Twitter

  • 私服ツイート

« 日本一早い年間チャート by 魁!音楽番付 | トップページ | JUJU、カバーアルバムが自己最高初動 & 自己最高位! »

2010年10月17日 (日)

スマイレージ、女性アイドル人気に乗れず連続ダウン

本日はいきなりチャートチェックからスタート。

前回記事で10/11付シングルのTOP3を見終わったので、本日はその続きの4位以降を新譜中心にチェックしていきます。
 

ではでは、さっそく…

10/11付オリコンウィークリーシングルチャート、第4位はこの曲!

 
第4位 シロクマ/ビギナー -スピッツ

シロクマ/ビギナー

スピッツの37枚目のシングルが初登場で4位にランクイン。

17作連続のTOP10入り。
 

初動売上げは2.1万枚。前作『つぐみ』の初動2.4万枚からダウン

アルバムのリリースを1ヵ月後に控えた先行シングルとなっている。

 
先行シングルとなると売上げを半減させてしまうアーティストもいる中で、影響を小さく抑えられている。

ただし、購入層が熱狂的な固定ファン中心だということも表していると言える。

 
リリース形態は今回も魂のCD1種リリース

相変らずDVD付さえリリースせず、商業性を感じさせないやり方。

 
ただ、パッケージセールスは完全に下降気味。

Spitz

05年にはアルバムからのリカット『春の歌』でも初動2.9万枚出ていた。

シングルのセールスを見るに、今月リリースのNEWアルバム「とげまる」も苦戦を強いられそうな予感。

ベテランの意地を見せられるのか、注目したいところだ。
 

第5位 同じ時給で働く友達の美人ママ  -スマイレージ

同じ時給で働く友達の美人ママ(通常盤)

ハロプロ系アイドルユニット、スマイレージのメジャー3枚目のシングルが初登場で5位にランクイン。

TOP10入りは3作連続。

 
初動売上げは1.8万枚。前作『〇〇 がんばらなくてもええねんで!!』の初動1.9万枚から微減。

これでメジャーデビュー作から2連続でダウン。

まるで最初の段階からファンがまったく増えていないようなチャートアクションとなっている。
 

リリース形態は全4種リリース

DVD付が3種類とCDのみが1種類、DVDは収録内容すべて違うという内容は前作とまったく同じ。

恒例のイベント抽選シリアルナンバーは今回も4種すべてに封入。複数買い促進商法

 
商法は変わってないのに数字が落ちるというのは単純に考えて人気ダウンのサイン。

AKB48の人気がぐんぐん上がる中、ハロプロ勢は完全に取り残されてしまっている感じ。

 
なお、今作のMVには元モーニング娘。の辻希美が参加。

さらにカップリングにはプッチモニの大ヒット曲『ちょこっとLOVE』のカバーを収録。

ハロプロの過去の栄光を散りばめたシングルだったのだが、売上回復には繋がらなかった。

 
以下、ピックアップ。

第7位 crossroad  -浜崎あゆみ

crossroad(ジャケットA)

前週の1位から6ランクダウン。

週間売上げは1.4万枚。前週の初動7.4万枚からダウン。

だいたいいつも通りの下落率。

 
累積は2週で8.7万枚を突破。

このペースでいけば初動が少し高かった分、前作の累積を上回る可能性が高い。
 

第10位 魔法の言葉  -清木場俊介

魔法の言葉

清木場俊介の12枚目のシングルが初登場で10位にランクイン。

これで12作連続のTOP10入り。
 

初動売上げは0.8万枚。アルバム先行だった前作『JET』の初動1.0万枚からダウン。

先行シングルというマイナス要素があった前作からダウン、かつ1万枚割れと厳しい事態になっているが、低レベル週にぶつかり、運よくTOP10入り。

なんとか連続TOP10記録を更新した。
 

リリース形態は前作が2種で、今回は魂のCD1種リリース

パッケージ数が減ったためのダウンは仕方がないと思われるが、実は前作の2週はただのジャケット写真違いだった。

CDの収録内容は同じで、DVD付も存在していなかったため、2種出ていてもファンがみな複数買いしたかはかなり微妙。

もし、前作が複数買いがほとんど発生してなかったとしたら、今回のダウンは普通に固定ファンが減ったことによるダウンと捉えるべき。

ソロ活動をスタートさせたときから、ほぼ固定ファンがっちりの閉鎖的な世界になっていたので、その固定ファンが減ってしまっているとなると、かなり厳しい…。

 
なお、今作は3ヵ月連続リリースの第1弾シングルとなっており、今月もう1枚シングルと来月アルバムがスタンバイしている。

人気下降気味の中でのリリース連発はあまり好ましい展開ではないが、果たしてどうなるだろうか。

~今日のふといいなぁ~
Chelsea by GLAY

« 日本一早い年間チャート by 魁!音楽番付 | トップページ | JUJU、カバーアルバムが自己最高初動 & 自己最高位! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本一早い年間チャート by 魁!音楽番付 | トップページ | JUJU、カバーアルバムが自己最高初動 & 自己最高位! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ