Twitter

  • 私服ツイート

« 「沿志奏逢3」詳細決定! | トップページ | 6月新譜チェック! ~回復せよ、チャート水準!~ »

2010年6月 2日 (水)

09年No.1アルバム登場!

09年No.1アルバムの前に…

 
ちょい久しぶりにCD買ってきましたー。

100601_23510001_3 YUI『to Mother』

 
今回はこれまでにない感じのピアノバラードで、派手さはないけれどじわじわ染みてきた

 
この人、大人っぽくなったね。

顔つきも歌詞も。

 
ねぇ
幸せよ
たぶん
あたし
 
あなたが
居たんだから
 

デビュー時のこの人では書けなかったでしょう、この詞は。

 
さて、チャートではAKB48と1位争い。

こりゃ楽しみ。
 

では、チャートチェックに移ります。

前回記事で8/31付シングルチャートを見終わったので、本日はアルバムチャートを覗いていきます。

 
この週はついに昨年の年間No.1アルバムが登場。

その初動売上げをしかと見届けてくださいませ。 

ではでは、さっそく…

8/31付オリコンウィークリーアルバムチャート、第1位はこの作品!

第1位 All the BEST! 1999-2009 /嵐

All_the_best_19992009___2 

嵐の10周年記念ベストアルバムが初登場で1位を獲得!

アルバム1位獲得はこれで7作連続

 
初動売上げは75.3万枚!! 前作「Dream"A"live」の初動22.1万枚から爆上げ

08年の年間1位、2位独占から09年に入ってシングル『Believe』、『明日の記憶』の連続初動50万枚突破

まるで奇跡のような恐ろしい勢いで突き進んできた嵐の10周年記念ベスト。

 
その売上げは初日から26万枚オーバー。1日で前作越え。

さらに、2日目も17万オーバー。

2日で累積は40万枚を越え、この時点で嵐のこれまでの全アルバムの累計売上げを上回った。

3日目にはシングルとはまた別格の勢いを見せ、またも10万オーバー。累積は55万枚突破。

(参考:嵐のベスト盤が爆走! あと3日でどこまでいく!?

 
その後もアイドルとは思えないチャートアクションで突き進み、最終的に初動は75万枚を越えた。

初動75.3万枚は09年全アルバムの最高初動となる。

※細かな売上推移についは右記リンク参照。(嵐ベスト、初動は今年度最高の75.3万枚!
 

リリース形態は3枚組の初回限定盤と2枚組の通常盤の計2種リリース

ジャニーズアイドルにしては少なめのパッケージ数だが、DISC3は初回盤のみに付属で、通常盤にのみ隠しトラックが収録されており、当たり前のように複数買い促進商法に手を染めている。

 
3枚組初回盤は予約だけで品切れになった店舗がほとんどで、店頭には通常盤しか並ばない光景が多く見られた。

加えて、そこに「初回盤には入っていない隠しトラック収録!」とポップをつけることで、別の価値を植え付けて上手に商売していた。そつがない。

 
それでも、この数字は固定ファンだけがCDに手を伸ばしたところで届く数字じゃない。

久々にお茶の間レベルで広がった作品だと言える。
 

なお、今作は発売から2週間足らずでミリオンを突破し、09年年間1位も獲得。

嵐にとってはシングル、アルバム通じて自身初のミリオンとなった。

ここまでの勢いを見せつけられるともうあっぱれという言葉しか出てこない。
 

第2位 CALLING  /コブクロ

CALLING(初回限定盤DVD付)

前週の1位から1ランクダウン

週間売上げは4.9万枚。前週の9.4万枚からダウン。

さすがに、アルバム型アーティストだけに急落はしていないが、これまでのような勢いはない。

累積は3週目で37万枚を突破したものの、まだ前作「5296」の初動にすら及んでいない。

 
第3位 BIGBANG  /BIGBANG

BIGBANG

韓国出身の5人組アイドルグループ、BIGBANGの日本での1stアルバムが初登場で3位にランクイン。

初動売上げは2.8万枚

先行シングルは1st初動2.6万枚→2nd初動2.0万枚と早くも収束を見せていたが、アルバムは何とかシングルより上という位置に。

 
リリース形態はシングルと同様に、全3種リリース

シングルでは収録曲違いCDのみ2種とDVD付で3種だったが、今作は【CD+DVD】、【2CD】、【1CD】で3種。

DVDと2枚目のCDは、購入でゲットするためには絶対に2枚以上買わなくてはならない。複数買い促進商法

まぁ、韓国系でかつアイドルだからこれくらいのやり方は普通か。

 
とりあえず、あれだけ騒いだにしては普通の数字だなといった印象。

やはり、東方神起レベルのクレイジーな人気とファンをつけるのはなかなか容易いことではないということで。

 
ただ、東方神起もはじめはまったく受け入れられず苦戦期が長かったので、この人たちもいきなりのドカンがないとは限らない。

とりあえずは、今付いている固定ファンを何とか離さないことが大切かな。

  
第4位 ハムバグ /アークティック・モンキーズ

ハムバグ

アークティックモンキーズの3枚目のアルバムが初登場で4位にランクイン。

初動売上げは2.0万枚。前作「フェイヴァリット・ワースト・ナイトメアー」の4.0万枚から半減

ファーストアルバムが絶賛され、一気に人気をつけ、2作目である前作が初動から高い数字を出したが、3作目で一気にダウン。

前作の評判があまり好ましくなかったようなので、2年4ヵ月という開いたリリース間隔と相まって普通にファンが離れた様子。

 

~今日のふといいなぁ~
奇跡の地球  by 桑田佳祐 & Mr.Children

« 「沿志奏逢3」詳細決定! | トップページ | 6月新譜チェック! ~回復せよ、チャート水準!~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「沿志奏逢3」詳細決定! | トップページ | 6月新譜チェック! ~回復せよ、チャート水準!~ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ