はアルバムチャートを見ていきます。
 

ではでは、さっそく…

6/29付オリコンウィークリーアルバムチャート、第1位はこの作品!

第1位 塩、コショウ /GReeeeN

即納!※DVD付限定盤!■GReeeeN CD+DVD【塩、コショウ】09/6/10発売

2週連続1位!

週間売上げは17.3万枚

前週の初動45.2万枚からこの数字。

数年前なら普通だったろうが、ここ最近の傾向からすると、この2週目の数字は驚異的。

 
ひとつ引き合いに出すなら、ミスチルの「SUPERMARKET FANTASY」。

これは初動70.8万枚から2週目17.8万枚だった。

 
初動はミスチルのほうが25万枚ほど上なのにもかかわらず、今回のGReeeeNの2週目はこのミスチルの2週目の数字に匹敵している。

GReeeeNの粘りが尋常じゃないことがよくわかるはずだ。

 
2週で累積は62.6万枚。オリジナルアルバムとは思えない勢いである。

まるでここだけ次元が違う。
 

第2位 debut  /辻井伸行

debut

前週の8位から6ランクアップ

一気に2位まで上がってきた。

 
週間売上げは5.3万枚。前週の1.7万枚から3倍以上にジャンプアップ!

「ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール」優勝の報道が各メディアでピークに達し、CD売上にも一気にガツンときた様子。

 
なお、今作の2位をもって、17年10ヵ月ぶりにピアニスト歴代最高位を更新。(※これまでの最高位は西村由紀江「101回目のプロポーズ」の3位)

さらに、2位はクラシックアーティストのアルバム最高位タイ記録となる。

まさに記録ずくめといった感じ。
 

そもそもクラシックアーティストがここまで脚光を浴びること自体が珍しいので、これらの記録はなかなか塗り替えられないと思われる。

 
第3位 ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 /辻井伸行×佐渡裕

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番(DVD付)

前週の16位から13ランクアップ

週間売上げは2.7万枚。前週の1.2万枚からこちらも倍以上に。

 
本人単体名義じゃなく、コラボ名義の作品までも急上昇。

もちろん、辻井の参加作品ということが急上昇の要因だろうが、中には報道の際に、この佐渡裕氏も恩師として一緒に名前が上がることが多かったので、その流れも好影響だった様子。

 
クラシックアーティストによる同時2位、3位獲得はオリコン史上でも異例の大快挙。

また、この週の音楽DVDチャートにも辻井の作品が2位(総合7位)にランクインし、これでデビュー以来リリースした全3作品がすべてTOP10入りしたことに。

なお、クラシック作品のDVD総合TOP10入りは史上初の快挙となる。

  
コンクールでの優勝がこの勢いを生んでいるのは確かだが、やはり盲目というのもメディアが注目した大きな要因だろう。

辻井本人はどのような気持ちでこのメディアの尋常じゃない煽りを見つめたのだろう。

 
第5位 hug  /新垣結衣

hug

新垣結衣の2枚目のアルバムが初登場で5位にランクイン。

初動売上げは2.3万枚。前作「そら」の初動7.3万枚から大幅ダウン

 
前作は映画「恋空」が話題になる中でのリリース。(収録曲「heavenly day」が「恋空」挿入歌)

その効果もあってか、デビュー作にしていきなりかなり高めの数字をつけていたが、2作目にした3分の1以下になる大失速。

 
前作はDVDの有無、ジャケットの違いで通常盤と初回盤の2種リリースだったが、今回は初回盤が1つ増えて、計3種リリースになっている。

初回Aが本人書き下ろしジャケット付き、初回Bが2CD、通常盤がCD+DVDという内容で、完璧な複数買い促進商法

 
この商法もあって何とかシングルよりは高い数字を出したが、前作からの下げ幅はあまりに大きく、不安を拭い切れない。

~今日のふといいなぁ~
子供たちの未来へ by ケツメイシ

« 忌野清志郎、遺作が最初で最後のTOP10入り | トップページ | ビックリマンチョコ商法 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 忌野清志郎、遺作が最初で最後のTOP10入り | トップページ | ビックリマンチョコ商法 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ