Twitter

  • 私服ツイート

« アルバムチャート壊滅的状況に~史上最低売上1位更新~ | トップページ | 「けいおん!!」、劇中歌も第1期越えに! »

2010年6月11日 (金)

YUI、5作連続の1位獲得! シドは「たーぽす」効果爆発!

本日はいきなりチャートチェックからスタートです。

火曜日に発表されたばかりの最新週、6/14付オリコンチャートに突入していきます。

やっぱいいね、タイムリーな記事を書けるのって。

思い出したり調べたりしないで、記憶だけでダーっと書けて楽だ。
 

 
ではでは、さっそく…

6/14付オリコンウィークリーシングルチャート、第1位はこの曲!

第1位 to Mother  -YUI

to Mother

YUIの15枚目のシングルが初登場で1位を獲得!

1位獲得は5作連続。通算7作目。

なお、女性シンガーソングライターのシングル5作連続首位は宇多田ヒカルに続いて、史上2人目の快挙となる。
   

初動売上げは7.2万枚。前作『GLORIA』の初動8.1万枚からダウン

前作は「進研ゼミ」CMソングで大量にオンエアされていたが、今回はノンタイアップ

ノンタイアップの影響はデイリー2日目での失速というかたちで早期に見られ、それに伴い最終到達ラインも前作を下回った。

 
なお、今作は初日から1位スタートしながらも、週間1位がなかなか確定しなかった。

それは週末にAKB48の「選挙投票用紙付スペシャル盤」の売上一斉加算が想定されていたからである。(詳細は6月新譜チェック!を参照)

ただ、結局最終日(日曜付)でもAKBの売上爆発は起こらず、一般的な売上回復に止まったため、YUIが逃げ切り1位を飾ることとなった。

 
リリース形態はDVDの有無で2形態。いつも通りの最もポピュラーな売り方。

初動7.2万枚はここ最近の最低ラインではあるものの、安定はしている。

かつ、浜崎あゆみ、安室奈美恵とともに女性ソロアーティストのトップを走っているのは変わらない。

タイアップ次第では、再度初動8万台に乗せることも難しくないと思われる。

 
第2位 レイン -シド

レイン

シドのメジャー6枚目のシングルが初登場で2位にランクイン。

2位は自己最高位タイ
 

初動売上げは6.1万枚。前作『sleep』の初動4.1万枚から大幅に上昇

初動6.1万枚はシングル自己最高初動となる。
 

ほぼノンタイアップ状態だった前作から、今回はソニーお得意のアニメタイアップに。

そのアニメが「ハガレン」ということもあり、前作から売上を伸ばすのは確定的であったが、実はデイリー3日目までは初動5万弱のペースで推移していた。

 
しかし、シドサイドがデイリーを3日間消化した、6/3(木)に動く。

「緊急イベント」開催の告知である。
 

「たーぽす渡し会」と銘打たれたこのイベントは「メンバーが手渡しでポスターをくれる」というもの。

まぁ、メンバーが渡すとはいえポスターをくれるだけなら、それほど驚くことではない。

売上への影響もたかが知れている。

 
だが、このイベントのポイントは「緊急」という点で、かつその参加方法なのである。
(以下、HPより抜粋)

Taposu_2

注目は赤下線の部分。

6/1に店着したCDを6/4~6/6に購入した人限定で参加できる。

端的にいえば、「ファンに同じCDをもう1枚買わせる」ことが目的のイベントである。

 
こういったイベントに参加を希望する熱狂的なファンはほぼ確実にフラゲ、または発売日にCDを手に入れている。

だからこそ一通り、ファンが買い終えた後の木曜日にイベント開催を告知することで、はじめからイベント参加のために購入タイミングを遅らせることを封じている。

 
そのイベントへの参加に必要なCDが金曜から店頭に並んだことから、デイリーでは金曜付から売上が一気に跳ね上がる珍現象が見られた。

Rain

この「緊急イベント」の効果で最終着地地点は一気に1万枚近く水増しされた。

  
さらに、今作のリリース形態はDVD付2種類とCDのみ1種で、計3パターンリリース

DVDの収録内容は2種で異なるため、全映像を購入で手に入れるには絶対に2枚以上買わなくてはならない仕組み。複数買い促進商法。そつが無い。

まぁ、この商法に関しては前作でも使っていたので、今回の数字「上昇」に影響は与えてないと考えるべきか。

 
アニメタイアップと「緊急イベント」。

やり方で自己最高初動を記録したが、次回作でどちらかが外れれば初動は大きく下がってしまうと思われる。

これじゃあ、「ドーピング」と言われても反論のしようがない。
 

第3位 ポニーテールとシュシュ -AKB48

ポニーテールとシュシュ(TypeA)(DVD付)

先週の1位から2ランクダウン

週間売上げは4.6万枚

先週の初動51.3万枚から急降下

 
ジャニーズがだいたい7分の1から8分の1だが、今回のAKBは一気に11分の1になっている。

「一部のファン以外誰も買ってない」現象の最たる例。

 
週序盤までは週末に「選挙投票用紙付スペシャル盤」の入荷を控えていたこともあり、YUIとの週間1位争いが期待されていたが、先述した通り、不発に終わった。

 
2週目ここまで急落しても、初動が恐ろしい数字だったため、累積は56万枚近くまで到達。

このままいけば、60万枚突破の可能性は高く、ここ数年、嵐以外立ち入ることのできなかった境地に足を踏み入れることになる。

 
それにしても、いまの無敵状態の嵐と張り合える対象が現れるとは。

今後、AKBに関しては年間チャートを見据えてのチェックが必要だ。
 

~今日のふといいなぁ~
記念写真  by フジファブリック
自由への招待 by L'Arc~en~Ciel

« アルバムチャート壊滅的状況に~史上最低売上1位更新~ | トップページ | 「けいおん!!」、劇中歌も第1期越えに! »

コメント

ちょっと来てなかったうちに最新週やり始めてる!
なんという違和k…いえ、いいことですよね。

過去チャートとの両立、頑張ってください。
でも一番待ってるのは一期一枚だったりする(まじで待ってますw

ミロさん、コメントありがとうございます。

最新週をチェックしていることに最も違和感感じてるのは私です!

『一期一枚』…すっかり忘れてましたw紹介したい作品がたまりすぎてる…近日公開できるよう頑張ります!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アルバムチャート壊滅的状況に~史上最低売上1位更新~ | トップページ | 「けいおん!!」、劇中歌も第1期越えに! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ