Twitter

  • 私服ツイート

« 浜崎、倖田、EXILE…エイベックス系がTOP3独占 | トップページ | 凛として時雨、初の週間1位獲得! »

2010年10月10日 (日)

「けいおん!!」キャラソン、2作同時TOP5入り

本日も無駄話せずに、いきなりチャートチェックからスタート!

いいペースだ、いいペースだぞ。

何とかして、最新週に追いついてみせます。
 

さて、本日は前回記事の続きで、10/4付シングルチャートの4位以降をチェックしていきます。

※この週は4位と5位を都合により、同時発表させていただきます。
 

ではでは、さっそく…

10/4付オリコンウィークリーシングルチャート、4位と5位はこの曲!

 
第4位 TVアニメ「けいおん!!」キャラクターイメージソング 秋山澪(青春Vibration)」  -秋山澪(日笠陽子)

TVアニメ「けいおん! ! 」キャラクターイメージCDシリーズ  「けいおん! ! 」イメージソング 秋山澪

第5位 「TVアニメ「けいおん!!」キャラクターイメージソング 平沢唯(Oh My ギー太!!)」  -平沢唯(豊崎愛生)

TVアニメ「けいおん! ! 」キャラクターイメージCDシリーズ 「けいおん! ! 」イメージソング 平沢唯

 
人気アニメ「けいおん!!」のキャラクターソングが初登場で4位と5位に同時ランクイン。

「けいおん!!」関連作品が2作同時にTOP10入りするのはこれが今年3回目。
 

初動売上げはともに2.7万枚

僅差で秋山澪(日笠陽子)が上となっている。(その差181枚)

 
比較する対象は昨年の「けいおん!」第1期のキャラクターソング。

秋山澪(日笠陽子)が初動3.3万枚からダウン、平沢唯(豊崎愛生)も初動3.1万枚からダウン。
 

ここまで主要キャラによるOPやED、挿入歌はすべて第1期越えをしてきた「けいおん!!」だが、キャラクターソングではともに数字を下げることに。

また、順位も第1期の2位&3位から2ランクずつダウン。
 

「放課後ティータイム」での楽曲と違い、アニメ本編でオンエアされていない楽曲なので、ファンもスルーしたとも取れるが、その条件は第1期のキャラソンも同じだった。

まぁ、今年は2クール放送で、それぞれにOPにED、挿入歌とリリースアイテムもかなり多かったので、ファンもさすがに息切れしているのかも。

 
リリース形態は両方とも魂のCD1種リリース。

前作割れはしたものの、OPやEDなどのように初回仕様もない完全なる1種リリースで、これだけの数字を出せれば十分すぎる。キャラソンの数字じゃない。

  

なお、11月には残り3人の主要メンバーによるキャラソンもリリースが決定している。

こちらも今回の2枚同様、第1期から数字を減らしてしまうのか、挽回を見せるのか、注目したいところだ。

第6位 Red  -the GazettE

Red -Auditory Impression-

V系バンド、the GazettEの17枚目のシングルが初登場で6位にランクイン。

ソニーからメジャーデビュー後、2作目となる。

また、これで11作連続のTOP10入り。
 

初動売上げは2.5万枚。前作『SHIVER』の初動4.0万枚から大幅ダウン

前作はソニー移籍1発目で、いきなりソニーお得意のアニメドーピングとなっていたが、今回それが外れて一気に数字はダウンしてしまった。

前々作『BEFORE I DECAY』の初動2.9万枚よりも低くなっている。
 

リリース形態は【CD+DVD】と【CDのみ】(カップリング1曲追加)で計2種リリース

DVD付属じゃない方にカップリングを追加収録しているため、複数買い促進商法となっている。

前作はアニメ盤があって、3種リリースだったのでたしかにパッケージ減はしているものの、あまりにも下がり過ぎ。

 
メジャーデビューしたこと、そしていきなりアニソン扱いになったことなど、昔からの固定ファンに見切りを付けさせる要素はある。

固定ファンが離れてしまったのであれば、今後の動向が少し心配。

このまま逓減していけば、ソニーはまたアニメドーピングを仕掛けてくる可能性があり、悪循環になりかねない。

 
第7位 Løve Rainbow -嵐

Arashi_2

前週の3位から4ランクダウン。

週間売上げは1.7万枚。前週の4.5万枚からダウン。
 

累積は3週で59.1万枚を突破したものの、やはり前作までより勢いがない。

このペースだと65万枚がやっとになりそう。

ただ、それでもクレイジーで圧倒的すぎる数字であることに違いはない。

第9位 愛のシューティング・スター  -ゴスペラーズ

愛のシューティング・スター

ゴスペラーズの37枚目のシングルが初登場で9位にランクイン。

5作連続のTOP10入り。
 

初動売上げは1.3万枚。前作『ラヴ・ノーツ』の初動1.4万枚から微減。

約1年ぶりのシングルとなったが、数字はほとんど変わらず。

本当に固定ファンが強固で、ここ数年はずっと1.2~1.5万枚あたりで推移している。
 

リリース形態はいつも通り、魂のCD1種リリース

この売り方でこの数字を出せるなら、商法次第ではもっと上を目指せる。

ただ、あまり複数商法をしても弾力的に数字が動きそうにないアーティストではあるので、当分はこのやり方でいくのが無難かな。

新規ファンがつくような環境ではないので、変に商業的にやってこの強固な固定ファンの心に揺らぎを作るのと厳しい。
 

~今日のふといいなぁ~
-救世主 メシア-  by Janne Da Arc
ファンキーグラマラス feat. Mummy-D from Rhymester  by KREVA

« 浜崎、倖田、EXILE…エイベックス系がTOP3独占 | トップページ | 凛として時雨、初の週間1位獲得! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 浜崎、倖田、EXILE…エイベックス系がTOP3独占 | トップページ | 凛として時雨、初の週間1位獲得! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ