Twitter

  • 私服ツイート

« 「けいおん!!」関連曲、初の前クール割れ発生 | トップページ | 西野カナ、売上爆発で年間1位も視野に! »

2010年7月 7日 (水)

7月新譜チェック~アイドルの勢いが梅雨を吹き飛ばす!?~

ザーザー…

ムシムシ…

ジメジメ…

 
梅雨よ、失せろおおおおお!!

 
取り乱しました。

梅雨真っ盛りです

 

この何とも晴れない気持ちは音楽で吹き飛ばすしかないのです。

でも、7月の新譜がわからないのです。

 
このままでは梅雨に負けてしまう。  

てことで、本日は2010年7月リリースの新譜チェックを行います。
 

太字はその週の1位獲得本命曲、赤文字は管理人の個人的な注目曲です。

いつもどおり、発表される全作品は確認不可なのでメジャーなアーティスト中心となります。
 

それでは、Let's check!

 
7/7

  • To be free - 嵐
  • ユカイツーカイ怪物くん - 怪物くん(怪物太郎)
  • Gossip Candy - 倖田來未
  • アイスクリーム・シンドローム - スキマスイッチ
  • 生きてゆくのです - DREAMS COME TRUE
  • ごめんね、SUMMER - SKE48
  • GOODBYE - 清水翔太
  • 風に向かう花 - alan
  • 夕方のピアノ - 神聖かまってちゃん

7/14

  • MOON/blossom - 浜崎あゆみ
  • 本気ボンバー!! - Berryz工房
  • BANG THE BEAT/Safe And Sound - 氷室京介
  • 激情/hEaVeN - BREAKERS
  • こっち向いて Baby/yellow - ryo(supercell)feat.初音ミク,kz(livetune)feat.初音ミク
  • 僕らには翼がある~大空へ~ - ヘキサゴンオールスターズ&ツバサ
  • Brand-new days - FTIsland

7/21

  • 心の羽根 - チームドラゴン from AKB48
  • SHIVER - the GazettE
  • お二人SUMMER - ケツメイシ
  • WOO WEEKEND - BoA
  • DEAR FREEDOM - ACIDMAN
  • 心絵/友よ - TRIPLANE

7/28

  • One in the million - 山下智久
  • ミツバチ - 遊助
  • Break It/Get Myself Back - 安室奈美恵
  • EVER - GACKT
  • 立つんだジョー - レミオロメン
  • 君が僕にKissをした - WaT
  • ○○がんばらなくてもええねんで!! - スマイレージ
  • HOBO Walking - 山崎まさよし
  • 魔法のじゅうたん/シャツを洗えば - くるり
  • Hello,Again~昔からある場所~ - JUJU
  • El Dorado - Angelo

 
ざっとこんなラインナップ!

 
今月は先月から一転、アイドル勢のリリースラッシュ。

1週目の嵐を筆頭に、3週目のAKB48の派生ユニット、4週目の山下智久(NEWS)と週間1位はもうほぼ確定状態。

 
中でもやはり注目は1週目の嵐だ。

嵐は前作『Monster』が初動54.3万枚を記録し、前々作『Troublemaker』から2作連続で初動50万オーバーを記録。

周りとの格の違いをとくと見せつけた。

 
今作はそんな前作からわずか2ヵ月足らずのショートタームでリリースされるのだが、ここでひとつの奇跡が起きている。

なんとジャニーズがCD1種リリース勝負に出たのだ。

 
ここ数作の嵐はリリースの度に商法が優しくなっている。

Arashi

ついに、ジャニーズどころか日本のCD市場で見ても稀なCD1種リリースに。※初回プレスと通常盤の違いはあり

今回は当然ジャケット写真も1種ということで、普通に考えれば複数買いはほとんど発生しない状況下でのリリースとなる。

  
まぁ、ジャニには保存用を購入する狂信的なファンが多くいるので、これでも複数買いは見られると思われるが、確実にその数は減るはずだ。

今、人気絶頂と思われるアイドルがCD1種で勝負すると、果たしてどんな結果が待っているのだろうか。大注目である。

 
ちなみに、嵐は来る8/4に新アルバムのリリースが決定しているが、今作は収録されていない。

嵐のHPを見ると、

※今作(アルバム)には7月7日(水)発売のシングル「To be free」は収録されておりません。

※今作(シングル)は8月4日(水)発売のアルバム「僕の見ている風景」には収録されておりません。

という告知が丁寧になされている。このあたりはやはり抜かりがない。
 

次に、注目は3週目のAKB派生ユニット「チームドラゴン」。

メンバーは大島優子(1位)、前田敦子(2位)、板野友美(4位)、渡辺麻友(5位)、高橋みなみ(6位)、小嶋陽菜(7位)、柏木由紀(8位)の7名。

カッコ内は先日行われた総選挙の順位だが、見てわかるように勝つことだけを考えたようなガチ面子

というか、 3位だった篠田を除く上位7名。

 
この面子ということで、初動は高くなるのは当たり前だが、注目はその商法。

なんとある意味驚異の11種リリース!!

Akb_2
Wikipediaより転載。

 
加えて、いつものイベント商法も健在。

Akb2_2
公式HPより転載。

 
今回はいつものキングレコードではなく、なぜかコロンビアからのリリース。

いつもの販売網と異なることだけが若干引っかかるが、ここまでの商法を使ってコケることはまずないと思われる。

 
同じアイドルでも上の嵐とは正反対のやり方と言える。

果たして、AKB本体の成績にどれくらい迫ることができるのだろうか、こちらも注目だ。
 

~今日のふといいなぁ~
携帯電話  by RADWIMPS
Defend Love  by 安室奈美恵

« 「けいおん!!」関連曲、初の前クール割れ発生 | トップページ | 西野カナ、売上爆発で年間1位も視野に! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「けいおん!!」関連曲、初の前クール割れ発生 | トップページ | 西野カナ、売上爆発で年間1位も視野に! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ