Twitter

  • 私服ツイート

« 09年No.1アルバム登場! | トップページ | 突然のお知らせ »

2010年6月 4日 (金)

6月新譜チェック! ~回復せよ、チャート水準!~

今週は月曜日からずっと晴天

天パーにとっては最高の1週間でした。

 
ただ、暦の上ではもう6月。

もうじき梅雨の季節なのです。

 
そんなジメジメは音楽で吹き飛ばすしかない。

てことで、本日は2010年6月リリースの新譜チェックを行います。
 

太字はその週の1位獲得本命曲、赤文字は管理人の個人的な注目曲です。

いつもどおり、発表される全作品は確認不可なのでメジャーなアーティスト中心となります。
 

それでは、Let's check!

 
6/2

  • to Mother - YUI
  • ぴゅあぴゅあはーと - 放課後ティータイム
  • レイン- シド
  • ルーズリーフ - ヒルクライム
  • 街物語 - 山下達郎
  • 太陽と君が描くSTORY - SCANDAL
  • Hard to say I love you ~言い出せなくて~ - WEAVER
  • 待ち合わせ - 馬場俊英
  • ポニーテールとシュシュ(選挙投票用紙付スペシャル盤) - AKB48
    ※6/6入荷予定

6/9

  • FANTASY - EXILE
  • ANGEL TRIP - VAMPS
  • 裸の太陽 - ユニコーン
  • 青春コレクション - モーニング娘。
  • Ring a Ding Dong - 木村カエラ
  • Tell Me Goodbye - BIGBANG
  • 夏のわすれもの feat.東京スカパラダイスオーケストラ/Love Letter - つるの剛士
  • Lase Love - 加藤ミリヤ
  • ニライカナイ - Cocco
  • 約束 - ムック
  • 目には青葉 山ホトトギス 初恋 - アイドリング!!!
  • Shiny Sky - May.J

6/16

  • -遥か- - TOKIO
  • LOVE RAIN~恋の雨~ - 久保田利伸
  • Freedom - GIRL NEXT DOOR
  • ∞2 - Do As Infinity
  • AMBITIOUS - Dragon Ash
  • ドラマティック - 彩冷える

6/23

  • Okay - 稲葉浩志
  • Addicted to love - w-inds.
  • reboot~あきらめない詩~/流れ星 - flumpool
  • つぐみ - スピッツ
  • a:FANTASIA - ナイトメア
  • Hysteric Barbie - 平野綾
  • 無敵! 夏休み - 腐男塾
  • WoNDeR WoMaN - MiChi×the telephones
  • リトルガール - miwa

6/30

  • Wonderful World!! - 関ジャニ∞
  • 携帯電話 - RADWIMPS
  • マニフェスト - RADWIMPS
  • アイスクリーム シンドローム - スキマスイッチ
  • 青春のスイッチ - 渡り廊下走り隊
  • ねぇ - DREAMS COME TRUE
  • マタ逢ウ日マデ2010~冨田流~ - RIPSLYME
  • Still... feat.AK-69 - AI
  • Blue Daisy - the brilliant green
     

ざっとこんな感じ。

見てわかる通り、今月はリリースが4月、5月に比べて多い。

ここ数ヵ月続いたリリース過少から解放されたことで、チャートの売上水準の回復に期待がかかる。
 

さて、では見どころをチェックしていこう。

まず今月、唯一週間1位争いが見られそうなのが、現在進行中の第1週目だ。

その構図は「YUI vs AKB48」!

 
YUIの前作『GLORIA』の初動は8.1万枚

一方、先週9年3か月ぶりの女性作品初動50万越えを達成したAKB48だが、彼女たちの真骨頂は2週目での暴落。

前作『桜の栞』は初動で31.8万枚も出していながら、2週目はまさかの2.2万枚。他のアイドルなど比にならない急降下を見せていた。(※14分の1以下)

 
もし、今回も同様の比率で急降下すると考えると、およそ3.5万枚になる。(※31.8:51.3=2.2:?)

YUI(8.1万枚)とAKB48(3.5万枚)なら、誰が見てもYUIに軍配なのだが、今回はそう容易く決着が着かない可能性が高い。

 
というのは、もとをたどると今回AKBが「メンバー選抜総選挙※」を実施していることに起因する。

※「私服ツイート」にナタリーの記事のリンクがありますのでそちらを参照ください

AKBの今作『ポニーテールとシュシュ』が大爆発を起こした要因もこの「総選挙」なのだが、今回はその影響が2週目にも出る可能性がある。

 
なんとAmazonで、次のような商品が登場。

Photo

「選挙投票用紙付スペシャル盤」。(TypeAとTypeBが存在)

そう名付けられたこの商品は…

Akb

とのこと。

 
注目は入荷日で6/6となっている。

6/6はウィークリー集計期間の最終日である日曜にあたる。

この「選挙投票用紙付スペシャル盤」がどれだけ生産されているのかは計りかねる。

しかし、総選挙の応募締め切りが迫っているだけに、CD購入を、いや投票を試みているファンは確実に予約をして戦闘態勢万端になっていると思われる。

 
そうなると、この「選挙投票用紙付スペシャル盤」の売上げが最終日にがっつりと加わり、一気にYUIを上回っていくことが十分考えられるのだ。

YUIは最終日前までにできる限りAKBに差を付けておきたいところだが…。

果たして、結果は…。見物である。
 
 

次の見どころは、最終週5週目。

この週の1位はジャニアイドルで決定。

見どころはそこじゃなく、やはりRADWIMPSの自身初2枚同時リリースだろう。

 
RADWIMPSはメディア露出をほとんどしないにもかかわらず、ネットでの口コミ等で人気を付けていった実力派バンド。

名前がそれほどお茶の間に浸透していないにもかかわらず、前作『オーダーメイド』はいきなり週間1位を獲得し、話題となった。

さらに、昨年3月にリリースされたアルバム「アルトコロニーの定理」は初動21.3万枚を記録。

あのUtada(宇多田ヒカル)にトリプルスコアをつけるという大金星をあげた。

 
今回の2枚は08年1月以来のシングルとなる。

この間にRADWIMPSの知名度・人気はさらに上昇していると思われ、今回のシングルの動向には注目が集まる。

 
なお、周りの面子を考えて、2位&3位獲得の可能性が高い。

個人的には順位ではなく、売上枚数。ぜひ、こちらに注目していただきたいところだ。

 
 
その他の週も、リリースが多い分、順位争いが熾烈になりそうで、チャートファンとしては退屈しないひと月になりそう。

じめじめを音楽で吹き飛ばしていこう。

 
~今日のふといいなぁ~
DEVIL SIDE by VAMPS
to Mother  by YUI

« 09年No.1アルバム登場! | トップページ | 突然のお知らせ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 09年No.1アルバム登場! | トップページ | 突然のお知らせ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ