Twitter

  • 私服ツイート

« 「けいおん!!」、劇中歌も第1期越えに! | トップページ | カエラ、自身初のシングル週間1位獲得!! »

2010年6月16日 (水)

また1位が2万台…低迷続くアルバムチャート

本日はいきなりチャートチェックからスタートです。

前回6/14付のシングルチャートを見終わったので、本日はアルバムチャートに突入です。

 
先週、オリコン史上最低売上1位記録が誕生してしまったアルバムチャート。

今週もビックネームのリリースはなく、恐慌状態は継続。

1位の数字は果たして…

ではでは、さっそく…

6/14付オリコンウィークリーアルバムチャート、第1位はこの作品!
 

第1位 LoveBox -BENI

Lovebox

BENIの5枚目(安良城紅 名義含む)のオリジナルアルバムが初登場で1位を獲得!

週間1位獲得はシングル、アルバム通じて初となる。

それどころか、TOP3入りも初なので、いきなりの大金星となった。

ただ、その要因は彼女の人気上昇ではなく…
 

初動売上げは2.3万枚。前作はライヴアルバムで撃沈(初動0.3万枚)。

前々作は今回と同じオリジナル盤「Bitter & Sweet」で初動は3.0万枚だった。よって、ダウン

 
1位が2.3万枚。

先週の1位2.0万枚ほどではないものの、これも歴代ワースト2位の記録的な低売上となる。

Worst

なんとこれで歴代ワースト3が先週、今週、先々週に。

これを見ると、この3週間のアルバムチャートがどれだけ恐慌状態だったかがよくわかる。

ただ、先週のくるり同様、BENIは何も悪くない。

 
リリース形態はDVDの有無で2形態

最もポピュラーな売り方で、複数買いを助長するような面はなし。

 
もともと配信市場で人気を得ており、いわゆる着うた系アーティストだが、パッケージでもそこそこの数字が出るようになってきた。

特に、今回は前作のようにCMソングやアンサーソングなど話題性のある曲が多数収録されているわけでもなく、リリース条件はあまり良くなかった。

この状況でも2万を超えれば、なかなかファンが付かない着うた系にしては上出来といったところだろう。

ただ、ここからぐいぐい上昇していくような勢いも感じられないのは確かだったり…。

この1位を受けてユニバーサルはどう仕掛けていくのか、注目だ。
 

第2位 TAKE YOUR PICK   -Larry Carlton & Tak Matsumoto

TAKE YOUR PICK

B'zの松本孝弘とアメリカのギタリスト、ラリー・カールトンの共作アルバムが初登場で2位にランクイン。
 

初動売上げは1.8万枚

松本のソロアルバムは05年の「Theatre Of Strings」以来で、その時の初動2.1万枚からダウン

ただ、低レベルが手伝って順位は前作の9位からジャンプアップ。自己最高位タイとなった。

リリース形態は魂のCD1種リリース

B'zでのアルバムリリースでは2種リリースすることも増えていたが、ソロの今回は1種で勝負。

まぁ、DVDを付けたところであまり売上を引っ張れない気がするので、これがベターなのかな。

 
今作はボーカル一切無しの作品。

2位は自己最高位タイと先述したが、その同じく2位を獲得した作品はカバー集で全編歌ものだった(B'z稲葉も参加)。

よって、松本のインスト作品としてはこれが最高位作品ということになる。
 

第3位 アニマル -KE$HA

アニマル

KE$HAのデビューアルバムが先週の11位から8ランクアップ

なお、アメリカでは初登場1位を獲得している。
 

週間売上げは1.3万枚。前週の1.0万枚から上昇

2週連続でTOP10入りしたこと等による報道が追いついてきたことで微増したところ、周りがあまりに低レベルすぎて、順位が8つも上がった。

あくまで、ラッキー面が強いので、順位で受けるほど盛り上がりは大きくないと思われる。

 
それにしても、1位の2.3万枚もひどいが、3位が1.3万枚というのもかなりキツイ。

累積は7.6万枚を突破。


以下、ピックアップ。

第9位   -GO!GO!7188

Go!!GO!GO!Go!!

GO!GO!7188の8枚目のオリジナルアルバムが初登場で9位にランクイン。

これで2作連続のTOP10入り。
 

初動売上げは0.8万枚。前作「アンテナ」の初動1.1万枚からダウン

前作のアルバムから1年4ヵ月経ってのリリースとなり、前アルバムから今作までの間にはシングルは1枚も出されていない。

よって、全編新曲によるアルバムとなっており、完全に固定ファン向けのアルバムといった感じ。

 
また、リリース形態も前作の2種から減って、魂のCD1種リリース

不利な条件が複数重なっていたので、これでも健闘したほうだ。

 

なお、今年に入ってからというもの、週間TOP10内の1万割れが当たり前になってきている。

何とか粘ってきていたアルバム市場だが、そろそろ限界が近付いているのだろうか。

 
~今日のふといいなぁ~
掌の砂 by EXILE
勝手にしやがれ  by TAK MATSUMOTO feat. 稲葉浩志

« 「けいおん!!」、劇中歌も第1期越えに! | トップページ | カエラ、自身初のシングル週間1位獲得!! »

コメント

この3週の間でアルバムの歴代最低初動が連続で更新されちゃいましたね。
ほんと音楽業界はどうなっていくんだろう。。。

おひょいさん、コメントありがとうございます。
 
シングルはまだしもアルバムの低迷というのは厳しいですよね。
 
ただ、「音楽」の需要がなくなっているわけではないはずです。いまパッケージというかたちでやり取りされることの多い「音源」がどこに流れていくのか、有料配信なのか、違法配信なのか、それともそれらに取って代わる新たな技術なのか。これから数年間、音楽業界は激動の時代になるかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「けいおん!!」、劇中歌も第1期越えに! | トップページ | カエラ、自身初のシングル週間1位獲得!! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ