Twitter

  • 私服ツイート

« 最後の晩餐 | トップページ | 5月新譜チェック! ~アイドル暴走警報発令!~ »

2010年5月 5日 (水)

ガルネク、ついに初登場TOP3入り逃す…

本日はいきなりチャートチェックからスタートです。

前回記事で8/17付シングルのTOP3を見終わったので、本日は4位以下をピックアップ。


ではでは、さっそく…

8/17付オリコンウィークリーシングルチャート、第4位はこの曲!

第4位 Be your wings/FRIENDSHIP/Wait for you /GIRL NEXT DOOR

GIRL NEXT DOOR/Be your wings/FRIENDSHIP/Wait for you(CD)    

  

  
GIRL NEXT DOORの6枚目のシングルが初登場で4位にランクイン。

ここまで5作連続でTOP3入りしていたが、ここでついに初のTOP3落ちとなってしまった。
 

初動売上げは2.3万枚。前作『Infinity』の初動3.1万枚からダウン

前作では倉木麻衣との熾烈な1位争いを制し、初動3.1万枚にもかかわらず週間1位を獲得していた。

 
今回は前作から大きく売上げを落とし、順位も4位に。

コスプレ両さんには勝てると踏んでのリリース日だったのかもしれないが、結果は敗北。

ついに記録が途切れてしまった。

  

ドラマタイアップだった前作から、今回は人気の「テイルズ」シリーズ主題歌というタイアップ。

過去の「テイルズ」タイアップはドラマタイアップに引けを取らないほどの威力を発揮していたが、今回それが発揮された様子がまるでない。これはいったい…?。

 
リリース形態は【CD+DVD】、【CDのみ】、【UMD】の全3形態。

※UMDはPSP(プレイステーション・ポータブル)用メディア

【UMD】の需要が小さいのは目に見えてはいるものの、一応前作からパッケージ数も増えている。

「テイルズ」&パッケージ増&3A面という状況下でここまで数字を落としてしまうとなるとかなり厳しい気が…。

 
もともと固定ファンが付いてるのかどうか微妙な感じだが、いよいよもって会社側の強力なバックアップだけではどうにもならなくなってしまいそう。

それでもこれだけ出ればTOP10を逃すことはまずない。

 
第5位 強き者よ /SKE48

強き者よ#DVD付#

東海地方を中心に活躍する秋元康プロデュースのアイドルグループ、SKE48のデビューシングルが初登場で5位にランクイン。

名前の由来は名古屋市中区栄(SAKAE)。
 

初動売上げは2.3万枚

名前から明らかだが、AKBと同じ系列で、このSKEのメンバーのAKB作品への参加もある。

ただ、数人のメンバーを除いてはやはりAKBほどメジャーではなく、まだやはり地方密着という要素が強い。

それでも、一発目から余裕で全国水準のチャートに顔を出しているので、人気は上々の様子。

 
リリース形態は通常盤と劇場盤の計2種だが、収録曲違い&DVD内容違い有りで、余裕の複数買い促進商法。

これに加えて、AKB同様にイベントなどを積み重ねているので、実際に買っている人数は売上枚数の半分程度しかいない可能性も否定できない。

 
第7位 風になりたい /レッドシアターズ

風になりたい

フジ系列で放映中の「爆笑レッドシアター」からの企画ユニットが初登場で7位にランクイン。

メンバーは番組に出演している、はんにゃ、しずる、ジャルジャル、フルーツポンチ、狩野英孝、ロッチ、我が家、柳原可奈子の15人。
 

初動売上げは2.0万枚

こういった芸人中心の企画物はだいたい滑るのだが、今作に関してはかなり高い数字を出してきた。

現在ブレイク中の若手コンビが数多く参加しているのがよかったのかな。

 
なお、タイトルからもわかるが、THE BOOMの大ヒット曲『風になりたい』のカバー。

教科書にも載っているわかりやすい曲だったというのも好条件だったのかもしれない。

 
また、はんにゃとフルーツポンチに関してはこの半年後、もっともっとビックなヒットを飛ばすことになる。

「おなら」で。
 

第8位 華 /Alice Nine

華【hae・ne】

V系バンド、Alice Nineの14枚目のシングルが初登場で8位にランクイン。

なお、今作から名義が「アリス九號.」から「Alice Nine」に変更されている。
 

初動売上げは1.2万枚。前作『CROSS GAME』の初動1.3万枚から微減。

リリース形態はDVD付が2種とCDのみが1種で計3形態

前作が2形態リリースだったので、パッケージが増えたにもかかわらず数字ダウンという厳しい事態に。

ちなみに、どちらも複数買い促進商法。もはやV系のスタンダードになっている。
 

商法を強化(狂化)させて、数字が下がってしまうと一般層への訴求が難しいV系バンドはかなり厳しい。

今後の展開はいかに…。
 

第9位 Stairway Generation  /Base Ball Bear

Stairway Generation

Bese Ball Bearの11枚目のシングルが初登場で9位にランクイン。

これで5作連続TOP10入り。(※うち3作が1万割れ)
 

初動売上げは1.2万枚。前作『BREEEEZE GIRL』の初動1.0万枚から上昇

ついに、初動が1万枚を超えるようになってきた。

 
なお、前作が「SEA BREEZE」CMソングで、今作はアニメ「銀魂」タイアップ。

最近はCMよりアニメのほうがタイアップ効果が大きいので、自然な上昇といえる。

 
ただ、今作はひと月後にリリースを控えるアルバムの先行シングルでもあり、不利な条件もあった。

 
また今作のリリース形態は魂のCD1種リリース

前作では珍しく2種リリースに走っていたが、また元に戻った。
 

アルバム先行&パッケージ減という状況でも上昇してきたので人気も昇り調子と捉えて差支えないだろう。
 

なお、余談だが、彼らはEMIミュージック所属。

「銀魂」タイアップはソニーの領域だと思っていたが、そうでもない様子。

(※ただし、所属事務所はソニー・ミュージックアーティスツ)
 

 

※次回予告 「5月新譜チェック」

 
~今日のふといいなぁ~
君の知らない物語 by supercell
You bet!!  by 木村カエラ

« 最後の晩餐 | トップページ | 5月新譜チェック! ~アイドル暴走警報発令!~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 最後の晩餐 | トップページ | 5月新譜チェック! ~アイドル暴走警報発令!~ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ